薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【就職】製薬会社MRは激務で辛い。稼げるけどきついよ【新卒】

製薬会社のMRは営業職です。

病院やクリニック、調剤薬局を訪れて、医師や薬剤師などの医療従事者を対象に、自社製品のプロモーションを行います。

目当ては「自社製品の採用」。営業は製品を売ってなんぼの仕事です。

なかなか首を縦に振ってくれないへそ曲がりなドクターもたくさんいます。

そんな先生方をなだめすかして理論をぶつけてみたり情に訴えかけてみたりありとあらゆる方法で自社製品の口座をゲットする…

そんなMRですが営業職の中では破格の待遇です。

「文系で稼ぎたい!」と思う方にはMRになることをおすすめします。

激務です。激務です。激務です。だけど、稼げることだけは保証します。しかし、激務です。

製薬会社の就職難易度ならMRが最も低い

f:id:method-of-pharmacist:20180411163658j:plain

製薬会社に就職したいな…でも製薬会社って難しそう…高学歴ばっかり就職してそう…同期も先輩もハイスペばっかりでついていけなそう…そんなことを考えていませんか?

心配ご無用です。MRに関しては、学歴不問です。さすがに大卒であることは求められますが、その出身大学に関してはノータッチであることが多いです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 さすがに業界トップクラスの会社になると応募数がすさまじいことになるので、書類の時点で学歴フィルターが発動している可能性がありますが、中堅以下であればMARCH/関関同立レベルのMRはごろごろ存在します。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

もちろんそれ以下…日東駒専とかもいます。名前も知らないような大学を卒業しているFランMRもいます。面接で「なにか光るものがある」と判断された人は、学歴に関わらず採用されることがあるようです。実際現場でも活躍しているので、そういう人はMRが天職なんでしょうね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 MRの学部に関してですが、文系だから採用されないかも…なんて思う必要は一切ありません。むしろ文系MRのほうが採用数が多いくらいです。これは薬学系でMRになる人が少ない(薬剤師になる人が多い)、理系も研究開発に行きがちだからという裏事情があるんじゃないかと思っているのですが…とにかく、文系でもMRはできます。ちゃんと入社後に研修があるので心配無用です。毎日アホほど勉強させられるので大丈夫です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ちなみに「勉強が嫌い」と思う方は学部を問わずMRはおすすめしません。常に製品情報を仕入れて提供するのがMRという仕事なので、「そんなこと知りません」「業界のニュースなんて聞いてません」みたいな状態では話になりません。アホでもいいので勉強はしましょう。知識のアップデートをしないMRは信用されません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 営業職のMRですが、特筆すべきメリットは『採用数が多い』。これは大きいと思います。研究開発と比べて圧倒的に多い。これが何を意味するかというと、就活で有利ということです。研究開発になりますと、優秀な理系大学院生がひしめき合うガチバトルですからね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

旧帝大の大学院を出ていようと、無能ではあっさり落とされてしまいます。製薬のR&D採用の世界は果てしなく厳しいです。ちょっと研究好きだから研究職やろっかな~くらいの軽い気持ちでかかると100000%落とされます。ご愁傷様です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 それに引き替え、MRは大手企業ですと100~200人毎年採用しますから、その中に滑り込める可能性は自然と高くなります。少ないパイを取り合う研究開発と比べ、MRは採用する母数が大きくなるので、自然とチャンスは増えます。複数の企業に応募していれば、あなたがまともな学生ならどこかの会社に引っかかるでしょう。現代は売り手市場ですからね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 何はともあれ製薬会社に就職したい!そう思う方にはMRはおすすめです。学歴不問、大量採用。滑り込むチャンスは大きいです。

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

 

就職後はホテル缶詰で研修

f:id:method-of-pharmacist:20180411164738j:plain

MRに採用されたはいいけど、わたし製品知識とか全然ないし…薬のこともぜんぜん知らないし…そもそも人体とかも知らないし…え?腎臓って二個あるの?まじ?

