薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師になるには。バイト、サークル、勉強に忙しい薬学部生活を乗り越えなければ

薬剤師になりたいという学生さんは多いです。

今も昔も薬剤師は人気職業です。

安定した給料と雇用、資格職、医療に携わる業務…

そのようなイメージから薬剤師は昔から人気を集めています。

大学では薬学部が新設されており、その波は止まることを知りません。

今後の超高齢化社会に向け、薬剤師が人気になるのは自然なことでしょう。

医療職の需要は今後増えこそすれ、減ることは数十年は考えづらいからです。

今の日本人口のボリュームゾーンを占める団塊の世代が高齢者の枠にいる限り…薬剤師をはじめとした医療職の需要がなくなることはありません。

 

 

薬剤師ってなにするの?

f:id:method-of-pharmacist:20160709150122p:image

そんな人気の職業である薬剤師ですが、実際に薬剤師がどのようなことをする仕事なのかを知っている方はどれくらいいるでしょうか。

 

薬剤師は患者さんに薬を渡す仕事です。ものすごくひらたく言えばそういう仕事です。

薬剤師は、医師の処方に従って、患者さんに渡す薬を用意します。

よく誤解されますが、薬剤師は処方することはできません。薬剤師は患者さんの状態にあわせてお薬の提案をすることができません。

じゃあ完全に医師の言いなりなのかといえばそうでもなく、医師の処方に口を出すことも可能です。

これを『疑義照会』といいますが…医師が書いた処方に誤りがある場合、薬剤師が医師に確認した上で、適切な内容に修正してもらうことが可能です。

薬剤師の役割の真髄はここにあると私は考えています。

薬剤師は自ら処方することはできませんが、医師の処方をチェックし、それが不適切であれば速やかに訂正する。

「医師の見張り役」として活動するのが薬剤師ということですね。

 

薬剤師の勤務場所は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどさまざまです。

どこで働くとしても、薬剤師である以上、基本的には「調剤(患者さんに渡す薬を用意すること)」と「服薬指導(患者さんに薬の説明をすること)」がメイン業務になります。

製薬会社で働く場合は別ですけどね。私はMRとして働きましたが、調剤や服薬指導は一切行いませんでした。初めて調剤を経験したのは、転職先の病院ででしたね。

 

転職先はそこそこ大規模な急性期病院でしたが、すさまじく忙しく、まあ平たくいえばブラックな労働環境でした。

 

労働時間は長い、給料は安い、パワハラはある、職場内のヒエラルキーがすごい、意外とスキルが身につかない、福利厚生が悪い、勉強する体力も時間的余裕もない…

 

 

これはダメだ!!と悟りました。

決して病院薬剤師はラクではない、それを知ったうえでの転職でしたが、予想どおりのしんどさに、あえなく転職することになりました。

 

今は調剤薬局で、いくつかの店舗をローテーションしています。

決して余裕がある環境ではありませんが、病院でヒイヒイ言いながら働いていた時期と比べれば少しはましになったかな。

 

調剤薬局は意外と裁量が大きいというか、薬剤師のやりたいように動かせる環境ではあるので、患者さんのためにより良い薬局とはなんぞや?をすぐに実行に移せます。

 

新しく置いた雑誌やパンフレットの評判がいいと嬉しいものです。病院薬剤師でいたころは、職場のレイアウトの提案さえとてもじゃないけどできる環境ではありませんでした。

 

薬剤師になるには薬学部に入ろう

薬剤師になるためには、薬学部に入らなければなりません。

これは、薬剤師が国家資格であり、国家試験を受けるためには「薬学部を卒業していること」が求められるためです。

薬学部には6年制と4年制があります。残念ながら、薬剤師になれる=国家試験を受けられるのは6年制のみです。

薬剤師になるためには、最短でも6年間の在学が必要になります。

4年制でも薬剤師になることは一応可能ですが、かなり面倒くさい手続きを踏まないといけないうえ、7年以上の在学が必要になります。

薬剤師に最短でなりたいのであれば、6年制の薬学部に進学することをお勧めします。

多くの場合、6年制は病院などの臨床現場で働く薬剤師の養成、4年制は製薬会社での研究など、創薬研究に取り組む人材の養成を目的にしています。

薬学部に進学する際には、自分がどちらの道に進みたいのかを慎重に検討してください。

進学後に学科を変更することは、一部の大学を除いて難しいです。

薬剤師になりたいのであれば、6年制薬学部に進学することをお勧めします。

 

ただし、薬学部は忙しいです。

ただでさえ山のような勉強ですし、そこにさらにサークル、バイト、ボランティア、留学などの大学生らしいイベントを挟み込みますと、とんでもないことになります。

 

薬学部の知人に、低学年からバイトやサークルで力を注ぎすぎたあまり、進級しそこねた人間を何人も知っています。

気づいたら某ファーストフードでバイトリーダーになっていたものの、バイトが忙しすぎて講義に行けない、なんて本末転倒な人もいました。

 

 

薬学部は決して軽い気持ちで卒業できる場所じゃありません。つらい勉強、忙しい生活、すさまじい難易度変動がある国家試験…これらを乗りこえ、ようやく薬剤師になれるのです。

 

厳しい道ですが、薬剤師になる価値は確かにあります。

薬剤師に興味がある方は、ぜひ薬学部への進学にチャレンジしてみてください。