読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師のメリット5選。収入、安定、転職、知識など

進学

薬剤師は人気の職業です。

薬学部は最近こそ定員割れが叫ばれていますが、基本的に薬剤師は志望者の多い職業です。

6年間も大学に通わなければならず、その講義内容は非常に難しく、国家試験を乗り越えないと免許を取得できない。

ハードルの多い職業であるにも関わらず、薬剤師は親が子供になってほしい職業の上位に食い込みます。

薬剤師という職業はそこまでメリットの多いものなのでしょうか。

1.就職難の心配がない

いまや大学を卒業してもよい就職先にありつけないことも多い不況な現代。しかし薬剤師でさえあれば、職場を選ばなければ就職先は山のようにあります。例をあげれば、製薬会社、CRO、公務員、病院、調剤薬局、ドラッグストア、そのほか企業、大学の研究職など……それが必ずしも望みの職業であるとは限りませんが、少なくとも「仕事がなくて働けない」という最悪の事態は回避することができます。これは現代において大きなメリットでしょう。

 

2.収入が安定している

特に調剤薬局やドラッグストアなら、新卒1年目から高収入を期待できます。24歳、25歳にして年収500万、600万円も珍しくありません。まあ、そのあとの昇給はなかなか期待できないかもしれませんが……若くして多くの収入を得ることができるのは大きなメリットです。製薬会社も調剤薬局ほどではありませんが、安定した収入を得ることができます。病院は6年間も教育を受けたわりには「?」という待遇です。収入を期待していくような職場ではないのは間違いないでしょう。

 

3.未経験でも転職しやすい

特に今の薬剤師バブルであれば、「薬剤師」でありさえすれば転職することができます。調剤未経験であっても転職できる病院、調剤薬局の求人は多くあります。独身時代は製薬会社で働き、結婚して子供を産んでからは調剤薬局に転職……そのようなライフスタイルを送る方も少なくありません。転職がなにかとリスク視されやすい現代において、スキルがなくても気軽に転職ができるというのはとても大きなメリットでしょう。

 

4.専門職として人の役に立てる

f:id:method-of-pharmacist:20160730225536j:plain

薬剤師は「薬の専門家」として市民の公衆衛生に役立つことができます。医療費がふくれあがる少子化高齢化の現代、病気になる前にセルフメディケーションで健康を保ちたい、と考える人は多いものです。

 

薬剤師は、人々が医師の診察を受ける前の「街の相談役」として社会貢献することができます。今までこそ陰に隠れていましたが、今後は薬剤師も人前に出ていかざるを得ません。服薬指導やOTC医薬品のカウンセリングはもちろんのこと、市民講演会などの場で健康啓蒙活動をすることで、生活習慣病の予防や悪化の抑制などに貢献することができます。

 

5.生涯を通じて役立つ知識を身に着けられる

薬や疾患、人間の体に関する知識というのは一生を通じて役立ちます。若いうちは疾患のこともあまり実感がわきませんが、歳を重ねるにつれて、心身に不調を感じるようになり、そのために適した生活習慣や医薬品を必要とするようになります。

 

これらの知識は患者さんのためだけではなく、自分が健康に生きるためにも役立てることができるのです。そして、自分のために利用した知識というのは、より実感を持って人の役に立てるように提供することができます。

 

疾患や医薬品と無関係の人生を送る人間というのはほとんどいません。健康に長生きするためには正しい知識を適切に使うことが重要です。薬剤師として修練を積むことで、健康に関する知識をどんどん磨き上げることができます。

 

薬剤師になるのは大変ですし、なった後もそれで終わりではなく、勉強の繰り返しです。一生勉強しなければならない職業と言ってもいいかもしれません。それが苦痛ではない人であれば、薬剤師は天職といえるでしょう。

 

決して簡単に乗り越えられるハードルではありませんが、苦労してなる価値のある職業ではあります。興味がある方は、ぜひ薬学部に入学して薬剤師を目指してください。