薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【新卒】低学歴でも製薬会社に就職できる!営業(MR)なら稼げるよ【学歴フィルター】

就活シーズン。

それは学生たちが自分の進路を見つける時期でもあり、自分の価値を知る時期でもあります。

大学でぬくぬくと暮らしているあいだは、自分がどれだけ「会社に求められている」人材なのかは実感したことはないでしょう。

社会とかかわるといってもせいぜいアルバイトやボランティアくらいで、自分が本当に「社会の一員」として、会社員として、企業利益の追求のために貢献できるか…なんて真剣に考えたことはないでしょう。

とりあえず適当に講義受けて、サークルしてバイトして、遊んで飲んでたまに旅行して…そんな学生生活を送ってきた人が大半じゃないでしょうか。

そんな人たちにとって「就活」とはつらい時期です。なぜならプライドを叩き潰される時期だからです。

学歴フィルター、それは実在する

「人間は外面じゃない、内面だ」

……昔からそう言われています。しかし、就活の場面ではそれは通用しません。

大企業と呼ばれる企業のほとんどは学歴フィルターを実装しています。

これは単純な話で、応募数が多すぎるからです。適当にフィルタリングしないと応募が多すぎて人事がさばききれなくなるから、一番わかりやすい「学歴」で学生を切るのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

学歴フィルターを食らってしまうと、どれだけ気合いの入ったESを書いても無駄です。学歴欄を見た瞬間「ないわ」と「不採用ボックス」にポイ。あなたが丹念に書いた自己アピールや学生時代打ち込んだことなんて見向きもされません。そして高学歴の学生だけが書類選考で残され、面接に進めるのです。

f:id:method-of-pharmacist:20180321180526p:plain

そもそも「就活で人気の会社」が「あなたが働きやすい会社」とは限りません。実際に働いてみないとわからないことですが、いわゆる大企業でも内部がすさまじくドロドロで「この会社無理…」ってなることもよくあるのです。

「学生に人気だから」という安易な理由で就職先を選んではいけません。ミーハー気分で就活して万一内定したとしても、きっと入社後に幻滅してしまいます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

いわゆるメガバンク、総合商社、マスコミ、大手広告代理店のような「就活で大人気の企業」というのは学歴フィルターを実装しています。わたしが聞いた某総合商社は「私立は早慶しか取らない」と言っていました。MARCH涙目です。どれだけ熱意を持って履歴書を書こうと、気合いの入った証明写真を撮ろうと、説明会で質問をしようと、「学歴」だけでカット。悲しいですが、これが現実です。「低学歴でもきらりと光るものがあれば採用してもらえる」…そんな話はなかなか通用しません。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

製薬会社MRなら「低学歴でもワンチャンある」

学歴フィルター…それは現実に存在する厚い壁です。いわゆる「低学歴」の方はこのフィルターにぶち当たって悩むかもしれません。

しかし、じゃあ世の中の職業のすべてが低学歴に厳しいか?

そんなことはありません。この日本には腐るほど企業があります。いわゆる「テレビCMで有名な企業」は限られていますが、表に知られていないだけで優良な企業は数多く存在します。

そして、わたしが経験者として就活生におすすめしたいのは「製薬会社のMR」です。この職業は、学歴フィルターが少ないです。低学歴だけど「バリバリ稼ぎたい!!」と思っている方にはマジでおすすめです。その辺の企業より圧倒的に稼ぐことができます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 製薬会社の「MR」とは何か?それはMedical Representiveの略で、日本語で言う「医薬情報担当者」です。難しく聞こえるかもしれませんが、要は営業です。ターゲットは医者や薬剤師です。担当エリアの病院や薬局に進撃して、自社医薬品を採用してもらえるようにごり押ししまくります。ごり押しだけで通用しないときは色々遠まわしに手を回したり戦略を練ります。

f:id:method-of-pharmacist:20180321181210p:plain

ターゲットは「病院」や「調剤薬局」なので、毎日外勤です。会社に引きこもるのは性に合ってない方におすすめですね。ほとんどのMRは車を運転して自分の担当エリアを廻ります。基本的に独りで外回りを行うので、時間の使い方は自由です。休みたいときは適当にカフェで休憩してもいいですし、仕事するぞ!というときは訪問先を詰め込むことができます。自分で仕事のスケジュールを調整することができるので「きっちり8時間みんなの監視のもとで働かなければならない」内勤職よりラクなのはこういうところじゃないでしょうか。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 このMRですが、いわゆる「低学歴」の人もたくさんいます。さすがにメガファーマとなると学歴フィルターがある程度発動しているようですが、いわゆる「Fラン」大学卒のMRもたくさんいます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

MR採用のポイントは「学歴」よりも「人間性」だと人事から聞きました。面接を受けて「こいつは伸びそうだな」「こいつはうちでもやっていけそうだな」と判断した学生を採用するそうです。なので、いくら東大京大でもコミュ障極まれりだったり、変人度が高すぎたりすると採用からはじかれてしまうそうです。就活の基本ですが「こいつと一緒に働きたい」と思わせることが一番大事なんですよね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

ちなみに面接対策としては、アスリートのインタビューを参考にしてみるのもひとつの手です。カメラを前にした対応というのは神経を使いますので、ほとんど就活面接みたいなものです。適当な喋り方をしているとすぐに見破られて落ちてしまうので、できるだけ自分の言葉で、喋りすぎず、適切な内容を話すようにしましょう。

 

 武田、アステラス、第一三共みたいなハイレベルの会社ですと「Fランはちょっと…」と判断される可能性が高いかもしれません。応募数も圧倒的に多いでしょうしね。

個人的には中堅~準大手の企業+外資系をターゲットにしてみるといいと思います。学歴が低くても英語に長けている方は特に外資系おすすめです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

製薬会社の世界はいつでも英語が使える人材を求めています。外資系ならなおさらです。そして外資系、給料高いですよ。マジで稼げますよ。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

文系でもいいの?

