薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【女性】薬剤師はモテるのか?恋愛・婚活で有利?結婚出来る?安定性はある?【男性】

未婚・非婚・晩婚化が進む現代。

結婚相談所や婚活パーティの利用が当たり前になって、「自然に出会って恋愛する」ことがどんどん難しい時代になっています。

賢い人は学生時代に結婚相手をつかまえておいて、結婚後仕事が落ち着いたところにゴールイン…といくのですが、そううまくいかないのも人生というもの。

恋人がいても破局してしまったり、そもそも相手にされなかったり…そんなこんなで社会人になってしまい「ああ恋人欲しいわ…てかもう彼氏いないのこれで何年だろう…」と遠い目をしている人も多いのではないでしょうか。

そこで、われわれ「薬剤師」。

恋愛、婚活市場では果たしてモテるのでしょうか?ウケがいいのでしょうか?

薬剤師は恋愛市場でモテるのか

顔による。

 

これを言ってしまっては元も子もありませんが、イケメンの薬剤師はモテます。美人の薬剤師ももちろんモテます。大学の知り合いでも、イケメンの薬剤師や美人の薬剤師ほど早く結婚しています。学生時代に付き合ってた人とゴールインのパターンが多いですかね。

こういう人は薬学生時代からモテていたので、同じ学部やほかの学部の人とくっついていることが多いです。

 

とにかく顔が良ければ男女ともにもてます。性格が極度に悪くなければもてるでしょう。逆に言えば、顔が…なら…いうまでもないでしょう…世の中やっぱり見た目なんです。中身が大事とか言いますが、まずは「中身を知りたいと思わせる見た目」をしていることが大事なんですよね、本当に。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

悲しい話ですよ、本当に。恋愛はやっぱり見た目の勝負。まずアリと思ってもらわないと、内面なんて見てもらえないです。薬剤師に限らない話ですが。

 

薬学生はコミュ障が多い学部ですが、イケメンや美人はコミュ力が高い傾向にあります。やはり顔がいいから黙っていても異性が寄ってくるゆえに対人能力が高まるのでしょうか…

 コミュ障で見た目があまりよくない人は負のループにはまってしまうので要注意です。勇気を出して踏み出してください。若いうちにいっぱい失敗しといたほうが、こじらせないで済みます。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

顔の良い薬学生は当然モテる。

つまり、社会人になってから出会う「イケメン薬剤師」「美人薬剤師」は、すでにほかの異性に捕獲されている可能性が高いです。

これは医師なども同じことが言えますが…顔がよくてコミュ力も高くて国家資格持ちのイケメン・美人を放っておくアホはそんなにいないでしょう。学生時代から賢い異性は目を光らせています。

ですので「美人・イケメン薬剤師」をオトすのは結構難しいと思っておいてください。学生時代の恋人と別れたタイミングがねらい目です。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

「女性薬剤師」は敬遠される傾向がある

特に田舎に多いですが、女性薬剤師はなぜか引かれてしまいます。

男性薬剤師は「頭いいんですね!素敵!」と言われるのに、女性薬剤師は「え?薬剤師?へーふーん、頭いいんだね、へーすごーい…(フェードアウト)」となってしまうことが多いです。

理由は簡単で、自分よりハイスペックな女性を、男性は恋愛対象として見づらいからです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 基本的に男性は優位に立ちたい生き物です。女性薬剤師というのは「6年の厳しい勉強と難しい国家試験を経て国家資格を取ってバリバリ稼ぐ存在」ですので、ひらたく言えばハイスペックです。言い方が悪いですが、田舎の中卒や高卒からしたら「違う世界に住んでいる」存在なのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 一般のイメージといえば、薬剤師と言えば「医師の次に難しい医療職」です。自分なんて手が届かない職業…と思っている人だってたくさんいます。薬学部がない田舎だったりすると余計その傾向は強まるでしょう。実際は大したことないですけどね、というか医学部とは天と地の差です。在学期間だけ無駄に伸びただけですから。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

とにかく、薬剤師女性は、地方ではハイスペ扱いされる。都会には掃いて捨てるほどいますが…

 

そんなハイスペ女子を前にして、男はどう口説いたらいいかわからなくなってしまうのです。何を話しても「こいつバカじゃねえの」って思われるんじゃないかと不安感を与えてしまうのです。ただでさえ薬剤師って、無自覚にプライドが高い人が多いから…頭でっかちだし…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ですので、バカ正直に「薬剤師で年500万稼いでいます」とか喋らないほうがいいでしょう。特に田舎の女性薬剤師。多くの男性には「へ、へーえ、すごいんだね…」と引かれてしまいます。

逆に男性薬剤師の場合は積極的に高収入アピールをした方がいいです。「安定した資格を持った男性」というのは恋愛・婚活市場で重宝されます。公務員がやたらモテるのと同じ理由ですね。

f:id:method-of-pharmacist:20180321160450p:plain

とはいえ、今は共働きの時代。ちゃんと資格の価値を知っている男性なら「女性薬剤師」のことを大切に扱ってくれるはずです。薬剤師程度の資格で引くような男性なんてこちらからお断りスタンスでいきましょう。「せっかくがんばって薬剤師になったのにモテない…」なんて卑屈になってはいけません。

