薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【社内ニート】うつ病にならないために。残業しない、タンパク質・鉄分を摂る、など【新入社員】

人間だれしも、できれば健康に生きたいと願うものです。

自分から不健康になることを願う変わり者はなかなかいないでしょう。

しかし、普段の心がけから、健康であろうと努められている人というのはなかなか少ないです。

私も健康でありたいと願うものの、生活習慣が不規則になり、一時はブラックな労働環境に心も体もぼろぼろにされそうになりました。

なんとか復帰を果たした私が、日々で心身を健康に保つために取り入れている生活習慣をここに書きます。

 残業しない

まずはこれです。

本当に残業は時間と体力の無駄です。

遅くまで会社に残って仕事したような気になるのは、あくまで気だけです。錯覚です。

夜は作業効率もがくんと落ちるのですから、さっさと帰りましょう。時間のむだです。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

本当に不思議なのは「残業したほうがえらい」という謎理論を振り上げてくる人がいまだにいることですよね…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

昔の職場で定時に帰ろうとしたら「みんなが残業している中で定時に帰るのは職場の雰囲気を乱すから、もう少しがんばって残業してほしい」と上司に言われました。ハァ???ハァ????ですよ。本当。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

残業ありきで仕事をすると日中の活動効率も下がります。

定時に仕事を終わらせて、さっさと帰る。これを厳守しています。

 

我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

 

かといって、干されるとそれはそれで辛い

仕事に押しつぶされて心身を病んでしまうのがもちろんしんどいのは確かですが、あまり外に言っても共感されにくいのが、仕事が暇すぎて出勤するのも辛い、ということです。仕事をわざと少なくされる、レベルを下げられる、というのもパワハラのひとつです。よく大企業の追い出し部屋の話なんて聞きますが、あれもパワハラですよね。

何が悲しくて何時間もかけて通勤してるのに、仕事も何もなくてデスクに座ってるだけなんだ…ってなると、どんどん病んでいきます。同年代はどんどん仕事の経験を積んでレベルアップしているのに、自分だけ何をしているんだ、貴重な時間を無駄にしているんじゃないか、自分の人生これでいいのか、って考えてしまいます。

人間、暇なときはだいたいろくなことを考えません。社内ニートをしているとどんどんネガティブになっていきます。前向きに、心身健康に生きていくために「干される」というパワハラは避けなければいけません。仕事をしなくても給料がもらえるからいいじゃん、とかそういう問題でもないのです。

 

【おすすめ】

↓社内ニートで干からびていく前に、自分の未来を考え直してみませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 社内ニートはとりあえず転職サイトに登録しといたほうがいいと思います。どうせ時間がたくさんあるんですから登録とか一瞬でしょう?いつでもほかの職場にいけるという安心感を持っていた方がいいです。この職場にしかいちゃいけないんだ!!ってしがみついたりすると、社内ニートに拍車がかかります。

若いあなたに必要なのは「社内ニートであること」ではなく「社会人経験を積み上げること」です。会社に縛られて人生の大事な20代の時間を食いつぶしていくことは、大変にもったいないことです。転職サイトに登録して、紹介される会社の中から自分に合ったものをチョイスしてみるだけでも、十分に次の人生を考える良い機会になります。もちろん無料ですしね。

 【おすすめ】

↓社内ニートで干からびていく前に、自分の未来を考え直してみませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 とにかく、仕事が暇すぎるというのは苦痛です。忙しいと時間は飛ぶように過ぎていくのですが、暇だとこれがまあ長い長い。わたしも社内ニートの経験があるのでよくわかりますが、もう午前も午後も地獄のように長いんですよね。何回時計の針を見てもまだ15分だったり…45分くらいくるとホッとしたり…

こんなことを8~10時間繰り返すんですよね…しかも毎日…毎週…毎月…毎年…ぞっとしませんか?そんな人生何が楽しいのって思いませんか?別に仕事に生きろとは言いませんが、あまりにもやりがいがないと思いませんか?

エクセルに意味不明の文字列を入力しては消す、の繰り返しをする人生、控えめにいって危険だと思いませんか?

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 やっぱり仕事をしていて楽しいって思うときって、自分がやったことに反応があった時だと思うんですよね。薬剤師をしているので思いますが、患者さんに感謝されると「仕事していてよかったな」って思います。そういう小さな喜びの積み重ねが、社会人としての自信につながりますし、大人としての器の大きさにつながっていくと思います。その点、ずーーーっと社内ニートでは、器も広げようがありません。むしろ小さくなっています。誰とも話さずに黙々とパソコンの前でワードを広げているだけの人生ですからね…お金と割り切って毎日を過ごすのならそれもまたよしですが、少しでも「この人生アカン気がする」って思うのなら行動にとるべきです。

 

あなたの価値は高いです。ならばそれが生きる場所に行くべきです。現状維持が自分の可能性をつぶす危険だってあるのです。あなたの持つ能力はあなたが思う以上に大きい。それを利用しない手はないでしょう。自分が活躍できる場所を探す、その労力を惜しんではなりません。

たとえば転職サイトに登録するとか。あなたを必要とする場所は、あなたが思う以上にたくさんあります。現代は昔より景気がよくなっているので、転職先もすぐに見つかります。

