薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【就職】製薬会社はホワイト?ブラック?地域によるしMRか研究開発にもよる【転職】

薬学生の就職先としては病院、調剤薬局、ドラッグストア、CROなどいろいろありますが『製薬会社」も挙げられます。製薬会社にもいろいろな職種で就職する人がいます。研究開発もいればMRもいたり、学術、品質保証など多くの部署に就職する人がいます。

さて、この製薬会社ですが「ホワイト」と言う人もいれば「ブラック」な世界だという人もいます。

私自身製薬会社で数年過ごしたことがありますが、果たして製薬会社はブラックなのでしょうか?それとも労働者にやさしいホワイトな世界なのでしょうか。

そのへんについてこの記事で述べてみたいと思います。

給料が高い

まず気になる給与面ですがこれは「高い」と断言してもよいでしょう。ほかの業界に比べると圧倒的に高いと思います。特にMRに就職した人なんてすごいです。外資系でがんがん成績を高めている人であれば20代で1000万なんてケースも無理ではないようです。

とにかくお金を稼ぎたい人にはMRはおすすめでしょう。本当に稼げます。そのぶん激務であることは言っておきますが。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 MR以外の職種でも給料は高めです。MRは出張や外勤手当などで他職種よりも給料が高くなりがちですが、ほかの職業の社員でも十分な給与を得ることができるでしょう。基本給も高く、ボーナスも高い傾向があります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

一部の企業はボーナスだけ極端に高く、基本給は低く抑える傾向があるらしいですが…とりあえず給与面においては製薬会社で不満を抱くことは少ないと思います。働いた分だけ給料が得られることは確実です、毎月の給料も夏冬のボーナスもしっかりあります。稼ぎたいならば製薬会社はおすすめでしょう。とくにMRは本当にメリットとして「お金」は大きいです。MRは浪費家が多いですが、それでもカネコマしてる人をあまり見ないってことは…それだけたくさん入ってくるってことです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

自分だけで考え込むよりも、求人のプロに意見をもらうことも重要でしょう。学生だけの考えでは行き詰ってしまいます。業界に通じているコンサルタントの声をもらうことは、より良い就職につながってくるでしょう。

 

福利厚生がいい

住宅補助、通勤費などの福利厚生もしっかりあります。東京都内で家賃1万円以内で暮らすという通常ありえないことも、企業によっては可能なのです。また企業が所有する保養所に無料ないし低価格で泊まることができたりスポーツジムに安く通うことができたりする場合もあります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

またディズニーやUSJのようなアミューズメント施設を割引で使うことができたり、ホテルランチを割引で楽しめたり、至る所にサービスがついています。会員制ホテルに安く泊まることができたりもします。給料に計算されないこのような要素も見逃すことはできないでしょう。ただの病院薬剤師とかではこのようなサービスはあり得ないですからね…

f:id:method-of-pharmacist:20180226211654j:plain

とにかく、住宅補助の高さがとてもおすすめです。都心部に安く住みたいと思うのであれば製薬会社はおすすめです。多くの会社はそのへんのサービスは整っているはずです。

調剤薬局、ましてや病院薬剤師ではそのような整った福利厚生を享受することはまず不可能です。

病院薬剤師は清貧の世界です。お金以外の理由で働きたい人には向いているのかもしれませんが、私はお金がない生活は考えられないので、病院薬剤師は全く向いていませんでした。このへんは個人差です。

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

自分だけで考え込むよりも、求人のプロに意見をもらうことも重要でしょう。学生だけの考えでは行き詰ってしまいます。業界に通じているコンサルタントの声をもらうことは、より良い就職につながってくるでしょう。

 

MRはハードワーク

MRは高給であることは間違いありませんが、その代わり、仕事が大変であることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 どの会社であろうとMRというだけで激務は約束されたようなものでしょう。暇なMRというのは逆に心配になります。MRは忙しければ忙しいほどテンションが上がるタイプじゃないと続かないです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ノルマのしんどさや、成績に比例して給料が上下する現実の厳しさや、どんなにがんばってもドクターにタッチできないもどかしさ、拘束時間の長さ、体力的なつらさ……もちろんこれに適応してのし上がっていく人たちもいますが、正直多くの人は数年でリタイアしていきます。私もリタイアしました。

