読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師女性が結婚できない理由

f:id:method-of-pharmacist:20160809121814j:plain

薬剤師の女性というのは、結婚が遅くなる傾向があります。

一般女性と比較すると、結婚に対する意識が強くはない人が多いのは否めません。

それは薬剤師が良くも悪くも結婚という現実を直視せずに暮らすことができる職業だから、と言えるでしょう。

そもそも卒業が遅い

そもそも薬学部は6年かけないと卒業できない学部です。

18歳で入学しても、卒業するころには24歳です。

20代の4割を、勉強や研究で消費してしまっています。

そこから20代の残りの時間で婚活をするにしても、社会に慣れることや、仕事を覚えることで数年は簡単に消えてしまいます。

 

ぼんやりしているとあっという間に30歳になり、婚期を逃してしまいます。

早々と社会に出ている女性なら結婚への意識が早く向くでしょうが、学生でいる時間が長いと、結婚への意識というのはなかなか出てきません。

薬学部にいると勉強や研究で必死なので、婚活なんて言葉が具体性をもって響いてはきませんからね。

 

聡い人は学生時代に結婚相手を見つけ、卒業後に結婚します。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

学生時代というチャンスを逃してしまうと、本当に結婚相手を見つけるのって難しくなるんですよね…

職場に出会いがごろごろあるとは限りませんし。

薬剤師の職場は女性ばかりですし。だいたい薬学部自体に女性が多いですからね。

 

24歳になって、周りが結婚し始めてからようやく結婚や婚活に興味を持ち始めて焦る人も多いです。このあたりの認識は、一般の女性と比較するとかなり遅いのかもしれません。

 

まじめな人が多い

薬学部というのは理系学部ですので、よく言えばまじめ、悪く言えばオタク気質の人が多いです。

人とかかわってウェイウェイするのが好き、というよりかは、一人で好きなことに打ち込んだり、もくもくと実験したりするのが好き、という人の方が多い傾向にあります。

 

要は、あまり人とかかわるのが得意な人が多くありません。

薬剤師というのは、コミュ障が多い職業です。

大学時代からその性質は強くあります。同級生なのに、廊下で会っても気づかない、みたいなうっすい付き合いのこともよくあります。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

コミュ障が集う学部なら…まあ、積極的な恋愛が発生することは少ないです。

結果、お互いのコミュニケーションは全く発生せず、その環境が就職後も続き、職場での出会いも期待できない…そんな日々が続くことになります。

 

年収が高く、結婚の必要性を感じない

20代の日本女性の平均的な年収は、約320万円です。

働く女性のホンネ 女性の平均年収ランキング 2014(年齢別) |女性の転職・求人情報 ウーマン・キャリア

 

一方、調剤薬局で勤務する薬剤師なら、新卒から年収500万円を超えることがあります。

これは日本の平均的なサラリーマンの年収を上回ります。

 

新卒24歳で、日本の平均的サラリーマンより稼いでしまっては…経済力を得るために結婚をしよう、という気持ちが萎えてしまっても仕方ありません。

 

理想が高い

自分の年収が高いばっかりに、結婚相手にも同等以上の条件を求めます。

今のご時世、年収500万円を超える男性なんてほとんどいないにも関わらずです。

自分が容易に500万円を超える収入を得ているばかりに、相手にもそのスペックを求めるあまり、選べる相手が少なくなってしまいます。

 

また薬剤師の女性というのは、薬学部を乗り越えたという自負、医療職に携わっているというプライドがあるため、理想が高くなりがちです。

自分が厳しい環境を生き残った実績があるため、相手にも同等以上のタフネスを求めたがります。

 

その結果、自分のおめがねに合う男性がほとんどいない現実に気づき、「それなら独身でいいや…」と落ち着いてしまうのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬剤師になるためにたいへんな努力をしたこと、それに見合う自信を身に着けたことは素晴らしいことです。しかし、相手にもそれと同等のものを求めてしまうと、つりあう相手の範囲はとても狭くなるでしょう。

 

結婚はお互いのつりあいができていないと破綻してしまうので…そういう意味では、年収や仕事のスペックが高い、というのはある場面では足枷になってしまうのかもしれません。

 

行動は早めに

どう生きるかは人の好き好きです。それぞれの人が目指すライフスタイルが実現できれば、それに越したことはありません。

しかし、家庭をつくりたい、子供がほしいという願望があるのなら、行動は早めにしたほうがいいです。

それこそ大学時代に相手探しをしておくことをおすすめします。

 

私は学生時代の後悔はいくつかありますが、その中にも結婚相手探しはリストアップされます。社会人になってからのんびり探そうと思っていると、うまくいかないんですよね…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬剤師の女性はつい結婚が遅くなりがちな傾向があるので、ぼんやり夢を見ているひまがあるなら、早めに行動に移したほうがいいでしょう。