読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部の学費が高い問題。私立大学だと卒業までに1200万かかる現実

進学

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

 薬学部の学費は高い

f:id:method-of-pharmacist:20160712104806j:plain

薬学部の学費は高いです。これは単純に、ほかの学部より通う年数が多いからです。

一般的な学部が4年で卒業に対し、6年制薬学部であれば6年間で卒業。単純計算で、学費は1.5倍になりますよね。

 

さらに、通う大学が国公立か私立大学かで、学費は大きく変わります。

高校生のみなさんには金銭感覚はあまり想像できないかもしれませんが、国公立か私立大学かで、卒業までにかかるコストは大きく変わります。

 

お金をかけずに卒業したいのであれば、国公立大学の進学をおすすめします。

 

実習費用、再試験費用などを支払わずに済むので、可能な限り低コストに学生生活を送ることができます。

国立大学であれば入学金(282,000円)プラス授業料(535,800円)、合計817,800円 です。あとは授業料5年分が加算されるので、だいたい350万円/6年間です。

 

ちなみにこの金額は、若手の病院薬剤師の年収くらいですかね。地域や病院の性質にもよりますが、基本的に病院薬剤師は年収が低いので・・・20代ではそれくらいに落ち着くところが多いです。

 

これがどういうことを示唆するかといいますと、病院薬剤師になると、なかなか薬学部の学費をペイできなくなるということです。学費を抑えめにできる国立大学ならともかく、ハイコストな私立大学に6年間通ってしまうと、病院薬剤師で勤務しているとなかなか学費を回収できない現実に直面してしまうのです。

 

私立大学を志望する学生さんにおかれましては、卒業後の進路も学費によって左右される可能性があることに十分注意して下さい。

 


私立大学の薬学部の学費は高い

問題の私立大学ですが、本当に学費が高いです。

薬剤師は稼げる職業だからとなめてかかると、卒業後に痛い目に遭います。

進学する学校を選ぶ際には、学費について十分検討して下さい。

ちなみに私立大学の薬学部の学費につきましては、この通りになります。

 

学費の確認は入学前に必ずしておいてください。国公立か私立大学かで、卒業までに必要とするコストは何倍も変化します。

引用ページ

私立大学薬学部の学費一覧(2016年度用)-薬学部の偏差値 | がんばろう!大学受験

私立大学薬学部学費一覧(2015年12月調べ)

【北海道・東北地方】

●北海道医療大学 薬学部
   入学金(300,000円),授業料(1,600,000円),諸経費(45,000円)
   初年度納入額(1,945,000円),2年次以降1,950,000円
●東北薬科大学 薬学部薬学科  
   入学金(400,000円),授業料(1,300,000円),施設設備費(525,000円)
   初年度納入額(2,225,000円),2年次以降1,825,000円
   ◆生命薬科学科(4年制) 初年度1780,000円、2年次以降1430,000円
●北海道薬科大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,500,000円),諸会費(52,020円)
   初年度納入額(1,752,020円),2年次以降1,916,000円
●いわき明星大学 薬学部
   入学金(400,000円),授業料(1,300,000円),施設拡充費(500,000円)他
   初年度納入額(2,217,000円),2年次以降1,816,000円 ,5年次実習費400,000円
●奥羽大学大学 薬学部
   入学金(200,000円),授業料(1,500,000円),諸会費(40,000円)
   初年度納入額(1,740,000円),2年次以降1,530,000円
●岩手医科大学 薬学部  
   入学金(350,000円),授業料(1,300,000円),設備整備費(400,000円),実験実習費(125,000円)
   諸会費(150,000円)
   初年度納入額(2,325,000円),2年次以降1,915,000円
●青森大学 薬学部
   入学金(300,000円),授業料(1,300,000円),諸会費(58,500円)
   初年度納入額(2,242,800円),2年次以降1,935,000円 ・他に毎年実習費100,000円

