読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師ってお金持ちなんでしょ?と言われると違和感。稼げる仕事ではありません

進学

f:id:method-of-pharmacist:20161127204058p:plain

薬剤師として働いている、と言うと、よく他人に言われることがあります。

「薬剤師ってうらやましい!たくさん稼げるんでしょ?お金持ちなんでしょ?」

薬剤師にどのようなイメージがあるのかはわかりませんが、薬剤師ではない人と話をしていると「薬剤師=お金持ち」という前提で話をされることが多いように思います。

最初に否定しておきます。そんなに稼げません。

薬剤師はお金持ちにはなれない

医者ならいざ知らず、薬剤師は大金を稼げる職業ではありません。医師でも勤務医でしたらそんなに大金持ち、とはならないでしょう。時給換算すると相当な金額になってしまいます。

 

薬剤師は職種を問わず、大金を稼げる職業ではありません。病院薬剤師なんて本当にもう、大変ですよ。

 

わたしが働いた病院では、手取りもぎりぎり20万円あったかどうか……残業代を含めてもなかなかお給料は増えませんし、そもそも残業代をあまりカウントしてもらえませんし…休日出勤とかしていたはずなんだけどな…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

仕事の責任の重さと、報酬が比例しなかったことが不満ではありました。

調剤薬局で年収400~600万

病院薬剤師から薬局薬剤師に転職したとたん、給料が跳ね上がりました。

病院薬剤師でのお給料がどんだけ安かったんだって話ですが、薬局薬剤師になってから毎月安定したお金が振り込まれるようになって、生活に安心したことを思い出します。病院で勤務していたころは、毎日のお金のやりくりに困っていましたから。製薬会社にいたころは、そんなにお金を気にせずに過ごせたんですが。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

しかし調剤薬局薬剤師は昇給が少ない。これが致命的な弱点です。

1年目から年収400~600万円を得ることができますが。それ以降の昇給は非常に少なく、役職も少ないため、出世のチャンスもほとんどありません。

管理薬剤師や薬局長になれば多少は昇給しますが、それでも一般企業のサラリーマンの昇給に比べれば遅い方でしょう。40歳前後になると、薬剤師の給料はサラリーマンに追い抜かれることが増えてくるようです。

 

この「昇給しない」というデメリットは、モチベーションにも強い影響をもたらします。

何年頑張っても給料が増えない、って、じわじわ心にくるんですよ。

日々の積み重ねでいつか昇格、昇給して、どんどん仕事が認められていくんだ、と思えたら毎日の業務にもやる気が出てくるものです。

 

しかし、何年やっても給料が変わらない、と言われたらどうでしょう。

最初はよくても、少しずつやる気とかモチベーションといったものがそがれていく感じはありませんか。

1年目の新卒薬剤師と、5年目の中堅薬剤師の給料がほぼ一緒。

薬剤師以外の仕事ですとほとんどない現象でしょう。

 

薬剤師は年次ではなく、薬剤師という資格そのものが評価される仕事ですので、しばしばこのような現象が起きます。経験やスキルがいまひとつ給与に反映されないんですよね。

 

本気で稼ぎたかったら、それこそ製薬会社で出世するか、調剤薬局を開業するか、を考えたほうがよいでしょう。

 

稼げるから薬剤師になる、は少し違う

以前、薬学生とお話しした際に、「薬剤師って初任給50万円あるんですよね?」と言われたことがあります。

どこでそういう話を聞いてきたんだ、と耳を疑いたくなります。

ドラッグストアで残業しまくっていればそんな金額になるんでしょうか…?正直、製薬会社のMRでも初任給ならその半分くらいです。50万円なんて、勤務医レベルです。無理な話です。

 

薬学部の学費が高く、年に200万円かかる現実を考えたら、初任給50万円くらいもらいたいという気持ちはわかりますが…現実は、薬剤師は、決して高給取りではなく、意外なほどつつましく生活しているものです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

じゃあ薬剤師になるメリットってなんなの?と言われたら、そこは「安定」や「転職先に困らない」「専門性が高い」という点でしょう。高給取りになりたいのであれば、医師やマスコミ、官僚などを目指したほうが手っ取り早い話です。お金を稼ぐために薬剤師になるのは、良い手とは言えません。学費も高いですからね。

 

薬剤師で初任給50万円はありえません。そこだけは覚えておいてください。