そもそも女性MRってやっぱりまだまだ業界的にも受け入れが発展していないんですよね…事業所にもよりますが、ひどい男尊女卑を受けることもあります。女性MRについて「やりづらさ」を感じる人は少なくありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 長年続けていける人は意外に少ないものです。「自分はMRに向いている」という確信をもって入社した人でさえ数年で退いてしまうのです。ですのでMR=稼げるからといってMRを生涯の仕事としておすすめできるかというと、私はおすすめしません。20代のうちに稼ぎたい!というような人にはいいかもしれませんね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 お金は稼げるけど激務、ここを覚えておかないといけません。ワークライフバランス?そんなもの期待してはいけません。朝も昼も夜も仕事です。MRとはそういうものです。働かないとどんどん他社に負けていく世界ですからね。必死です。

 

研究開発に関しては…その会社による

R&Dと呼ばれるいわゆる「研究開発」ですが、これらの部署が忙しいかどうかは、その会社が新薬販売に積極的であるかどうかによるでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ブロックバスターが出ていけいけどんどんならそりゃ実験もしまくるし臨床試験もしまくるし、これらの部署の人たちはてんてこまいで働くわけですけれど、まったく売り物がない閑古鳥が鳴くような会社であるならば、研究開発はむしろ『人がいても仕方がない」部署扱いになるのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

なかなかそれを新卒の就職で見抜くことは難しいかもしれませんが、一つの目安としては「開発パイプライン」が多いかどうかをチェックしておくといいかもしれません。さらにそれが「自社製品」なのか「他社の製品を共同で売らせてもらっているのか」をチェックしたほうがいいです。そこにその会社の研究力が見られます。

MRでも同じことが言えます。はっきり言って、自社製品じゃないものを売るのってモチベ下がります。うちの薬ってはっきり自信を持って言えませんしね…よその薬を売らせてもらってます、だから、情報提供もスムーズにいかないことが多い。どうせ売るんだったら自社製品で優秀なものを営業したいのは当然です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

もう10年自社製品を出していない…人様の会社の薬を売らせてもらっている…そんな状態だとかなり危険かもしれません。製薬業界は吸収合併が多いのでいつどことくっついて消えてもおかしくないのが日常です。就職した早々吸収で会社が消えた、なんていう悲しいことにならないように気を付けましょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

残業に関しては、減らす方向

働き方改革を推進しているのか、近年は残業時間は減らしている方向のようです。以前あった電通過労死事件の影響を受けてなのか、ばりばり残業させる企業は昔よりかは減ったように感じます。昔からの社員いわく、バブル時代は残業100時間オーバーなんて当たり前だったみたいです。「そのぶん給料になって帰ってくるからよかった」なんて言っていますが…いやしんどいでしょふつうに…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 なので昔ほどの激務は減っている、というのが業界の傾向でしょうが、そのかわり「持ち帰り残業」が増えているとは聞きます。メーカーの開発にいる友人いわく、7時には帰宅するけど結局パソコンを持って帰るので、家で夕食をとりながらメールを返し、スライドをつくるのが当たり前…結局家でも会社でも仕事をしているのがふつう…もちろん土日も区切りなく社内外に対応…なんていうのが通常みたいです。

働き方改革を意識した結果、タイムカードを無理やり切られたり、サービス残業が増えていたり「それってどうなの?」ってことは増えているみたいです。在宅で働いている分は労働時間としてカウントされませんからね。会社としても残業代を払わなくていいので都合がいいわけです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

なので「残業が減った」からといって「仕事が減った」と一概に言うことはできないのです。むしろ残業代を払わずに済むようになったのだから会社としてはラッキーというべきかもしれません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

