読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部は6年制教育になって薬剤師の質を変えたのか

進学

f:id:method-of-pharmacist:20160728111858j:plain

薬学部は平成18年度(2006年)から6年制になりました。

それ以前は薬剤師になるためには4年間薬学部に通うだけで十分でした。

4年間の薬学部のカリキュラムを修了すれば薬剤師国家試験の受験資格が得られました。

現状、薬剤師国家試験の受験資格を得たければ、6年制の薬学部に通うしかありません。

4年制のカリキュラムでも「不可能ではない」のですが……そのへんの手順は大学によって違いますし、非常に煩雑ですのでおすすめしません。

薬剤師になりたいのであれば6年制の薬学部に通うことが最短のルートです。

6年制になって追加されたカリキュラム

じゃあ6年制になったことで何が変わったんだ?ということですが。

一番は「実務体験をするカリキュラムが追加された」ことでしょう。

旧4年制のころでは実務実習も病院だけ、調剤薬局は任意…といった大学が多かったようです。

また、実習期間も2週間~1か月といった短期的なカリキュラムであったようです。

このへんが6年制薬学部ではガラッと変更されています。

6年制薬学部では4年生の終盤で「CBT」「OSCE」という実務試験(実務実習に行くための試験)に合格する必要がありますし、5年生は1年の半分以上を使って病院や調剤薬局へ実務実習に行きます。

ここでの経験を通じて薬学生は「薬剤師の現場」を学ぶことができます。

6年制薬学部になって変更された点は「ここだけ」と言っていいでしょう。

研究室に通わなければならなくなった、という変更点もあるにはありますが、これは4年生+修士課程を経ている薬剤師とほぼ同じようなものでしょう(むしろ、6年制のほうがCBT、OSCE、実務実習の影響で研究期間は減っているので、研究実績は4年生+修士の薬剤師より劣る傾向にあるでしょう)。

ぶっちゃけ、6年制になった意味って…

卒業して働いている身からいうと、6年制になった意味ってよくわかりません。

正直のところ、6年制になったところで、「だからどうした?」って感じなんですよね。

現場でも別に6年制だからといって扱いが変わるわけではありませんし、それ以上に、薬剤師じたいが「6年制卒だから旧来の薬剤師より特別優秀」というわけでもありません。

はっきり言って実務実習で経験した調剤や服薬指導のスキルって、「現場に出てから身につければいいもの」なので、別に4年制を卒業して働きながら研磨していったほうがいいんじゃないの?って思います。

極端なことをいえば「旧4年制を卒業して2年間現場で働いた薬剤師」と「6年制を卒業したばかりの薬剤師」では、どちらが薬剤師として現場で使えるかといえば、そりゃあ前者でしょう。現場経験に勝るものはありませんからね。

じゃあなんで6年制にしたの?というと…

「薬剤師の教育の場である薬学部を6年制にすることで先進国の中で遅れている薬剤師の教育を充実させ医療の質の向上をはかる。 

 

http://www.pharm.or.jp/kyoiku/pdf/monka_1602.pdf

 

要は、ほかの国もやってるんだし日本も薬剤師を6年制教育にしようぜ!

そしたら薬剤師の社会的地位ももっと向上するかも!ってことです。

 

うーん……カリキュラムを2年伸ばした程度では、現状、特別優れた新時代の薬剤師を輩出しているとは思えないのが今の6年制教育への本音です。

そもそも「米国と比べて日本は薬剤師の地位が低い!」って言われても、保険制度も何から何まで違う米国の薬剤師に日本の薬剤師が追いつこうとすることじたいが、戦う土俵を間違えているというか…。

そりゃ薬剤師が米国みたいに処方権を持つようになるなら社会的地位も上昇するでしょうけど、今の病院大好きお医者さんにかかるのが大好き国民皆保険制度大好きニッポンでは、難しいことだと思いますよ。

少なくとも2~3年で変えられるような問題じゃないです。

 

結局6年制教育に変わったところで、輩出される薬剤師のレベルが上がったとか、薬剤師の社会的地位の向上に貢献したとかいう話は、まだ聞きません。

6年制薬剤師デビューもまだ5年目ですし、まだまだこれからでしょう。

今後、なんらかの形で6年制薬剤師が旧来の薬剤師に優位性を取る時が来るのでしょうか?

今の私にはまだ具体的なイメージができません。