【関東・甲信越地方】

●慶応義塾大学 薬学部
   入学金(200,000円),在籍基本料(60,000円),授業料(1,590,000円),設備・実習費他(483,350円)
   初年度納入額(2,333,350円),2年次以降2,133,250円
   ◆薬科学科 初年度2,083,350円,2年次以降1,883,250円
●東京理科大学 薬学部 
   入学金(300,000円),授業料(1,400,000円),施設設備費(550,000円),実験実習費(95,000円)
   初年度納入額(2,345,000円),2年次以降もほぼ同額 ・他に実習費・父母会費などあり
   ◆生命創薬科学科(4年制) 初年度1,945,000円
●北里大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,100,000円),施設設備費(850,000円),諸会費(4,000円)
   初年度納入額(2,350,000円),2年次以降2,050,000円
   ◆生命創薬科学科 初年度2,070,000円 2年次以降1,670,000円
●星薬科大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,300,000円),施設設備費(630,000円),諸会費(68,000円)
   初年度納入額(2,333,850円),2年次以降1,950,000円
   ◆創薬科学科(4年制) 初年度2,032,650円、2年次以降1,630,000円、他毎年諸会費
●明治薬科 ・薬学部
   入学金(400,000円),授業料(1,340,000円),施設設備費(550,000円),諸会費(37,500円)
   初年度納入額(2,327,500円),2年次以降2,015,500円
   ◆生命創薬科学科 初年度2,037,500円 2年次以降1,637,500円
●東京薬科大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,340,000円),施設費(600,000円),諸会費(39,000円)
   初年度納入額(2,379,000円),2年次以降1,979,000円
   ◆生命科学部 初年度1,889,000円、2年次以降1,604,500円
●東邦大学 薬学部
   入学金(400,000円),授業料(1,120,000円),薬学教育充実費(710,000円)
   初年度納入額(2,230,000円),2年次以降1,830,000円
●昭和大学 薬学部
   入学金(600,000円),授業料(1,400,000円),諸会費(69,000円)
   初年度納入額(2,069,000円)他に寮費727,000円,2年次以降1,942,000円
●武蔵野大学 薬学部
   入学金(250,000円),授業料(1,300,000円),施設設備費(400,000円),諸会費(16,600円)
   初年度納入額(1,966,600円),2年次以降1,789,600円
●昭和薬科大学 薬学部  
   入学金(350,000円),授業料(1,380,000円),施設設備費(600,000円),諸会費(43,640円)
   初年度納入額(2,373,640円),2年次以降2,012,800円
●日本大学 薬学部 
   入学金(400,000円),授業料(1,400,000円),施設設備費(650,000円),諸会費(50,000円)
   初年度納入額(2,500,000円),2年次以降2,050,000円
●城西国際大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,430,000円),施設設備費(186,000円),諸会費(87,000円)
   初年度納入額(2,103,000円),2~5年次2,133,000円 / 6年次2,173,000円
●帝京大学 薬学部薬学科
   入学金(350,000円),授業料(1,400,000円),施設設備費(633,000円),諸会費(7,130円)
   初年度納入額(2,390,130円),2年次以降2,033,000円
●新潟薬科大学 薬学部
   入学金(300,000円),授業料(1,200,000円),施設設備費(900,000円),諸会費(47,200円)
   初年度納入額(2,447,200円),2年次以降2,120,000円
●高崎健康福祉大学 薬学部薬学科  
   入学金(280,000円),授業料(1,200,000円),施設設備費(400,000円),実験実習費(300,000円)
   諸会費(31,840円)
   初年度納入額(2,211,840円),2年次以降1,920,000円
●千葉科学大学 薬学部   
   入学金(300,000円),授業料(1,220,000円),施設設備費(450,000円),
   初年度納入額(2,170,000円),2年次以降2,130,000円
●帝京平成大学 薬学部  
   入学金(350,000円),授業料(1,350,000円),施設設備費(673,000円),諸会費(4,700円)
   初年度納入額(2,377,700円),2年次以降2,023,000円
●国際医療福祉大学 薬学部  
   入学金(300,000円),授業料(1,100,000円),施設設備費(250,000円),実験実習費(50,000円),
   初年度納入額(1,700,000円),2年次以降1,580,000円
●日本薬科大学 薬学部  
   入学金(300,000円),授業料(1,900,000円),
   初年度納入額(2,200,000円),2年次以降2,200,000円
   ◆医療ビジネス薬科学科 初年度1,500,000円、2年次以降1,200,000円
●横浜薬科大学 薬学部  
   入学金(300,000円),授業料(1,900,000円),諸会費(12,000円)
   初年度納入額(2,212,000円),2年次以降2,212,000円
   ◆薬科学科(4年制) 初年度1,812,000円、2年次以降1,752,000円

【北陸・東海地方】

●名城大学 薬学部
   入学金(200,000円),授業料(1,380,000円),実験実習費(200,000円),施設費(320,000円)
   初年度納入額(2,100,000円),2年次以降1,900,000円,5年次のみ2,200,000円 
●愛知学院大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,400,000円),施設設備費(500,000円),実験実習費(200,000円)
   諸会費(59,000円)
   初年度納入額(2,359,000円),2~4年次2,218,000円,5,6年次2,318,000円
●金城学院大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,580,000円),施設設備費(380,000円),諸会費(37,300円)
   初年度納入額(2,197,300円),2年次以降1,965,000円
●北陸大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,700,000円),教育充実費(600,000円),諸会費(45,000円)
   ただし減免額60万なので初年度納入額(1,945,000円),2年次以降2,300,000円(減免あり) 
●鈴鹿医療科学大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,760,000円),諸会費(124,800円)
   初年度納入額(2,084,800円),2年次以降2,000,000円  

