読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

新人病院薬剤師だったけど、仕事つらすぎて辞めたすぎて、1年で転職した

f:id:method-of-pharmacist:20161125205541j:plain

病院薬剤師、大変でした。

軽い気持ちで転職したのが間違いでした。

そもそも、病院薬剤師ってなんとなく憧れていたんですよ。

響きがカッコいいじゃないですか、病院薬剤師って。

医療ドラマみたいな世界の中で、患者さんのためにばりばり働いて医療に役立つことができたらいいなって。

仕事の中で輝く私素晴らしい!なんて思ったこともあったのです。今思えばはかない幻想ですが…

 

病院薬剤師は、とにかく疲れる

体力勝負です。朝から晩までたちっぱなしだし、一日中座らないことなんてざら。調剤をしていたかと思えば病棟に移動し、デスクでパソコンを開いて電子カルテを記載したかと思えば病棟から呼び出しがかかり、また病棟に移動し、携帯にはひっきりなしに電話がかかり、新患さんの持参薬調査をしたかと思えば、化学療法前の患者さんに抗がん剤の説明をしてきてくれと指示が出たり…

 

日中が調剤と服薬指導と薬歴と在庫管理で過ぎていきます。一日が終わったかと思えば今度は部内の勉強会や製薬会社が開催するセミナー、講演会に連れていかれます。社会人ドクターの場合は、そのあとさらに研究室にこもって実験したり論文を書いたりします……地獄の生活です。とてもじゃないけれど普通の生活を望む人は、病院薬剤師、とくに大きな病院の薬剤師になるものではありません。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

激務だわ、そのくせ信じられないほど薄給だわ、本当にどこにいいとこあるんだ?って思ってしまいました。医療ドラマのように「先生」ぶれるのかと思ったらそんなことも全くありませんでした。調剤業務に追われすぎて意外と患者さんに触れ合える機会も少ないですし、これなら調剤薬局の方が患者さんと密なコミュニケーションが取れるのでは?と思いました。

 

朝から晩まで調剤マシーンと化していると「6年制の薬学部を卒業してまで薬剤師になった意味とは…?そしてわざわざ病院薬剤師を目指した意味とは…?」とうつろな目で考えるようになってしまいます。この段階まで来ると心も体もだいぶ病んでしまいました。食事もあまり喉を通らなくなりました。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

病院薬剤師には向き、不向きがある

結局激務に音をあげたわたしは、約1年で転職しました。調剤薬局に転職しましたが、こちらでは自分のペースで比較的自由に仕事をさせてもらっています。もう病院薬剤師で働いていたころのようなとてつもない忙しさはなくなりました。

 

1年で転職したわたしはこらえ性がないかもしれません。しかし、つらいのを一所懸命耐えようとしすぎると、心と体が壊れてしまいます。我慢できることじたいはいいことなのですが、自分の限度を超えてもそれに気づこうとせず、無理を続けるのは、自分の心身から出ているサインに目を背けているだけ、と言ってもいいかもしれません。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

職場の急性期病院では、メンタルを病んで退職した人もいました。中には「明らかに病んでいる」にも関わらず、健康であるかのようにふるまって仕事をしている薬剤師もいました…。

 

「まじめ」「責任感が強い」「仕事を抱え込みがち」「自分の全エネルギーを仕事に傾けすぎる」「仕事以外の時間の使い方を知らない」「自責的」……このような人は、うつ病になる傾向が強いです。病院薬剤師で一所懸命働こうとがんばっている方。このような性格の方も少なくはないのでしょうか。

 

一所懸命取り組むことじたいはいいことなのですが、それを無理して続けるのは、最悪、メンタル疾患や自殺のリスクを含む危険行為です。自分が思いのほかもろい存在であることを、もっと自覚したほうがいいです。心の健康は、気合や根性で保たれるものではなく、日々の生活習慣がつくるものです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

「仕事がつらい」「やめたい」と感じるのは、甘えではなく、もしかしたらあなたの心と体から出ている危険のサインなのかもしれません。

 

あなたに相当なタフネスがあるのならその職場で頑張り続けることもひとつの手ですが、どうしても解決できない問題、とくに人間関係の問題があるのであれば、いっそ職場そのものを変えてしまうこともありです。薬剤師は、その気になればすぐに転職できるので。

 

病院薬剤師は閉鎖的な世界なので、職場いじめパワハラなどもしばしば話に聞きます。自分だけで悩まずに、カウンセリングや心療内科を利用したり、仕事に関しては信頼できる人に相談してみるなど、一人だけで問題を抱え込まないようにして下さい。