大丈夫です。あなたがあなたが思う以上に価値がある存在です。あなたを社内ニート扱いするような会社なんてさっさと見切りをつけて逃げてしまいましょう。

社内ニートなんて「勝ち組」でもなんでもありません。むしろ闇落ち予備軍です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 自分だけの人生をオリジナリティあふれるものにしていくためには、社内ニートの飼い殺し状態から早急に脱出しなければなりません。気が向いたらぜひ転職サイトに登録してみてください。

20代は需要がある時間です。ためらっていくと若さはどんどん浪費されていきます。「会社に縛られて自分らしく生きられない」生活からは早く逃げましょう。

 

 【おすすめ】

↓社内ニートで干からびていく前に、自分の未来を考え直してみませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

7時間以上眠る

病むのを防ぐために一番重要なのは睡眠です。理想は8時間、最低でも7時間以上眠るようにしています。

健康に最も大事なことは睡眠だと思っているので。

眠れない日のためにグリシンのサプリメントを用意したり、いい香りがするバスソルトを使ってお風呂に入ったりします。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

睡眠時間が短くなると、思考力、判断力が極度に低下します。ミスも増えて自分を責めがちになりますし、生活に余裕がなくなります。

何をおいても睡眠を優先しましょう。夜にしっかり眠るために、日中の昼寝はひかえめにしておくのがおすすめです。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

タンパク質、鉄分を摂取する

f:id:method-of-pharmacist:20161107205832j:plain

セロトニンやドパミン、ノルアドレナリンなど、うつ状態だと欠乏する神経伝達物質を合成するために必要なもの。その大元は、たんぱく質です。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

意外に聞こえますが、現代でもたんぱく質の摂取が足りない人というのは多くいます。

お菓子やごはんばかり食べている、肉や魚が嫌い、乳製品を取らない…このような食生活ですと、たんぱく質は欠乏します。髪や肌もがさがさに荒れますし、情緒不安定になります。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

また貧血はうつによく似た精神状態を招くことが知られています。特に女性は毎月の月経があるので、半数以上は慢性的な鉄分不足に陥っているおそれがあります。

 

肉や卵、乳製品を積極的に摂取してたんぱく質を補給するほか、レバーやひじき、ホウレンソウ、しじみなどで鉄分を摂取します。サプリメントを利用するのもいいでしょう。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

<おすすめ>

 人間、我慢は大切ですが、それ以上に「自分を守る」ことが大切です。逃げるは恥だが役に立つ、と言うじゃないですか。状況に応じては逃げなければならないのです。自分の安全を何より大切にしなければならないのです。我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

甘いものを食べすぎない

甘いものというのは一時的には人の気持ちを幸せにします。

しかし、急激な血糖値の変動は、食後しばらくたった人の心を、逆にとげとげしくしてしまうのです。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

不安になったり、イライラしたり、小さなことが気になったり……これは甘いものを摂取して急激に血糖値が上昇した結果、血糖値を下げるホルモンのインスリンが過剰分泌された結果です。

 

基本的に、血糖値がガクガク上下することは、精神状態に悪影響を及ぼします。

糖尿病とうつは併発しやすいと言われていますが、ひとつは「甘いものを摂りすぎた結果血糖値の変動で精神衛生が悪化している」ことが原因と言えるでしょう。

 

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

家と職場の往復にしない

単調な生活、刺激のない日々というのは、人の気持ちを不健全に向かわせます。

私はカフェに行ったり、ジムに行ったり、映画を観に行ったりして気分転換を図っています。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

大事なのは「職場の記憶を家に持ち込まない」ことです。

別の記憶で頭を上塗りしてから家に入りましょう。

職場の緊張感をそのまま家に持ち込むと、リラックスできなくなります。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

太陽光を浴びる

朝の出勤時は15分ほど歩き、日光を浴びながらゆっくりと運動することにしています。

日光を浴びることによってセロトニンの合成が促進されるほか、体に24時間のリズムを刻みつけるためです。

一日中暗い部屋で過ごしていると自律神経が不調になり、精神状態にも悪影響を及ぼします。

意識的に日光を浴びるようにしましょう。日照時間が減ってきている

季節ならなおさらです。

 

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

日頃の習慣で心の健康は保てる

根性論ではなく、心の健康には知識が必要です。

やる気や気合だけで強い心が生まれるわけではありません。

そして、心と体はつながっています。

体にとって良い習慣を取り入れることが、穏やかで強い心を育てることにもつながります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

私は以前は体を壊すような働き方をしていましたが、一度不調をきたしたことですっかり懲りて、安全運転に切り替えました。

 

仕事も大事ですけれど、ほどほどに。

健康が一番大事です。

どうしてもきつかったら、転職を検討するのもいいかもしれません。自分のことを一番大切にして、もうだめだ…と思ったら素早く撤退しましょう。

 

<おすすめ>

 人間、我慢は大切ですが、それ以上に「自分を守る」ことが大切です。逃げるは恥だが役に立つ、と言うじゃないですか。状況に応じては逃げなければならないのです。自分の安全を何より大切にしなければならないのです。我慢をして自分を傷つけ続けても何もいいことはありません。「もうキツイ」と思うのであれば、早急に逃げましょう。病んでからは遅いのです。取り返しがつかないことになる前に、若い時間を潰してしまう前に、行動に出ましょう。たった1回だけの人生を、大切に過ごしましょう。

「このままの人生ってまずくない?」と少しでも思う方は、下記リンクから行動へ↓

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!