読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部6年制の「学士」って何?修士との違いは?就職への影響は

就活

f:id:method-of-pharmacist:20160714223115j:plain

薬学部6年制を卒業すると「学士」という扱いになります。

これって不思議だと思いませんか?

通常、大学に6年間通うと「修士」という称号を得られます。

大学4年間を卒業すると「学士」になり、修士課程を修了すると「修士」になります。さらに博士課程を修了すると「博士」になりますね。

しかし、薬学部6年制においては違います。

6年制薬学部を卒業すると、「学士」と呼ばれるようになります。

これは「修士」ではありません。

それでは、具体的に違うところはあるのでしょうか。

 基本的に修士と同じ

薬学部6年制を卒業して得られる「学士」は基本的に修士と同じです。大学の6年制課程を修了した学生は、修士と同じように扱われます。学士とはいえ、4年制の大学を卒業した場合の「学士」とは異なる扱いを受けることになります。

就職活動においても同様です。「6年制学士」は基本的に「修士」と同じ扱いを受けるため、企業応募にも「修士」として扱われます。たとえば「理系修士以上」を応募要件としている場合、6年制学士もそれに含まれます。

製薬会社の研究開発なんかだと応募要件に「理系修士以上」と書かれることがありますね。

ほとんどの会社は6年制学士=修士と扱うので、学士だからと言って応募をはねられることは少ないです。しかし、一部の会社では4年制学士=6年制学士として扱うところもあるので、要注意です。

 

学歴上は「学士」ですが、実質の扱いは修士と同等です。6年間大学に通って得られる学位ですので、基本的には修士と同じ扱いです。「理系修士以上」という条件を、薬学部の6年制学士なら満たすことができます。4年制学士だと応募できない企業が多い研究開発職も、6年制学士なら応募することができます。研究職は昨今では博士の採用が多いと聞きますが。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

研究力が弱い印象

どうしても理系修士と比較すると、6年制学士は研究力が弱い傾向にあります。

実習期間のせいで研究時間がそがれてしまうので、実験に打ち込む時間がどうしても物理的に少なくなってしまうのです。

結果的に、就職活動の際にアピールできる研究実績が理系修士よりは少なくなりがちになってしまうので、どうしても就職活動、とくに研究職としての就職活動は不利になってしまいがちです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬学部で研究職を志すのであれば、4年制でガシガシ研究に打ち込んでおくほうが賢明ですね。6年制でも研究職に行くことはもちろんできますが、実習と並行して研究を行うのはなかなりハードですので、誰にでもおすすめできることではありません。

 

6年制学士だからといって、4年制の学士と同様に扱われることはほとんどありません。しかし、一部の企業は4年制学士と同等の基準で採用することもあります。また、研究職を志すのであれば、6年制学士はどうしても修士よりは不利になりがちです。

研究職を志すのであれば、6年制の学生は人並み以上に研究に打ち込みましょう。

研究実績や学会、論文への参加が多い研究室を選び、刺激のある環境に囲まれて成長しましょう。

生半可な実績ではメーカーの研究職として引き取ってもらえるつてはありません。

自分を買ってもらえるように学生時代に経験を積み重ねるようにしましょう。