…みたいな人もいるかもしれません。理系の勉強から遠ざかっていた人にとって、MRの世界は未知のものでしょう。しかし問題ありません。入社後にびっちり研修します。それはそれはびっちり研修します。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

どっかのホテルに連れてかれて一日中勉強します。これを半年~1年続けます。わたしのような薬学部の奴隷ならこれくらいはたやすいものでしたが、勉強に慣れていない方は地獄でしょう。発狂している同期も多数いました。覚えることが多すぎて錯乱していましたね…かわいそうに…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 しかし、この勉強も、MRとして現場に出るためには必須です。むしろ現場に出てからはもっともっと勉強の連続です。なんせ相手は医師と薬剤師なわけですから容赦しません。専門用語をバチバチ出してきますし、そのたびに「????」となっていては話になりません。現場に出てからはしばらく毎日が勉強の連続になると思います。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

これはしんどいですね…文系MRが一番しんどいのはこの「勉強の連続」のターンでしょう。文系でも地頭がいい方ならあっという間に要領を得て習得していくでしょうけれど…勉強のやり方がわからない人は…かなりつらいと思います…働きながら勉強…つらいっすよ…本当…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 毎年12月に「MR認定試験」が行われます。これに合格しないと、正式にMRとは認められません。そして、どの会社も合格率100パーセントを目指します。これがどういうことを意味するかというと…文系だろうとFランだろうとアホだろうと、会社は死ぬ気でお尻をひっぱたいて勉強させるということです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

とにかくこの試験に合格してください。これに合格しないとMRを名乗ることはできません。のちのち転職する時のためにも、この試験だけはちゃんと合格しておきましょう。履歴書にも資格として書けますしね…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 とにかくMR1年目は「勉強」「勉強」「勉強」「プレゼン研修」「勉強」「現場研修」「現場」「現場」「勉強」「勉強」「テスト対策」「テスト対策」「テスト」……って感じで終わっていくと思います。MR試験に合格したら上出来です。とにかく1年目の目標はここです。そのために髪の先からつまさきまで勉強に浸ります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

病理学から薬理学から法規制からあらゆる勉強をします。ちなみに、このテストは薬剤師なら3教科中2教科を免除してもらうことができます。薬剤師MRは、絶対に入社前に薬剤師の免許を取っておきましょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 入るのは簡単、入ってからがしんどいのがMRです。営業職なので当たり前ですがコミュ力も必要。勉強する意欲も必要。時にはごり押しする判断力も必要。ターゲットの医師をプロファイリングする能力も必要。相手の懐に入り込んでかわいがられる力も必要。人間力が試される仕事なのです。コミュ障の頭でっかちには勤まらないのは明白でしょう。あ、あと運転技術も大事です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

MRは稼げる。ただし激務

f:id:method-of-pharmacist:20180411170231j:plain

製薬会社のMRは稼げます。特に医療用医薬品(病院で医師が処方する薬。ドラッグストアとかで買える薬は「一般用医薬品」といいます)を製造販売する製薬会社のMRは、もう文句なしに稼げます。一般用医薬品を売るメーカーは…名前は挙げませんが…あまりお得ではありません。MRになるなら、絶対医療用医薬品の製薬会社がお勧めです。同じ薬でも「一般向け」と「医者向け」では全然利益が違うのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 さらに言うなら「新薬メーカー」と「ジェネリック医薬品メーカー」なら、「新薬メーカー」をおすすめします。新薬メーカーのほうが稼げます。ジェネリック医薬品が現代ではすっかり定着していますが、企業利益という点で考えると、新薬メーカーが依然として圧倒的に高いです。MRとして働くうえでも、やりがいの面でも新薬メーカーのほうが楽しいといえるでしょう。ジェネリック医薬品はどうしても「新薬の焼き直し」感があるので…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もっというなら「内資系」と「外資系」がありますが、稼ぎたいなら「外資系」がいいでしょう。とんでもなく稼げます。あなたが有能なMRなら、その辺の一般人が卒倒するような年収を稼ぎだすことができます。外資系は成果主義のメーカーが多いので、売上を高く出したMRへの報酬は非常に大きいです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

その代わり、無能のMRに対する扱いは非情極まりないです。ぬくぬくとした内資メーカーだったら無能MRは内勤に回してもらったり温情を受けることができるのですが、外資は…即サヨナラです。ボーナス?そんなものありません。稼いでいないMRに食わせる飯はありません。そういう世界です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 よって、ガチで稼ぎたいなら「外資系」「新薬」「医療用医薬品」の製薬会社でMRとして働くことをおすすめします。具体例を挙げるならファイザーとかグラクソスミスクライン、ロシュ、ノバルティス、サノフィアベンティスなどでしょうか…これらは世界に名だたる製薬企業です。これらの会社で活躍することができたら、マジで稼げます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ワーキングプア?そんなの別世界の出来事です。異次元の稼ぎを得ることができます。マジで頭のねじが外れたようなお金の使い方を楽しむことができます。ただし、「良い成績を出した」場合ですが。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ただし、言うまでもありませんが激務です。MRの激務度は、企業の規模に比例すると言います。大企業のMRほどいつ休んでるの?と聞きたくなるほど働いています。仕事の鬼です。ワーカホリック揃いです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