 

共働き上等なのが薬剤師の強みですから、そのメリットを理解してくれる人を探したほうがいいでしょう。専業主婦ならともかく、今どきそういう家庭ってほとんどありませんから…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

薬剤師はコミュ障を治して婚活に進撃せよ

コミュ障多いです、薬剤師。本当に多いです。まともな会話が成り立たない人が多いです。

人の話を聞かず、あいづちも打たず、自分のことだけ喋り倒す。壁に向かって話してろよ。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 薬学部という「勉強せざるを得ない閉鎖空間」が生み出すゆがみのせいなのか、性格もひん曲がったヤバイやつが多いです。平たく言うと変人が多いです。おそらく、文系学部で元気にキャンパスライフを謳歌していた人には理解できないような暗くよどんだ性質を持っています、薬剤師という人たちは。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

青春を殺した代償ですね。

プライドが高いやつも多いし、人の話を聞かないやつも多いし、あとやたら上から目線のやつも多い。国家資格を持ってるプライドからなのかなんなのかしらないけど常にエラそう。

あと自分の職場のマウンティングしてくる。「うち○○病院(超有名病院)で働いているんだけど~チラッチラッ」してくるやつもいる。はっきり言って性格がゆがんでいる人が多いです。自分の世界に引きこもりがちのオタクも多い。男女を問わず。あと理想が高い。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ですので「薬剤師」を落としたいと思う人は注意したほうがいいです。彼ら・彼女らの特徴は以下の通りです。

  • 優位に立ちたい
  • 医師に勝てないコンプレックスを持っている
  • オタク気質
  • なぜか攻撃的
  • 説明がやたら長い
  • 常にイライラしている
  • 意識が無駄に高い
  • 自己完結している
  • 他人の話を聞かない
  • 自分から発言しない
  • 構ってちゃんのくせに動かない
  • 自虐的
  • 暗い
  • 低学歴を見下しがち

……クズのように見えるかもしれませんが、今まで出会ってきた薬剤師にはこのような特徴があります。もちろん薬剤師以外の人でも上記のような特徴を持っているでしょう。しかし薬剤師は特にこの傾向があります。

プライドが高いくせに自虐的で、フラストレーションを内にため込みがちで、他人と対話することがへたくそです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

意識高い系でひとりよがりで、そのくせ医師には絶対勝てないから、常にいじいじしています。

このような性格を持った薬剤師と出会ったら、恋愛はともかく結婚相手に選ぶのはおすすめできません。精神的に幼稚で閉鎖的な、いわゆる「専門バカ」なので、結婚して一緒に人生を過ごす相手となるとかなり苦労します。どうせ結婚するならコミュ力が高い薬剤師と結婚しましょう。MR薬剤師とかいいかもしれませんよ。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

薬学生は学生時代に結婚相手を見つけよう

f:id:method-of-pharmacist:20180321162239p:plain

リアルな話、社会人になってからは出会いが少ないです。薬剤師はわりかしモテるというか重宝されがちの資格ではありますが、それでも「出会い」がないと宝の持ち腐れです。待っているだけでは何も起きません。年だけ重ねてはい終わりです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

そんなことにならないように、今薬学生の方は、学生のうちに結婚相手(候補)を見つけましょう。仕事を始めたら相手が見つかるわ~とか安易に考えていたらだめです。マジでいません。出会いがありません。婚活パーティとか結婚相談所に自分から行かない限り、出会いはやってきません。出会いは来るものではなく、つくるものなのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 大学時代なら、自分と脳みそのレベルが近い異性をたくさん発見することができます。毎日が出会いの連続です。バイトやサークルで知り合うのもいいですし、学部の飲み会に参加するのもいいでしょう。

「結婚とか今は考えられない…」と20歳くらいなら思うかもしれませんが、25過ぎるとガクッと実感するんですよ!!そして友達がどんどん結婚していくのを横目で見ながら「やばいわ」って思うんですよ!!!!!

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 恋愛は高度なコミュニケーションです。勉強に忙しい薬学生は「恋愛とかしてる暇マジないし…」と思うかもしれません。

しかし、社会人になってからのリスクヘッジのために、学生のうちから「相手探し」をしておくことをおすすめします。ほんと社会人になると出会いはなくなるので。

 

※学生時代の恋人とそのまま結婚できるとは限らないので、くれぐれも進級卒業就職は確実に遂行してください。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

そして「薬剤師」を恋人候補に狙っている方は、彼らのプライドの高さ・内にこもりがちなパーソナリティを愛してあげてください。たぶんすぐには変われません。そういう性格なので仕方ありません。

それでもこの人を好きなんだと思えるのであれば、ちょっとアレな性格の薬剤師でも付き合ってみてください。恋愛慣れしていない人が多い(イケメン美人コミュ力高を除く)ので、ちょっとモーションかければ落ちやすいですよ。

安定していますし基本的にまじめで勉強熱心なので、堅実な生活を送りたい人にはオススメです。共働きの現代にも良い物件です。