読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部生は大学時代のうちに結婚相手を見つけるべき

学生生活

これは本当に言っておきます。

薬学部生は大学時代に結婚相手を見つけておいた方がいい。

社会人になってから結婚相手を探せばいいや、なんて安易に考えていると、大変なことになります。

現実を思い知って、絶望する羽目になります。

ほんと学生時代から将来計画したほうがいいですよ。

歳を重ねすぎてからでは後悔しますからね。

 社会人になってからは出会いがない

薬剤師には出会いがありません。

調剤薬局勤務なんかになると本当に出会いがありません。

同僚は女性ばかりですし、男性がいても既婚者や高齢の方…

病院だと他職種との出会いがありますが、案外交流の機会がありません。薬剤師は薬剤師で固まっているし、医師狙いなんてしようものなら職場で村八分に遭います。意外と仲良くなることは難しいです。

 

製薬会社は比較的若い男女が多く、出会いの機会にめぐまれますが、それでも受け身で生きているとチャンスをつかむことはできません。

自分からガシガシつっこんでいかないと、出会いの機会なんてそうそうありません。

ぼけっとしていて理想の出会いが手のひらの中に転がり込んでいて、いつの間にか結婚…なんて夢のまた夢なのです。

 

大学時代は出会いの宝庫

今となっては大学というのは出会いの宝庫です。どうしてこの時期に一所懸命相手を探さなかったのか、非常に謎です。当時は結婚したいと思いもしなかったので、大して意識もせずに時間を浪費してしまいましたが…今思うと、良い物件にさっさと目星をつけて、確保しておけばよかったんですね。

 

社会人になると、自分との頭のレベルとか、年齢とか、条件がつりあった異性との出会いなんてそうそうありません。大学というのは偏差値や学部のフィルターがあるため、自分とよく似たレベルの異性と出会う最後のチャンスなのです。

 

それに気づかずに6年間をひたすら勉強に費やしてしまいますと、見事に非リア充人生まっしぐらです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

社会人になってから結婚した友人というのはみな、学生時代から付き合っていた相手とゴールインしています。

それほど学生時代からの付き合いというのが結婚への大きなチャンスであり、それを逃すとなかなか出会いがないということでしょう。あるいは出会いがあっても、自分のタイプにばっちり合う相手には出会えないということでしょう。

 

実体験ですが、つるんでいる友人のグループでも、「学生時代の彼氏がいる」人たちはほぼ交際を実らせ、結婚しています。「学生時代にいっさい交際しなかった」、「社会人になってから慌てて彼氏をつくった」「そもそも恋愛にいっさい興味がない」そのような人たちは、彼氏ができないか、できなくても別れるなどの結末を迎え、結婚はしていません。

 

この現実は、「学生時代の恋人との交際を続ける」ことが、どれだけ結婚の可能性を高めることかを如実に物語っているでしょう。

 

サークルやバイトで結婚相手を探そう

f:id:method-of-pharmacist:20161022181801j:plain

本気で探しましょう。社会人になると、なかなかうまくいきません。

社会人になるとわがままになって、相手に求める条件が高くなります。

自分はたいしたことないのに、やたらと経済力や仕事のスペックを求めるようになります。

学生時代なら、まだ利害をあまり気にせずに交際することができます。

 

社会人になって目が悪い意味で肥えてしまわないうちに、相手を見つける。これは非常に重要なことでしょう。特に女性薬剤師というのは、一般的に年収が高く、自分と同等以上の収入の男性を求める傾向があるため、年々結婚へのハードルが高くなります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

薬剤師女性というのは、自分が厳しい勉強や試験を乗り越えてきた末に今の地位があると思っているので、非常に努力家で、まじめで、自分に厳しい人が多いです。

 

そして、怠慢な人に対して、厳しい目を向けてしまいがちです。

それが世間一般では当たり前の生活態度ではあっても、日頃から厳しく自分を律することが習慣づいていた薬剤師にとっては許しがたいものに写ることもあります。

 

薬剤師の女性はたいてい自分に厳しく、プライドが高く、相手にも自分と同等以上のスペックを求めます。妥協をして誰かと一緒になることを選ばざるを得ないほど、経済的にもひっ迫していません。薬剤師なら、くいっぱぐれることはありませんから。

 

自分よりスペックが低い男性と結婚するくらいなら、ひとりで悠々と暮らす。

そんな生き方を選ぶ女性薬剤師も当然多いことでしょう。

 

あなたがどういう生き方を選びたいかです。

誰かと一緒になり、家庭をつくる未来を歩みたいのなら、わがままを言ったり高すぎる理想をかかげたり、現実から目をそらしたりしている余裕などありません。

 

学生時代に、将来の道を一緒に歩んでもいいと思えるようなパートナーを捕まえておく必要があるのです。

 

大学生のうちは「結婚とか現実感がない」「自分は結婚しないからいい」「そもそも恋愛に興味がない」と思いがちですが、いざ社会人になって、自分の経済状況に不安を感じたり、周りの結婚ラッシュを目の当たりにすると、非常に寂しい思いをしたりするものです。

 

後悔先に立たず。学生時代にああしておけばよかった…と後悔したりすることがないように、今のうちに、しっかり将来のパートナー探しに挑戦しておくことを私はおすすめします。