そんなに働いてばかりで人生楽しいの?と聞きたくなるような人ばかりです。わたしのような働きたくなくてひたすらごろごろしていたい人間にとって、外資系MRの人たちはスーパーサイヤ人のような存在でした。大企業で生き残っていこうと思ったら並みの働きでは許されないということですね…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もちろん忙しさに男も女も関係ありません。女性MRでバリバリやってる人は頭おかしいほど働いています。朝から晩まで車をびゅんびゅん走らせていますし、止まると死ぬ病気なんじゃないかって言うくらい毎日毎日ヒールをかつかつ言わせてパンプスで担当エリアを走り回っています。女だからって甘く見てもらえる世界ではありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

もちろん医者によっては『●●ちゃんかわいいからお気に入りだよ~』みたいなのは多少あるかもしれませんが…MR女子というのはたいてい肉食的で、ハンティング能力の強い人たちです。か弱い女子にはとても勤まらない仕事でしょう。まして9~17時の事務職がいいですぅ~みたいな人には絶対無理です。本気で殺る気のある女子だけがMRになってください。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

MRは離職率が高い

f:id:method-of-pharmacist:20180411171641j:plain

MRは稼げますが、それを裏付けるかのように業務量が多く、拘束時間も長く、時間外労働ももちろん長く、休日出勤ももちろんあり、自動車移動も長く、朝早く夜遅く、そんなのを毎日繰り返します。要は激務です。きっついです。これが長続きしている人はなかなかいない。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

薬剤師MRなんてものすごい勢いで辞めていきました。「薬剤師のほうが楽だ」って気づいちゃったんでしょうね。最初は「人とかかわるのが好きだからMR~」なんて言ってたのに、半年もしない間に「楽したい…」に意見が変わるんだから…これが世の性です。みんなはっきり言って楽して金がほしいんです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 MRは離職率が高いです。3年以内にごっそり同期がいなくなります。厳しいメガファーマなら尚更そうじゃないでしょうか。のんびり営業ができる会社もあるっちゃあるんですけど、少ないです。だいたいは今の時代、どこの会社もしのぎを削っています。シェアを取り合っています。自社製品を採用してもらうためにどこのMRも必死です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

この競争についていけないと思うのであればMRは向いていません。MRにもっとも求められる資質は、もしかしたら「競争心」かもしれません。争い、他者を蹴落とすことにカタルシスを感じる人であればMRは天職かもしれません。逆に「よそを押しのけてまでうちの製品を売るなんて気が引ける…」なんて弱気な態度でいるようなMRは生き残っていけません。そのうち病んで引っ込んでいきます。押し売りと思われたっていいんです。売り込んだもの勝ちです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 実際、MRとして生き残っているのは勝負ごとが好きな体育会系出身者が多いです。根がタフでないと続いていけないのかもしれません。根がオタクとか理系、陰キャ、コミュ障の人はみんな異動か転職の道をたどりました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

稼げる仕事なんですけど、長年続けるには向き不向きがありますよね…わたしも2年であっさり辞めました。自分の製品をなんとしても売らなければならない熾烈な競争にいつまでも身を置くことに疲れてしまいました…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 MRは稼げますが、きついです。朝から晩までくたくたに働かなきゃいけないし、土日も出勤するし、競争は厳しいし、ノルマはあるし、成績によってはボーナスや昇給にも響きますし、社内でも比べられるし、イライラがたまるったらありません。「内勤とか絶対いや!外で働きたい!」という方にはおすすめかもしれませんが、パソコンを前にじっくり仕事をしたいと思う方にはMRは不向きと言わざるをえません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

MRはとにかく外回りです。活動的でないと務まらない仕事です。お金だけをモチベーションにして続けていくには結構きついです。定時帰りなんて絶対できませんし。場合によっては直行直帰もできますが…会社によっては深夜から会議があったりしますし…本当に仕事の鬼じゃないと生き残れません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ですので「稼ぎたい」「タフである自信がある」「勉強する意欲がある」「競争心がある」方であれば、男女を問わず製薬会社のMRになることをおすすめします。中堅以上のメーカーに就職することができれば、とりあえず一般階級より上の収入を得ることを約束します。同世代より確実に稼げます。ただし、そのぶんたくさん働くことは覚悟しなければいけませんが…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

我こそはMRに向いている、我こそはMRとして突き抜けた資質を持っている、と思う方はぜひMRに応募してみてください。あなたに素質があれば、きっと良い会社とご縁があるはずです。

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています