薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部で就活するなら気を付けておきたいこと

薬学部は、一般的に就職活動が楽といわれる学部です。

6年制ですと薬剤師免許取得見込と扱われるので、病院や調剤薬局に就職できる可能性は高いです。現在のところ、就職に失敗して仕事にあぶれてしまう……といった心配に襲われる可能性は低いのが薬学部の就職事情でしょう。

それでは、そんな薬学生が就活をするとなると、どこに焦点を当てて実行すべきなのでしょうか?「薬剤師だからどこでもいい」と安易に決めてしまってもいいのでしょうか?

そもそも薬剤師になりたいのかどうか

まずはこれです。自分が薬剤師として現場で活躍したいのか。調剤や監査、服薬指導といった薬剤師の業務をすることに抵抗がないのか。ここが大きなポイントになるでしょう。薬剤師業務に興味が無いのに薬剤師になってしまっては、つまらない仕事生活を送ることになるかもしれません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 薬剤師になりたいかどうか、その気持ちを確かめる有用な手段は「実務実習」です。実習を通じて薬剤師の業務を経験し、「この仕事を続けていこう」と思えるかどうか確認してみましょう。実習を経験しても「薬剤師、いまいちかも…」と思うようだったら、違う職場を検討してみてもいいかもしれません。たとえば、製薬会社など。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 製薬会社への就職は新卒以外では難しいです。興味があるならぜひチャレンジしてみましょう。

 

転勤に耐えられるか?

f:id:method-of-pharmacist:20170308192730j:plain

職種によっては転勤せざるを得ない仕事も多くあります。

たとえば製薬会社のMRだったら転勤は日常茶飯事です。

勤務地がころころ変わるというのは結構なストレスです。

もし「地元で腰を据えて働きたい」と思うのでしたら、地元でチェーン展開する調剤薬局などがおすすめでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 学生時代を地元以外の地域で過ごし、「社会人になってからは地元に戻りたい…」と思うようでしたら、地元の外に転勤のない職場を選ぶのがベターでしょう。

 

得意なことか、好きなことか

仕事を継続したいのであれば、それが「得意」か「好き」なことであるのが望ましいでしょう。苦手なこと、嫌いなことをいやいや続けても長続きしません。努力を努力と思わないくらい継続できる人にはかないません。

たとえばコミュ障の人がお金のために製薬会社のMRになったとしても、最初からコミュニケーション能力が高い人にはかないません。努力によって多少は差が埋められるかもしれませんが、毎日そのような努力をするのは結構な苦労を伴います。どうせ働くなら、苦労を苦労と思わずトライできる仕事がいいでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 とくに文系MRにはコミュ力の塊のような人が多くいます。このような人たちと肩を並べて仕事をするには、コミュ障だと厳しいのではないでしょうか。

 

お金を稼ぎたいか

生々しい話ですが、切実です。

お金を稼げる仕事につきたいのなら、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社をおすすめします。お金を求めるのなら病院薬剤師になるのは良い手ではありません。

製薬会社を経験した薬剤師が病院薬剤師に転職した結果、給与を見て開いた口がふさがらない……そんな話も決して珍しいことではありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 お金を稼ぐことを優先するのであれば、病院薬剤師という選択肢は積極的に選ぶべきではないかもしれません。どれほど稼ぎたいかによりますが……病院薬剤師は「お金を稼ぐ場所」というより「勉強する場所」と考えたほうがいいのかもしれませんね。

 

新卒での就活は人生で一回きりですので、自分がどこに行きたいのか慎重に考えてみましょう。