読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

製薬会社MRが2年で病院薬剤師に転職した理由

転職

私は新卒で製薬会社に就職しました。

最初はMRとして働いていました。

2年ほど勤務していましたが、病院薬剤師に転職しています。

今はその病院も転職し、調剤薬局で働いていますが…

製薬会社での経験はとても学びあるものでしたが、私にはずっと続けられるものとは思えず、数年でリタイアすることになってしまいました。

 そもそもMRとは

f:id:method-of-pharmacist:20160730091404j:plain

MRはMedical Representiveの略で、「医薬情報担当者」のことです。

医薬情報担当者というとなんだか仰々しいですが、要は営業職です。

病院や調剤薬局など、医療従事者が勤務している施設を訪れ、自社製品について説明します。

 

会社によっては「オンコロジー専用MR」とか「中枢神経系疾患専用MR」とか、製品の領域ごとに担当を決めていることもあります。

MRはそれぞれの担当エリアで活動します。製品説明会を開いたり、地域の講演会を案内したり…自社のMRおよび自社製品を印象付けてもらうために、足しげくターゲット施設には足を運びます。

 

MRは文系学部卒業学生でも就職することができるので、一般的には「就職への難易度が低い」とされています。ほかの研究開発と比べれば、の話です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

正直私は、MR向けの性格ではありません。がつがつしていませんし、競争意識は高くありませんし、普通にコミュ障です。

薬学部によくいるタイプの、「がり勉すぎてコミュニケーションに支障がある学生」です。そんな私でも、ちょっと応募して面接対策をすればMRとして採用されました。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

MRは大変な職業だった

製薬会社にMRとして採用される。そこまではうまいこといきました。

私は正直あまりMRとしてどうこうしたいとか考えていませんでした。

ばんばん薬を売りたいとか、患者さんのために仕事をしたいとか考えていませんでした。

 

強いて言うなら、MRは給料が高い職業ですので、それで若いうちからがんがん資産を稼いでいきたいな…それでさっさとセミリタイアしないな…とか、その程度しか考えていませんでした。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

もちろん営業成績によりますが、うまくいけばMRはガンガン稼げます。

友人が行った某外資系製薬会社は20代で年収1000万円を超えたケースもあったみたいです。さすがにすべての社員がそうというわけではなく、その社員が特別優秀なMRだったから、だそうですが……

 

とにかく、お金が稼げるかも~と安易な気持ちでMRとして採用されたのですが、そこからがそもそも間違いの始まりでした。そんな軽い気持ちで勤まるほどMRは楽な仕事じゃなかった。

 

研修が長い

入社後、すぐに研修があります。

毎日毎日、勉強ばかり。テストばかり。あれ、これ何かを思い出すな…そうだ、薬学部だ!!

method-of-pharmacist.hatenablog.com

社会人になったら勉強しなくてもすむのかと思いきや、就職してからも研修漬けという恐ろしい事態。

 

約半年、毎日勉強続きという事態に陥りました。疾患の勉強などは国家試験と重なる部分も多かったので、正直そこまでしんどくはありませんでした。しかし、同期MRの指導役なども務めなければならなかったのは大変だったかな。ストレスもたまりましたし。

 

朝早く、夜遅い

研修が終わって現場配属されてからすぐに「あ、しんどいわ」と気づきました。とにかく朝早く、夜遅いんですよね…1日14時間くらい働いています。

外勤なので、ほとんどが移動時間とはいえ、朝6時に起きてスーツを着て身支度して、帰宅するのが夜11時とか、そんな生活だと普通に自律神経が壊れます。

 

飲み会も多かったので日付をまたぐこともしばしば。飲み会のお金は先輩が出してくれるとはいえ、そもそも飲み会しまくりたい性格ではないので、「いや、もういいから早く帰らせてください…」って感じでした。

 

MRに興味がある方は、自分が飲み会耐性があるかどうかを確認したほうがいいですね。前日の飲み会を引きずったせいで翌日寝坊…そんなことを繰り返していては職場の信用を失ってしまいます。

 

ワークライフバランスを重視した転職をしてよかったなぁ。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

ノルマへのストレス

営業職なのでノルマがもちろんあります。これが未達成と激しく詰められるのはやっぱりしんどかった…営業すればするほど成績が上がれば単純でいいんですけど、そうもいかないんですよね…。先輩のめちゃくちゃ成績がいい施設は、めったに訪問しない(訪問しなくても勝手に処方してくれる)のに売れるようなところだったのでうらやましかったです。

 

MRって、訪問すればするほど売れるわけでもないんですよね…

サボリーマンのくせに成績だんとつの人とかいましたし。結構運が絡みます。

やってもやっても成績に結びつくとは限らない。そんな現実を目の当たりにするうちに仕事へのモチベーションはどんどん下がっていきました。

 

MRへのあたりが強い

やはり、MRって病院や調剤薬局からすると「じゃまもの」なんですよ。特に忙しい施設なんてそう。施設に不似合いのスーツを着て、営業トークをする存在なんて、別にいてもいなくてもいいわけです。患者さんから見たらMRって、やっぱりちょっと気持ち悪い存在ですし…(香水やヘアワックスのにおいをぷんぷんさせたMRが病院に来ると、同業者でもおえっとなります…)

 

仕事を積むにつれ、「この仕事って私がする必要あるのかな」「私が行くことでこの病院に迷惑をかけていないだろうか」と考えるようになってしまいました。

会社にとっては利益なのかもしれないけど、患者さんにとって最適の治療はされているのだろうか。そういうことを考え出すと、モチベーションが一気に萎えてしまいました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

結局、MRへの興味を途中で失ってしまったわたしは、就職して2年後、病院薬剤師に転職することにしました。

 

まあ、その病院薬剤師もなかなかのハード環境で、結局1年でリタイアすることになるんですけれど…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

MRに興味がある方は、自分には適性があるかどうかよく確認しておいてください。

私のようにふらふらと軽い気持ちで就職するとミスマッチを起こし、数年で転職せざるを得なくなってしまいます。

 

病院薬剤師に軽い気持ちで転職したあげく、またしても転職してしまいました、もう仕事に疲れ果てていたので、一刻も早く転職しなければ!と必死だったのですよ・・・あのまま仕事を続けていたら心も体もおかしくなっていたと思います。薬局薬剤師に転職してからは、日々の暮らしが圧倒的に楽になりました。

 

どうせ働くなら、自分に合った仕事をしましょう。