読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

研究職に就職したいなら薬学部は4年制を選ぼう

学生生活

f:id:method-of-pharmacist:20160711190019j:plain

薬学部を卒業後の進路ですが、さまざまな選択肢があります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、公務員、製薬会社など・・・。

薬剤師として活躍できる仕事の範囲は広いです。

中でも製薬会社はハードルが高い職業です。

特に製薬会社の研究職となれば、薬学部からの就職活動の中でもトップレベルに難しいものになるでしょう。

製薬会社に限らず、食品メーカーや化粧品メーカーの研究職は、いずれも競争率の高い人気職業です。

これらの職業に就職する可能性を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。

 薬学部の4年制学科を選ぼう

f:id:method-of-pharmacist:20160711190343j:plain

まず学科選択ですが、4年制を選んでください。

6年制が就職に不利というわけではありません。

6年制でも製薬会社や他メーカーに就職することはできます。

しかし、「研究職」となると話は別です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

6年制の学生では、研究職を目指すにはなかなか難易度が高いです。

6年制はCBTやOSCE、実務実習で研究室を離れる時間が長くなります。

そのぶん研究活動に打ち込む時間が減ってしまいます。

他学部の学生が研究しているかたわらで、6年制の学生が実習をしていては、研究実績には確実に差がついてしまうでしょう。

プレゼンできる研究実績に差がついてしまうのは仕方がないことです。

 

6年制でも開発やMR、品質管理など、ほかの職種なら比較的就職しやすくなります。

しかし、研究職に関しては特別ハードルが高いものだと思っていてください。

 

6年制でどうしても研究職を目指したいのであれば、狙う製薬会社のレベルを落とすか、研究室のコネを利用するか、といった工夫が必要になってきます。

メガファーマの研究職なんかになると東大京大クラスの大学院生でもごろごろ試験に落ちてしまいます。

それほど研究職とは競争倍率が高く、優秀で実績を残した学生のみ許される厳しい道なのです。

 

研究職輩出実績のある研究室を選ぼう

そして研究室選びにも注意しましょう。

具体的には、研究職を送り出したことのある研究室を選びましょう。

 

コネや推薦といった、人のつながりを強く持った教授が仕切っている研究室であれば、研究職への道は開かれやすくなります。

教授に推薦状を書いてもらえる可能性も高くなります。

 

まったく企業とつながりのない教授の研究室から来た学生より、普段からなじみのある研究室から来た学生を採用したがるのが企業の人事というものです。

研究室の過去の実績を調べてください。

 

製薬会社やメーカーに研究職として学生を毎年のように輩出している研究室かどうかを調べてください。

論文や学会などの実績があるかどうかも重要です。その研究室に行くことでどのようなスキルを身に着けることができるかを調べてください。

 

先輩から聞いてもいいですし、教授に聞きに行ってみてもいいでしょう。

毎年「推薦枠」が用意されている研究室がおすすめです。そのような研究室では、就職を望む学生に対して優先的に選考を受けさせてもらえることがあります。

 

どこの馬の骨とも知らない学生より、過去に何度も同じ研究室から採用している学生のほうが採用される可能性が高くなります。

研究職の就職活動は、丸腰で行うのもありですが、教授などの人のつながりを利用することも戦術として有効です。

 

学科を選ぶ際、研究室を選ぶ際には、「ここは研究職の力を蓄える環境として適切か」どうかをよく見極めておくといいでしょう。

いわゆる「ブラック研究室」を選択するかどうかも、悩みどころです。というのも、「単に卒業さえできればいい薬学生」と「研究に打ち込んで実績を次々出し、ゆくゆくはメーカーかアカデミアで研究職になりたいと思う薬学生」では、最適な研究室が異なるからです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 前者なら、実験だらけのブラック研究室は何の得にもならないでしょう。しかしみっちり実験に打ち込み、学会や論文発表の機会が多い研究室は、研究を望む学生にはユートピアです。

研究をろくにしていない研究室から研究職を輩出しにくいのは、火を見るより明らかでしょう。つまり、研究室選びの時点で、すでに研究職になれるかどうかは決まりつつあるのです。

 

研究職になりたければ、薬学部の4年制、そして研究実績が高く、就職実績も多いラボを選びましょう。もちろん4年制は薬剤師免許を取ることが原則できないので、だれにでもおすすめできる道ではありません。

MRは文系学士でもなれます。ラボの実績はあまり問われません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 自分が進みたい道にあわせて、慎重に考えましょう。4年制を選択したからと言って研究職になれる保証は決してありません。進路選択は慎重に。