読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

製薬会社にMRとして就職することのメリット、デメリット

就活

MRはいわゆる営業職です。

患者さんに適切に医薬品が使われるために自社製品の適正使用推進活動を行う…というのが表向きの活動意義ですが、要は営業です。

製薬会社は営利企業ですので、薬が売れないと運営していけません。医者に自社製品を処方してもらい、調剤薬局に薬を納入してもらわないと、研究開発費を確保できません。

いろいろきれいごとを言ってみたところで結局はMRの根本は営業であり、「売れたもの勝ち」の職業です。

そんなMRとして就職すると、さまざまなメリットやデメリットを経験することができます。

MRとしてのメリット

給与が高い

これを否定する人は少ないでしょう。薬学部卒業後に選ぶ進路として、MRは相当高給取りの部類に属します。はっきり言って、新卒でMRになってしまったら、金銭感覚がくるってしまう恐れも想定しなければならないかもしれません。新卒1年目から年収500万円以上も普通にあり得る世界ですからね。

薬剤師=稼げる職業、ではありませんが、MRは稼げます。確実に高収入を得たいのであればMRはおすすめです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

特に外資系の製薬企業ですと成果主義の色が強く出ますので、高い成績を挙げたMRは入社年度などお構いなしに高い報酬を得ることができます。とにかく高い給与を得たい、お金を稼ぎたい、という人にはMRという進路は非常に良いでしょう。

 

薬学部卒業者じゃなくてもいい

MRは学歴不問です。大卒であればだれでもなることができます。これは不思議なことです。文系学部卒業者であっても、大卒でさえあればMRになることができます。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

文系MRには文系MR特有の強みがあります。就活では舐めてかからないようにしましょう。

 

MRの学力ですが、ほとんどの企業は入社後に研修を行い、数か月研修所にかんづめで勉強をさせます。医薬品の知識などがまったくない新入社員でも、毎日のように研修所で知識をたたきこみ、MR試験に合格できるレベルまで勉強をさせます。どの会社も、MR試験合格率を高くしたいですから必死です。

 

MRは学歴を問わず、どんな学部の出身であろうと勤務できる職業ですが、逆に言えば、薬剤師のようなプロフェッショナルは重宝されるといえます。文系学部卒業者には得られない知識というものが、6年間の薬学部生活で蓄積されていますからね。このへんはMR活動で非常に生きてくるはずです。世間話しかできないMRより、学術的な対話ができるMRのほうが医療現場で需要があるのは明らかですから。(そもそもMRが医療現場に必要なのか、ということは意見がわかれるポイントです)

 

自由時間が意外とある

営業活動については自己管理になりますので、誰かに監視されずに動き回ることができます。しんどかったら午前の営業は休む、早めに帰る、などの工夫もOKですし、がんばりたければいつまででもがんばってOKです。食事をとる時刻も休憩をとるのも自由です。営業車で寝てたってかまいません。とにかく自己管理の世界なので、内勤職と違ってやりたい放題です。

 

ちゃんと自分で仕事のスケジュールを組んで行動できる方ならば、MRは向いているでしょう。会社に一日かんづめというのも結構なストレスですからね。

 

MRのデメリット

拘束時間が長い

f:id:method-of-pharmacist:20160902142547j:plain

朝早く出勤し、卸に行きます。卸の次は営業所に行き、内勤を済ませたら、午前の面会。遅い昼休みが終わったら夕方の面会。営業所に戻ったらまた内勤して、帰宅するころにはもう深夜…。こんなのが毎日続きます。

 

年末年始の飲み会シーズンなんて最悪です。いたるところの忘年会、新年会に借り出されるので、帰宅が午前様とか良くある話です。

 

規則正しい生活をしたい方にはMRはまず不向きでしょう。タフじゃないと続きません。

 

精神的にもストレスがたまる

いい先生を担当すればいいですけれど、毎回毎回先生方にかわいがってもらえるとは限りません。邪険な扱いをされ、煙たがれ、近寄ることも許されないことだってしばしばです。そもそもMRというのは病院にお邪魔させていただいている存在なのですから、医療従事者にとっては「うっとうしい」といってもいいようなものなのです。

 

先生に時間を割いて会っていただく、というのは心苦しいものがあります。医師は非常に多忙な方が多いですから、数時間待って面会は1分もない、なんてこともざらにあります。

 

うまいこと営業活動が進まないと、成績も上がりません。上司から叱責されるとストレスがたまります。ここはどの会社の営業職でも同じことですね。

 

さぼりぐせがつく

「人に監視されないと仕事ができない」タイプの人にはMRは危険です。一人で仕事をするのが基本なので、「誰も見てないし休もう~」みたいなくせがつくと、凄まじい速度で堕落していきます。そういう方は監視役の先輩や上司がたくさんいる内勤職のほうが向いているでしょう。

 

私の知人のMRは気づいたらパチスロに通いづめになっていました。病院訪問もせずにひがなギャンブルだのネットカフェだのファミレスだので時間をつぶす毎日……たまにはだらけるのも楽しいですが、これが何日、何週間、何か月、何年もの仕事の習慣として定着してしまうと、ただの社内ニートのできあがりです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ちゃんと働きたい、でも誰かが見ていてくれないと働けない。そんな人は自己管理能力が低いので、MRは向いていないかもしれません。

 

MRはメリットの多い仕事ですが、その一方で精神的にも肉体的にもストレスが多く、長続きする人が多くはないのが現状です。現に薬学部出身者のMRの多くは数年でMRをやめ、調剤薬局などに転職するケースを聞きます。MRの極端なライフスタイルに体を壊す人も多いのでしょう。

 

タフな自信がある方にはMRへの就職をおすすめします。報酬も高く、自分で戦略を立てて行動できる仕事ですので、向いている人にはとても楽しいですよ。