【関西地方】

●京都薬科大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,800,000円),諸会費(65,000円)
   初年度納入額(2,265,000円),2年次以降1,800,000円他
●立命館大学 薬学部
   入学金(300,000円),授業料(2,097,600円),諸会費(23,000円)
   初年度納入額(2,420,000円),2年次以降2,330,600円
●大阪薬科大学 薬学部 
   入学金(400,000円),授業料(1,200,000円),施設/設備費(600,000円),諸会費(24,000円)
   初年度納入額(2,224,000円),2年次以降1,823,000円
   ◆薬科学科(4年制)初年度2,200,000円,2年次以降1,800,000円,4年次1,500,000円
●近畿大学 薬学部
   入学金(250,000円),授業料(1,345,000円),教育充実費(550,000円),諸会費(26,500円)
   初年度納入額(2,171,500円),2年次1,951,500円
   ◆創薬科 初年度1,621,500円、2年次以降1,401,500円等
●神戸薬科大学 薬学部   
   入学金(400,000円),授業料(1,800,000円),諸会費(31,000円)
   初年度納入額(2,231,000円),2年次以降1,823,000円
●摂南大学 薬学部
   入学金(450,000円),授業料(1,900,000円),諸会費(13,700円)
   初年度納入額(2,363,700円),2年次以降1,913,200円
●同志社女子大学 薬学部
   入学金(260,000円),授業料(1,100,000円),教育充実費(300,000円),実験実習費(600,000円)
   諸会費(17,000円)
   初年度納入額(2,277,000円),2年次以降2,254,000円
●神戸学院大学 薬学部
   入学金(400,000円),授業料(1,395,000円),設備費(400,000円),諸会費(52,700円)
   初年度納入額(2,247,700円),2年次以降1,802,000円
●武庫川女子大学 薬学部  
   入学金(250,000円),授業料(1,502,000円),教育充実費(340,00円),諸会費(14,700円)
   初年度納入額(2,106,700円),2年次以降1,856,700円
●兵庫医療大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,250,000円),施設設備費(400,000円),実験実習費(200,000円)
   諸会費(15,000円)
   初年度納入額(2,265,000円),2年次以降1,855,000円
●大阪大谷大学 薬学部
   入学金(400,000円),授業料(1,380,000円),施設費(400,000円),諸会費(14,000円)
   初年度納入額(2,194,000円),2年次1,794,000円他
●姫路獨協大学 薬学部  
   入学金(300,000円),授業料(1,400,000円),施設費(設備400,000円),諸会費(74,700円)
   初年度納入額(2,174,700円),2年次以降1,800,000円

【中国・四国地方】

●広島国際大学 薬学部  
   入学金(450,000円),授業料(1,900,000円),
   初年度納入額(2,350,000円),2年次以降1,900,000円
●就実大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,500,000円),教育充実費(430,000円),諸費用(100,000円)
   初年度納入額(2,430,000円),2年次以降2,000,000円
●松山大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,600,000円),教育充実費(400,000円),諸会費(46,740円)
   初年度納入額(2,246,740円),2年次以降2,000,000円
●福山大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,860,000円),諸会費(25,000円)
   初年度納入額(2,285,000円),2年次以降1,885,000円
●安田女子大学 薬学部  
   入学金(230,000円),授業料(1,800,000円),諸費33,500円
   初年度納入額(2,063,500円), 2年次以降1,833,500円(他に病院実習費60~70万)
●徳島文理大学 薬学部・香川薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,120,000円),実習・図書費(250,000円),施設費(500,000円)
   初年度納入額(2,270,000円),2年次以降1,870,000円

【九州地方】

●福岡大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,310,000円),教育充実費(280,000円),諸会費(27,210円)
   初年度納入額(2,017,210円),2年次以降2,026,110円
●崇城大学 薬学部  
   入学金(400,000円),授業料(1,800,000円),
   初年度納入額(2,200,000円),2年次以降1,800,000円(5年次は実習費別途必要) 
●長崎国際大学 薬学部  
   入学金(250,000円),授業料(1,200,000円),教育充実費(700,000円) 他に学生支援費
   初年度納入額(2,150,000円他),2年次以降1,900,000円(実習費別途) 
●九州保健福祉大学 薬学部  
   入学金(300,000円),授業料(1,496,000円),施設設備費(520,000円)
   初年度納入額(2,316,000円),2年次以降2,016,000円
●第一薬科大学 薬学部  
   入学金(200,000円),授業料(1,700,000円),
   初年度納入額(1,900,000円),2年次以降1,900,000円(施設充実費20万含む)

