読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師の仕事に英語力は必要か?製薬会社や病院なら特に重要かも

転職

f:id:method-of-pharmacist:20160730122411j:plain

いまどき転職の際に当たり前に必要にされるスキルとして、「英語力」があります。

TOEICが何点、なんて当たり前ですし、TOEFLがどうとか、語学留学の経験があるとか、外国企業との共同プロジェクトを成功させた実績がある…とか、とにかくネタには事欠きません。

英語ができて損をすることは全くありません。

転職するうえで英語のスキルは「あるといい」レベルではなく、もはや「ないと困る」ものです。

当たり前のように英語を読み書きし、コミュニケーションに利用する時代が来ています。

英語が苦手な人には頭が痛い問題です。

さて、薬剤師が仕事をするうえで、英語力は求められるのでしょうか。

製薬会社なら英語力はマスト

仕事先にもよりますが、製薬会社に就職するのであれば「英語力はマスト」と捉えておきましょう。

職種に限らず、製薬会社に行くのであれば英語力はあるに越したことはありません。

最初が営業だろうと、研究開発だろうと、数年経てば異動の可能性もありますしね。

いつ語学力を求められる部署に配属されるかわかりません。

就職活動を行う際には、英語力が自分にはある(少なくとも英語を使うことに抵抗感がないこと)ことを強くアピールしておきましょう。

TOEICや留学経験などのわかりやすい証拠があるのであれば書類に記述しておきましょう。

 

私は学生時代に留学経験を積んでおけばよかったな、といまだに後悔しています。時間がない時間がない、といつも言っていましたが、社会人になると更に時間がなくなるんですよね…

留学するなら学生のうち。その経験を活かして就職活動をすることだってできるのですから、若いうちにたくさん挑戦するべきです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

 

英語を学ぶ意欲がある社員というのは、それだけで重宝されます。

というか、今後の時代では「英語を学ぶ意欲がない社員」は淘汰されます。

英語が苦手な人でも、勉強は欠かさず行っておいたほうがいいです。

TEDなどのプレゼンテーションサイトを使うのもいいですし、洋楽をひたすら聴くのでもいいですし、洋画を見まくるのでもいいです。アニメの英語版を見るのでもいいですね。

身近な環境に英語を置いておくと、上達も早くなるはずです。

病院も英語力が必要

病院薬剤師も英語は必要です。

患者さんとのコミュニケーションどうこうというより、文献を調べる上で英語力は必要になってくるからです。

英語の論文を日本語と同じスピードで読み解くことは、病院薬剤師に必須のスキルでしょう。1ペーパー読むのにひいひい言っていてはきりがありません。

場数をこなせば単語のパターンや論文のストーリーの傾向が見えてきます。

まずは自分の興味のある分野から片っ端から読むようにしましょう。

わからなくてもあきらめず、飛ばし飛ばしでもいいからちゃんと1報読み切りましょう。

それを何報も積み重ねていれば、どんどん読むスピードも上がってきますよ。

薬学生の方なら当然ご存知でしょうが、Pubmedから気になる論文を検索して読む習慣をつけておくことがおすすめです。

www.ncbi.nlm.nih.gov

病院薬剤師をしていれば自分で学会発表したり論文投稿する機会もあるでしょう。

サイエンスへの眼を鈍らせないためにも、日常的に学術論文に触れておくことは必要です。

調剤薬局ではコミュニケーションで英語を使うことがあるかも

f:id:method-of-pharmacist:20160730122553j:plain

調剤薬局ではどうでしょうか。

正直、学術論文を読んだり書いたりする機会はさして多くないと思われます。

薬剤師の学術活動を支援する薬局であるならともかく、一介の街角の薬局では英語が必要になる事態というのはそうそう訪れないでしょう。

しかし、調剤薬局とは日々患者さんとコミュニケーションする場です。

 

ときどき、外国の患者さんが来ることもあります。

そんな方に薬の飲み方や気を付けてほしい副作用を説明するのはかなり難しいです…

相手にちゃんと伝わっているかも不明確ですからね。

特に今後、国際化が進む日本、とくに東京などの都市部では、外国人の方が調剤薬局に訪れることは非常に多くなるでしょう。

セルフメディケーションが進めば、「市販薬の風邪薬がほしいんだけどどれがいいと思う?」と質問されることもあるでしょうしね。

そういったときにスムーズに対応できるように、英語接遇マニュアルのようなものがあれば患者さんにも満足していただけますし、調剤薬局薬剤師としてのレベルも高まるのではないでしょうか。

 

 

いかなる職種であろうと、今後は外国との関連は濃厚になっていきますし、「日本語しか使えない」と言っていては淘汰されていきます。

英語が苦手な方でも、まずは好きなドラマを見てみる、などの小さなことから勉強を積み重ねてみてはいかがでしょうか。

数か月後には大きな成果に結びついているかもしれません。