読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師のプライドが高いのは職業病です

仕事

f:id:method-of-pharmacist:20161113182753j:plain

薬剤師ってプライド高い人多いです。

自分もそうならないように気を付けてはいますが、それにしてもプライド高い人多いです。

何か知らんけど鼻もちならない人が多いんです。

薬剤師どうしでマウンティングをしたり、他職種にえらそうにしたり、かと思えば医師にはへこへこしたり…

もちろん素晴らしい薬剤師さんもいますが、中には「これってどうなの?」って人もいます。

そういう人を見ると「ああ、こうなってはいけないな。人のふり見て我がふり治せ、だな」と思わされます。

 MRからの「先生」扱いに調子に乗ってない?

製薬会社のMRは調剤薬局を日常的に訪問するのですが、薬剤師のことを「先生」と呼びます。

この呼び方、薬学生のころから違和感ありました…

MRが揉み手をして「○○先生」って話しかけるんですよ。

 

医師に対して先生って呼ぶのは違和感ないですよ。

だけど、薬剤師に対して「先生」って……自分が薬剤師だからかもしれないけれど違和感あります。というか「先生」と呼ばれるほどの知識なんてありませんから、本当に。お恥ずかしい話ですが。

 

MRは営業として「先生」と呼ぶわけですが、その「先生」呼びを真に受けて鼻高々になっちゃうアイタタタタタな薬剤師もいます。自分のことを偉いもんだと勘違いしてしまい、MRをあごで使うようなひどい薬剤師もいます。

そんな薬剤師はまあ、陰でけちょんけちょんに言われていますが…

 

営業トークの「先生」に載せられて医療のマスター気取りな薬剤師も結構いました。ノってくれるぶんには構わないんですけれど、それでメーカーへの扱いが極端に粗雑になるのはなんだかなあって思います。いくら誰も先生って呼んでくれないからって、ちょっと先生扱いされたくらいで舞い上がりすぎでしょう。

 

患者さんに教えているうちに「先生」気取りになる

また、薬剤師は服薬「指導」する役ですから「自分は患者さんよりも立場が上」と錯覚する薬剤師もいます。たしかにスーパーのレジ打ちなどとは扱うものの専門性や説明の難しさが異なるので、服薬指導は誰でもできる仕事ではないのですが……

 

「俺が教えているのだから患者より俺は偉くて当然だ。俺は薬剤師様なのだ」と鼻が伸びてしまっている薬剤師もいなくはありません。

患者さんと接していると増長してしまうのですね。「患者が知らないことを知っている」という優越感が、いつしか薬剤師のエゴを増長させてしまうのです。

 

調剤薬局という「薬剤師の国」

病院薬剤師もプライド高いです。しかし、病院は医師という絶対的ヒエラルキー頂点が職場内にいるので、職場ではそこまで偉そうになりません。医師に笑われますからね。

ちょっと精神的にえぐいくらいのヒエラルキーというか格差があります。大きな病院ですと特に。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

この場合病院薬剤師は職場の外で偉そうになる危険性が高いです。「うわ~病院に勤められてるんですか~すご~い」と言われてご満悦です。

 

調剤薬局薬剤師は職場内でプライドが高くなる危険性が高いです。調剤薬局で一番偉いのは薬剤師ですからね。調剤事務さんに勘違いしてやたら居丈高な態度になる薬剤師、います……「ここは俺の国なんだぞ」と誤解している薬剤師、います。

 

薬剤師は6年間厳しい勉強を乗り越え、国家試験をクリアした末の仕事ですので、どうしてもプライドが高いというか「これだけのことを乗り越えてきたのだから少しくらい自信過剰になっても当然」と思っているふしの薬剤師が多いような気がします。

 

建前上は医学部とイーブンなので(実質はどうかって?語るまでもないです)「医師と薬剤師は対等だ」と、まるで夢物語のようなことを言いだし、知識もスキルも足りないのに態度だけは医師より偉そう、なんて人もいます。

ひどいときは患者さんに「俺の説明が聞けないのならうちの薬局来るな!」なんて言う薬剤師がいますからね。何を考えているんでしょうか。薬剤師がサービス業であることを忘れているのでしょうか。

 

薬学部卒業というバックグラウンドがある以上、プライドが高くなるのも一種の職業病なのかもしれません。しかし第一は、患者さんを思いやり、ホスピタリティを大事にした仕事をするのが薬剤師の使命ですので…

 

患者さんを呆れさせるような偉そうな態度は避けねばならないと、自戒しています。