読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬局薬剤師で働くのがおすすめな人たち。お金をためたい、優しそうといわれる

薬剤師の仕事先は多岐にわたります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、公務員、CRO、医薬品卸…

薬剤師免許を必要とされる職場は意外にも多いです。薬剤師の転職は、今は比較的行いやすい時代です。ひとつどころにとどまってキャリアを積む薬剤師もいれば、職場を転々として多彩な経験を得る薬剤師もいます。現代の薬剤師は、他の職業に比べると、比較的自由なキャリア選択をしやすい職業といえます。

 

薬局薬剤師におすすめなのはこのような人たち

薬剤師の中でも一番多いのは「薬局薬剤師」なのでしょうか。

薬局といっても種類はいろいろ。大きな病院の門前薬局や、クリニックの門前、漢方薬局、昔ながらの個人薬局、ドラッグストアに併設されている調剤薬局、エキナカ薬局…

 

少子高齢化の進行、医療費の増加に伴い、薬剤師も活躍の場を否が応でも広げなければなりません。薬局薬剤師と言っても、昔の「のんびり楽して働ける」というイメージで就職、転職すると、ギャップを感じて苦しんでしまうこともあるでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

それではどのような人が薬局薬剤師に向いており、長年定着して働き続けることができるのでしょうか。

個人的には以下のような人が薬局薬剤師に適性があると思います。

 

「優しそう」と言われる、おじいちゃんおばあちゃんに好かれる

f:id:method-of-pharmacist:20161206200609j:plain

薬局薬剤師は接客業です。

清潔感、親しみやすさのあるルックスというのは、薬剤師として信頼を得るために重要なことです。

こわもて、何もしていないのに「怒ってる?」と言われる、ルックスだけで気味悪がられる…接客業にとって、これらの点はマイナスポイントです。身なりにあまりにもおおざっぱすぎて、毎日すっぴん、ぼさぼさの髪の毛、血色の悪い顔、というのもバツです。

厚化粧はよくありませんが、ある程度の身だしなみは大切です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

「よく他人に道を聞かれる」「おじいちゃんおばあちゃんに好かれやすい」このような性質を持っている方は、薬局薬剤師としての適性があるでしょう。

「親しみやすさがある」「優しそうと思われる」というのは、意識してできることではありません。世の中、何もしていないのに怖がられる人がいる一方で、何もしていないのに「いい人そう」と思われる人もいます。そういう人は、薬局薬剤師で自分の才能を活かすことができます。

 

ワークライフバランスを保ちたい

仕事と私生活を切り分けて暮らしたい。そう思う方は、薬局薬剤師がいいでしょう。

病院薬剤師は、あまりおすすめしません。ワークライフバランスを崩す最大の敵「夜勤」があるからです。夜勤の頻度は病院によっていろいろですが、頻繁な病院なら、あまり健康的な生活は送れないでしょう。若いうちでも夜勤は体にこたえます。結婚・出産などを経て、家庭をもちながらの夜勤なんて更に難しくなるでしょう。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬局薬剤師なら夜勤がありませんので、「働く時間」「生活する時間」をしっかり区切ることができます。パートタイマーで働く薬局薬剤師なら、子育てや家事をする時間も確保することができます。仕事も家事も、って結構大変ですよね…。

 

若いうちにお金を貯めたい

薬学部時代の学費は高いです。私立大学だと、6年間で1200万とかざらです。

奨学金を使って卒業した学生も少なくないでしょう。

薬学部の学費が高い問題。私立大学だと卒業までに1200万かかる現実 - 薬剤師のメソッド

 

「早く奨学金を返さなきゃ…」「借金を残したくない…」「子供が生まれてまで奨学金を返し続けたくない…」そのような心配を抱いている方も多いでしょう。

薬剤師の初任給は、ざっくりと言うとドラッグストア>調剤薬局>メーカー>病院です。地域格差も出てきます。都心部より田舎の調剤薬局の方が高収入なことが多いです。薬学部のない過疎地域の調剤薬局で働く薬剤師さんは、新卒で年収ゆうゆう600万円を超えることがあります……これは異常な高額です。

 

お金のことで若いころに悩みたくない、若いうちからがんがん稼いでお金を貯めたい、将来の開業のためにお金を備えたい、そのような思いがある方には薬局薬剤師が向いているでしょう。昇給は小さいですが、年収のベースが高いので、若いうちは効率よく稼ぐことができます。40歳前後でメーカーとの年収が逆転する、とか、いいますけど、そもそもそんな年齢までメーカーで働き続けていられるかどうかわかりませんしね…

 

薬剤師が転職しやすい時代

少子高齢化、医療費増加の影響を受け、今は薬剤師に追い風が吹いている状態です。

興味がわいた職場があれば簡単に飛び込んでみることもできます。正社員ではなく、パートとしてお金を稼ぐことだってできます。

しかし、この時代もいつまで続くかはわかりません。凡庸な薬剤師は必要とされなくなります。追い風が吹いている今の時代だからこそ、多様な経験を積み、人としても医療人としても厚みがある薬剤師が、この先生き残っていくのでしょう。

 

薬局薬剤師を経験する、というのもその戦略のひとつに入るでしょう。