薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師に多い性格。まじめ、融通が利かない、勉強熱心…

f:id:method-of-pharmacist:20160812203148j:plain

薬剤師にも性格はいろいろですが、やはり薬学部を卒業して国家試験を越えている人たちだけあって、ある一定した特徴がみられます。

薬剤師だけの集まりに参加したりすると「ああ、薬剤師ってこういうところあるよなあ」って思ってしまいます。ふだんは薬剤師もほかの職業と変わらない、と思っていても、やはりある程度の傾向はあるものです。

薬剤師はまじめな人が多い

これは本当に思います。

あまりいい意味で世間ずれしていないというか、世の中にもまれた経験が少ないというか、純真なんだなって思う人が多いです。

ちょっとコミュニケーション面でどんくさいところがある反面、とてもまじめです。

ずるがしこい人というのは多くはない印象です。薬学部にいるころからまじめにちまちま勉強している人が多いので、あまりずるをするという発想がないのかもしれませんね。

 

まじめな一方、コミュニケーション能力は少し不安な時があります。以前行った薬局では、患者さんを前に「……」と10秒くらい意味もなく沈黙している薬剤師がいました。あれは患者さんも怖くなるのではないでしょうか…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬剤師は一所懸命仕事に取り組むまじめな人が多い反面、相手がどう思うか、こういうことを言ったらどんな反応が来るか、といった想像力に欠けるところがあり、自分の思い込みや知識だけを相手に話してしまうことがあります。それが患者さんの求めている情報とは限らない、としてもです。

そういう悪い意味での愚直さというか、不器用さが、薬剤師はコミュ障と言われるゆえんでしょう。

 

手先が器用

調剤行為を行いますので自然と手先は器用になります。ほかの家事などがさっぱりできない薬剤師でも、調剤をひたすら練習すればだいぶスピードが上がります。このへんは慣れですね…

 

余談ですが、実験が上手な理系の学生というのは、だいたい料理も得意、という人が多いです。指定されたものを指定された量混ぜて、指定された時間反応させる、という意味では実験も料理も同じですからね。実験慣れした理系学生というのは、料理が苦手な人というのはわりあい多くはありません。

 

薬剤師にも同じことが言えます。「料理はあんまりしない…」という薬剤師も、いざやるとなれば、なんとなくうまくやれてしまう人が多いようです。まあ、軟膏を練る作業や、漢方の刻みを作る行為なんかは、ほぼ料理ですからね…

 

勉強熱心

薬剤師全般に言えることですが、知的好奇心が強く、新しい知識を求める傾向が強いです。自分の仕事の分野でも常に知識のバージョンアップやスキルアップを求め、なまける人は少ないです。

 

そして薬剤師は「人に説明すること」に慣れており、人を教えることが好きな人も多いです。学生時代に塾講師などのアルバイトを経験している人も多く「人がどんなときに疑問を覚えるか」「どんなことを知りたいと思うのか」を、肌感覚として理解されている方もいます。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

新しい知識を好んで吸収し、それを患者さんにシェアすることを好みます。

薬学の勉強を怠りたがる薬剤師だと、なかなか情勢についていくことは難しいでしょう。最近の新薬、本当に機序も複雑ですからね…

 

全員が当てはまるわけではありませんが、薬剤師というのは総じてまじめで、融通が利かなく、勉強熱心な人が多い、という傾向はあります。あとちょっとオタクっぽいところもあります。少しコミュ障で、挙動不審です。

そんなちょっと変わったパーソナリティを持つ薬剤師が身近にいたら、もし興味を持ったなら話しかけてみてください。とっつきづらく感じるかも知れませんが、結構面白い人かもしれませんよ。