 

 ざっくりと計算していただいて、だいたい200万円/年必要だと考えていただければOKです。

つまり6年間で最短卒業するにしても、最低1200万円は必要になるということです。

 

1200万円の学費をペイするには、薬剤師になってからでも相当の時間を必要とします。

高給とされる製薬会社のMRになったとしても、2年ぶんの年収でだいたい1200万でしょう。外資系のMRならば初年度で700万円ほど稼げる人もいるにはいるそうですが。

調剤薬局ならば3年ほど、病院薬剤師なら4年かかる、くらい考えておくのが妥当ではないでしょうか。

 

なんにせよ、私立大学の薬学部の場合、卒業するまでに非常に高いコストがかかるということです。そしてそのコストを回収するための職業選択として、病院薬剤師を選ぶと、長い時間がかかるということです。

 

奨学金を借りればいいってもんでもない

学費が高いのなら「奨学金」を借りたらいいんじゃないか、と思いつく方もいらっしゃると思います。

たしかに奨学金があれば毎月一定額は振り込まれるし、アルバイトや仕送りも含めてやりくりすれば、下宿でも生活は成り立ちます。

 

しかし、安易に奨学金を借りればいい、という発想には至らないでほしいです。

なぜなら奨学金は借金であり、卒業後に返さなければならないものだからです。

 

f:id:method-of-pharmacist:20170314214303p:plain

無利子の第一種奨学金でも返済が大変だというのに、利子つきの奨学金を借りてしまうと、卒業後の人生の選択肢が狭まってしまいます。最近は「奨学金返済援助を条件とした、病院や調剤薬局への就職」というものもあります。人材確保したい医療機関側の苦肉の策感がなくはないですね。

 

卒業後20年間も借金をする、という現実は、まだ10代の学生さんには想像がつかないことかもしれません。

家を35年ローンで買うように、学費を20年ローンで借りるのです。

 

これは想像以上に大変なことです。

この借りたお金、誰が返すかって?あなたなのです。働きながら、場合によっては子供を育てながら、返さなければならないのです。

 

延滞、滞納は許されません。支払い中断は適切な手続きを踏めば可能ですが、基本的に返済は必至です。

 

18歳にして奨学金という名の20年の借金を背負うということについて、一度ご家族とも一緒に考えてみてください。

薬剤師は世間で言われるほど稼げる職業ではありませんし、奨学金の返済にひいひい言っている知人も少なくありません。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬剤師は安定性こそあれど、一攫千金的な稼ぎを期待してなる職業ではありません。

「薬剤師になれば奨学金なんてすぐ返せるでしょう」と思う方もいるかもしれませんが、就職先によってその予想は大きく裏切られます。注意しましょう。 

薬学部はハイコストローリターンになりかねない学部

f:id:method-of-pharmacist:20160712105116j:plain

薬剤師が国家資格であり、雇用が安定した職業であることに変わりはありません。

今後しばらく需要が衰えることがないことも確かでしょう。

 

しかし、薬剤師になるまでの最短6年という時間、そして学費の問題を考えると、必ずしもコストパフォーマンスがいいとは限らないこともあるのです。

 

4年制の大学を出てホワイトな大企業に勤めるほうがローリスクハイリターンですからね。

もちろん単純に薬学が好きで、薬学を勉強したいから薬学部を目指すという学生さんも多いでしょう。真剣に勉強したい思いがある学生さんについては、応援したいと思います。

 

しかし、薬学部が、必ずしも効率的な進路選択ではないということは、くれぐれも心得ておいてください。特に私立大学を選択した場合、卒業までに6年の時間と1200万円の出費を最低でも必要とすることはよく覚えておいてください。

 

薬剤師は医者ほど稼げません。医学部と同じ期間大学に通うことになりますが、決して医者と対等の待遇を得ることはでません。

医者と同じような高給、社会的地位を目指して薬学部に進学するのであれば、進路を検討しなおすことをおすすめします。

 

6年の時間と安くはない学費。それらを投じても自分が本当に薬剤師になりたいのか。

よくよく検討してから進路を選ぶようにしてください。

 

後悔のない進路選択ができるようにお祈りしています。