まったくもってOKです。むしろ大歓迎です。現状、MRの割合は「文系出身者」が多いです。普通に文系卒業でも構いません。まったく採用に影響しません。

さすがに「オンコロジー(がん領域)専門MR」みたいなかなりハイレベルな専門知識を必要とするMRの採用だと、理系学生や薬学生が優先される可能性が高いですが…一般製品を売るMRという意味なら、文系学生はどんどん応募すべきです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ついでに言うなら「体育会系」出身者ならそれをアピールしておくことをおすすめします。MRの世界は体力精神力勝負ですし、かなり疲れます。先生にこき使われることも多いですし…少しのことでへたってしまう人材ではMRとしては長続きしません。

ですので、体育会系で厳しい訓練に耐え抜いた経験、上下関係に揉まれてきた経験、大会で大きな成果を上げた経験がある人は、それをすかさずアピールするといいでしょう。MRはタフであるに越したことはありません。

MRは学歴以上に精神的にも肉体的にも強いことが求められると思います…ひよわなMRはどんどん淘汰されていきます。現実はそんなもんです。体育会系が強い。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ちなみにヘナチョココミュ障薬学生のわたしは、当然MRとして長続きせずに、転職してしまいました…やっぱり根気がある人が続きますよね実際問題…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ちなみに「薬学生や理系学生と比べて文系学生は不利か?」という話ですが、個人的感覚としては、文系MRはとても多いので、就活面ではあまり引け目に感じることはないと思います。むしろ入社後のほうがしんどいです。かんづめでひたすら研修して知識を詰め込まないといけないので、そこに耐えられるかどうかが大きなポイントですね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 当たり前ですが「医師」や「薬剤師」といった医療の専門家を相手にする職業ですので、営業時には専門用語がばんばん飛び出します。それまで聞いたこともなかったような医療用語をぼんぼん使います。グラフの読み方もよくわからない人にはかなりしんどいでしょう。しかし、入社後にみっちり研修があるはずなので、やる気があれば耐えられるはずです……文系学生にとってはかなり難しい内容だと思うので、覚悟しておいてください…。

 

f:id:method-of-pharmacist:20180321182655p:plain

毎日が講義、試験、ロールプレイ、小テスト、プレゼンテーションなど……ありとあらゆる方法で「MRに必要な知識」を詰め込まれます。半年~1年ほど研修する企業が多いようです。毎日勉強は気が狂う経験かも知れませんが、立派なMRになるためには避けて通れない試練です。毎年冬にはMR試験がありますしね。製薬会社も、全員を合格させるために必死で研修を仕込むのです。

公益財団法人MR認定センター(旧財団法人医薬情報担当者教育センター)

MRはかなり勉強が必要な職業です。

内定してそれで終わりではありません。そこは注意しておきましょう。

 

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

MRは稼げる!!

MRは稼げる。これはハッキリと言っておきましょう。

約束します。MRをしている限り、あなたは稼ぐことができます。

製薬会社がそもそも給料が高い世界なのですが、その中でもMRの給与は飛びぬけています。外勤が多い仕事なので「日当」「外勤手当」などの名目でガンガンお金が入ってきます。マジで笑いが止まらないです。同年代のワーキングプアとかハァ?何それ?って感じです。社会人2年目で余裕で年収500万円を超えます(企業の規模・個人の成績によります)

f:id:method-of-pharmacist:20180321183244p:plain

とにかく稼ぎたい!という人にはMRを強くおすすめします。はっきり言って、低学歴なのにこんなに稼げる会社員の職業って、MRくらいしかないんじゃないでしょうか?ほかの「稼げる」職業というのはだいたい免許が必要だったり、高学歴しか入れなかったり、ちょっと表には言えないような怪しい商売だったりしますからね。

低学歴でもまっとうな方法で大金を得たいと思う人にはMRはもっともおすすめです。向き不向きがあるのですべての人におすすめすることはできませんが、「お金を稼ぎたい人」「人と接するのが得意な人」「勉強は苦手でもがんばる意欲がある人」にはMRは非常に稼ぐチャンスの高い職業だと思います。営業成績が高ければガンガン年収も上がりますしね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もちろんいいことばかりではありません。ハードワークだからプライベートの時間を取りづらかったり、女性は結婚のチャンスを逃がしたり、結婚後も働くことが難しかったり……中長期的に働ける職業かというと、意見が分かれます。特に女性の場合はまだまだ問題が残っている業界でしょう。大体の女性MRは結婚したり妊娠したりすると内勤職に移りますしね。

 

しかし、「低学歴でもワンチャン欲しい…」「稼ぎたい…」と考えている人にはMRはイチオシの職業です。心も体もタフで勉強意欲が盛んな方は、ぜひさまざまな製薬会社に応募してみてください。強い熱意を持って訴え続ければ、「学歴の壁」など突破して、自分に合った会社とご縁があるはずです。

 

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!