読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部CBTとOSCE。合格率99%だから、緊張しすぎないで

実習

f:id:method-of-pharmacist:20161213193410j:plain

12月。師走は薬学部CBTとOSCEの季節です。

この2つの試験を乗り越えないと、薬学部5年生に進級することはできません。

薬学部4年生の一番の試練と言えるでしょう。

CBT、OSCEの合格率は99パーセント

薬学共用試験センターのデータを見る限り、過去施行されたCBT、OSCEではほぼすべての薬学生が合格しています。

薬学共用試験の実施結果 | 薬学共用試験センター

 

100パーセント合格!なんて年もあるようです。

基本的にCBTやOSCEは、致命的なミスをしない限り落ちることのない試験です。

コアカリで勉強し、ちゃんと実技の練習を積んでいれば、一発アウトということはほぼない試験です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

いっさい練習しなかった場合は、不合格になる可能性が跳ね上がりますが、しっかり練習を積み重ね、規定時間内に課題をこなすことができるようになっていれば、失敗することはほぼありません。

共用試験に失敗し、留年してしまうケースは非常に珍しいでしょう。

 

OSCEでの失敗例とは…

わたしが知る限り、OSCEで失敗し、再試験を受けることになったケースというのは以下のようなものが挙げられます。

  • 調剤で、明らかに異様な量を調剤してしまった(処方箋の記載量の10倍、20倍の量の薬剤を計量してしまった)
  • 明らかに違う薬剤を調剤してしまった
  • ガラスのアンプルで指を傷つけ、出血してしまう
  • 服薬指導で頭がパニックになり、ほぼ無言で課題を終わらせてしまう

このようなケースで一発アウト、あるいは点数が足りずに、合格することができなかった学生はいます。基本的に「頭が真っ白になってしまった」「パニックになってしまった」ことによるミスが原因で、ろくに課題をこなせずに失敗してしまうケースが多いようです。

f:id:method-of-pharmacist:20160809121814j:plain

 頭が真っ白になってしまう気持ちはよくわかります。OSCEって緊張します。何が緊張するって、制限時間があることと、周囲からの監視があることですよね。

練習ではいつもどおりできていたのに、本番では現場の緊張感の高さから、いつもの実力を発揮できずにとちってしまった…そんなことも考えられます。

 

緊張せず、普段通り練習の成果を出して

OSCE会場というのは独特の雰囲気があります。あの雰囲気は、「緊張しなくてもいいのに緊張してしまう」不思議な力があります。その力に負けないようにしてください。

日頃の練習をがんばっていれば、特別意識しなくても体は動きます。言わなければならない会話の流れが自然と頭に浮かんできます。自然と体に染みつくようになれば、あとは緊張さえしなければ、特別張り切らなくても課題をこなすことができます。

 

しっかり地道に練習し、いつも通りの練習の成果を出せるようにしてください。練習が、一番の緊張をほぐす特効薬です。

 

そして、髪型や身だしなみにもちゃんと気を使いましょう。本番だからと言って厚化粧にする必要はありません。むしろその逆です。ポイントをおさえたシンプルなメイクで、髪の毛はきちんとまとめて。ひげづらとか、長く垂らした髪の毛はNGです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

厚化粧や派手な髪色は避け、しわを伸ばした清潔な白衣を着て、つめを短く整えて、OSCEに臨んでください。

緊張さえしなければ、しっかりと練習の成果を発揮することができます。

緊張しなくなるまで練習しましょう。身だしなみにも気を使いましょう。

安心してOSCEを迎えられることを祈ります。