わたしはとにかく定時で帰りたい頼むから定時で解放してくれ族だったので、製薬会社のMRなんてのはまるで肌に合いませんでした。調剤薬局に変えたほうが正解でしたね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

リストラは…ある会社はばっさりやる

リストラに関してですが、やる会社は容赦ないです。成績の上がらない社員はごっそり切ります。外資でMRをやっていた友人が「首切られた…」といって別の製薬会社に転職活動をしていました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

リストラについては、内資より外資のほうが激しい印象です。内資の古き良き企業だと、いまだに「新卒至上主義」「定年までの長期雇用」を掲げている場合があります。まあその企業がいつまでもつのかは誰にも断言することはできないのですが…

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

社内の雰囲気:外資はぴりぴり

社内の雰囲気ですが、内資企業は上記のような事情があるので「雇用はなんとかなるっしょ」「なにやっても首切られたりしないっしょ」みたいな妙な安心感があり、ぬるま湯状態になってしまうことがあります。

 古き良き空気というか…仕事ができなかろうと首にされないので、それゆえに成長を諦めてしまったオワタな人たちも多くいます。こういう人は外資だと3日でサヨウナラなんだろうな。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

首にされないからのんべんだらりとやっていられる。

これはメリットでもあり「よその会社に行ったらやっていけないへなちょこ会社員に仕上がってしまう」というリスクもあります。その点外資はぴりぴりです。いつ自分の首が切られるかわからないので常に緊張状態です。油断せずに稼ぎに行きたいなら外資に行くべきでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 【おすすめ】

就活をスムーズに進めたい忙しい学生の方には「キミスカ」という就活応援サイトがおすすめです。

このサイトに自分のプロフィールを登録しておけば、あなたのプロフを見た企業担当者があなたをスカウトしてくれます。説明会、面接などの日程調整を企業側とやりとりしながら決めることができます。就活に関するコラムも豊富にありますし、初めてで手探りの就活をスパッと簡潔に進めていきたい方にはおすすめのプログラムです。

 わたしが就活生のころは「面接に行かせてください、説明会に行かせてください」って土下座する勢いで企業に頭を下げまくっていましたが、時代は変わりましたね…今は、自分を積極的にアピールすれば、企業の方から「君いいね!うちで働いてくれない!?」とお声をかけてくれる時代です。ほんと、今の時代に就活したかったですよ…羨ましい…売り手市場万歳じゃないですか…

 興味がある方はぜひキミスカに登録してみてください。内定者からの声を読むこともできますし、就活に役立つ情報満載です。

もちろん無料で利用可能です。特に理系の大学生・大学院生の需要がかなり高まっています

自分だけで考え込むよりも、求人のプロに意見をもらうことも重要でしょう。学生だけの考えでは行き詰ってしまいます。業界に通じているコンサルタントの声をもらうことは、より良い就職につながってくるでしょう。

 

製薬会社はホワイトなのか

労働に見合った報酬が得られているという面でいえば、製薬会社はホワイトだと思います。MRではなくても高給ですし、福利厚生に優れていますし、かたまった休みも取りやすい。内資だとちょっとぬるま湯的雰囲気で物足りなく感じるかもしれませんが、外資の殺伐とした空気に放り込まれればまた全然違う印象を受けるでしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

なんにせよ、新卒で製薬会社を選択肢に入れている方は、MRにしろ研究開発にしろ、なんらかの職種でチャレンジしてみることをおすすめします。わたしは製薬から転職してしまいましたが、製薬のメリットは十分享受しました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

なんたって給料が高いので同年代と比較していい思いはした方だと思います。

正直、製薬会社は別世界だと思います。お金と福利厚生という面だけで考えるのであれば、製薬業界の恵まれ具合はずば抜けています。

ぜひ興味があるならばチャレンジしてみてください。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 自分に合わなければ転職すればいいだけの話です。

人生でたった一回しか使えない新卒のプラチナチケットを「製薬会社」に使うのは、決して悪い選択ではないと思います。

 

↓激務で干からびていく前に、自分の未来を考え直してみませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!