薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【就職】その製薬会社がホワイトかブラックは、実際に入社してみないとわからない【MR】

ブラック企業は滅ぶべき存在です。

人材を使い捨て、少ない報酬で長時間労働させ、人が死んでも何も思わない。

人を雇うものとして最低の態度ですし、そんな企業に自分から行くような人はいないでしょう。自殺行為に等しいものですから。

就活でももちろんそうです。いくら新卒で就職するのが当たり前とはいえ、誰が好きこのんで、自分からブラック企業に突っ込んでいきたいと思うでしょうか?

しかし、「どれがホワイトか」「どれがブラック企業なのか」これについては、各人の考えによって分かれてくると思うのです。

何をもってブラック企業と考えるか?

あなたがブラック企業に就職したくないと考えているとします。その中で製薬会社を選ぶとする。たとえばMRになりたいとする。そんなとき、何をもって「ブラック企業に入りたくない」と考えるでしょうか?

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 そもそも「長時間労働したくない」という考えの方なら、MRを目指すことじたいが間違っています。MRはいつの時代も長時間労働です。接待が無くなったとはいえ、戦いはどんどん激化していますし、休日出勤だって当然のようにあります。9時5時で働きたいと思う人であればMRはどの会社だろうとおすすめしません。そういう職種じゃないからです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 また「ノルマがある」のがつらいと思うのなら、やはり営業は向いていません。MRはノルマがあります。ないと表向きは言っていますが実際はあります。営業成績の低いMRはやっぱり詰められますし…ストレスがすごくて、病んで辞めていくMRも大勢います。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 しかしです、逆に「たくさん労働させられるが、そのぶん報酬をもらえる」ことをよしとするのであれば、MRは適職であり、その製薬会社はブラックとはいえないわけです。とにかく稼ぎたい、休みはともかくお金を稼ぎたい、その一心がある人だったら、逆に暇な職種とかだと物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 MRでお金に困っている人は聴いたことがありません。いるとしたら、遊び方に問題があります。つまりそれくらい稼げる職業ということです。企業の規模が大きくなるほど、稼ぐことができます。メガファーマのMRはえげつないほど稼ぐことができます。「稼げる」ことをよしとするのなら、その会社はブラック企業ではないでしょう。どれだけ残業させられようと…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 結局、ブラックかホワイトかというのは、個人の判断にもよるところがあると思うのです。「たくさん働いてたくさん稼ぎたい」主義の人であればMRはやるべきだと思いますし、「そんなことよりプライベート重視」であればほかの職種を選ぶべきです。そして、どこの会社だろうとMRは激務ですので、それを受け入れられないなら、そもそもMRは目指さないほうがいいです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

入社してみないと、本当のところはわからない

f:id:method-of-pharmacist:20180624223931j:plain

いくら口コミを聞いたり、先輩の話を聞いたりしたところで…本当のところは、入ってみないとわからないんですよね。コンプライアンスの問題上、他人には話せないことも多いですし。あくまで「他人のフィルター」を通した情報しか得ることができない。それで「ホワイト」とかブラックとか判断するのは、はっきり言って難しいです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 明らかにブラックと噂される会社は論外ですが、それ以外の会社については…ブラックととるか、ホワイトととるかは、わりと本人によって違うところがあると思います。働いても給料が払われないとかは論外ですけどね。まあMRはみなし労働制ですから、残業代なんてあってないようなものなんですが…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 わたしも口コミなどで色々調べてから入社はしましたが、実態は「……」です。半分合っているところもあり、半分違うということもあります。というか、部署によって全然違います。同じ営業でも営業所によって全く空気は違いますし…そこのトップの方針によって違いますからね。たとえば、すごく穏やかな社風の会社の、××営業所だけ死ぬほど性格が悪い所長がいて、そこに配属されたら、一般的にはホワイトですけど、あなた的にはブラックでしょう。そういうことです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 なので、正直「××会社はどうなの?」と聞かれても、噂しか話すことはできないし、自分がいた会社についても「部署による、そこのトップの方針による」となってしまうんですよね…あと、入社後に合併とか、新部署の設立とかがあったら、また空気が変わってしまいますしね。社長が変われば一気に労務管理も変わったりして。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 働き方改革とか言って早く帰されたり、休日出勤NGだったりしますが、その実、カウントされない自宅残業をしているだけ…つまり、数字上では残業は減っているのですが実際は残業している…しかも時間外手当は支給されない…という本末転倒な状況もあります。それでも表向きには「うちは働き方改革をして残業時間を減らせたからホワイトだ」なんて言い張れたりするわけです。闇が深いですね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 なので、入社してみないとわからないですし、入社してもどこに配属されるかで全く状況は変わりますし、そこのトップと相性が良いかなども関係してきますし、異動してそこでいびられたりしたら精神的にぼろぼろにされるでしょうし、簡単に「ここはホワイト」「ここはブラック」なんて言えないわけです。死人が出るレベルの会社は論外ですけどね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 また女性MRの扱いもホワイト・ブラックに関係するでしょう。結婚後もMRをしている女性もいるっちゃいますが、まだまだ少数です。多くの女性MRは結婚後には内勤部署に回ります。結婚後の女性MRのキャリアプランを適当にしか考えていない、育児休暇が整っていない、会社はイマイチですね。実情、ママさんMRは少ないです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 女性MRの採用が人気なのは、「女性の採用」を推進していることを示したいのと、若い女性を採用することで営業効果を高めたいのでは…と私は考えています。女性採用率が高いからと言って、そこに女性が定着するとは限らないわけです。だから、「じょせの採用が多い」からといって「女性が働きやすい」会社とは結びつきません。大量採用、大量離職の会社だってありますから。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もしあなたが休日出勤どんとこい、とにかく働く、稼いでなんぼ、という考え方の人なら、できるだけ規模の大きい会社のMRになるといいでしょう。MRの忙しさは、基本的に会社の規模に比例します。メガファーマに行きましょう。ワークライフバランスが崩壊するほど働きますが、そのぶんリターンがあります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 「長時間労働がつらい」と思うのなら、そもそもMRなんて目指さないほうがいいです。薬学生なら、薬剤師になったほうがましじゃないでしょうか。MRは年々競争が厳しくなります。「そもそもMRなんていらない」「AIで十分」なんて言われている時代に、情報提供者として必要とされていかなきゃいけないんですから、勉強も尋常じゃない量を必要とします。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 給料がたくさんもらえることをホワイトと取るのであれば、高給であるあの会社とかあの会社を受けましょう。予想通りたくさんもらえます。休みが取れることをホワイトととるのなら、MR以外の職種がいいかもしれませんね。MRはまとまった休みは取れやすいのですが、日々は休日出勤でつぶされがちです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 なんにせよ、いくら情報を集めたところで、入社してみないとわかりません。そして入社して、自分に合わなければ、転職すればいいだけの話です。まずは飛び込んでみましょう。無理なら辞めましょう。それだけです。