読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【病院薬剤師】やりがいだけで続けられるほど仕事は甘くなかった【転職】

転職

就職や転職を考えている薬学生、薬剤師のみなさん。

「病院薬剤師」についてどのようなイメージを抱いているでしょうか。

特に薬学生のみなさん。

初めての就職先に、「病院薬剤師」を選ぼうと考えてはいませんですか。

同級生も病院薬剤師になったから……先輩も病院薬剤師をしているから…大学の先生が病院薬剤師への就職をおすすめするから……

このような事情から、病院薬剤師への就職を目指そうとしてはいませんか。

そんな人たちに、伝えておきたいことがあります。

「かっこいい」イメージがあった病院薬剤師

わたしも学生時代、病院薬剤師に憧れた時期がありました。

なんとなく「病院薬剤師」という言葉の響きに憧れたんです。

なんというか、かっこいいじゃないですか。病院薬剤師。

白衣をさらりと纏って、病棟内を闊歩するイメージ。

医師や看護師と協同し、チーム医療を実現する。

疾患に苦しむ患者さんの健康のために、最先端の医療を駆使して戦う。

なんだか「医療職」っぽいじゃないですか。

医療ドラマでよく見る医療職って感じがするじゃないですか。

病院薬剤師として、がんを専門に業務しています……なんて言ったら、いかにも響き的にかっこいいじゃないですか。

見栄を大切にする人なら、「病院薬剤師」ってすごくおいしい響きだと思います。医療ドラマのイメージをそのままうのみにすれば、病院薬剤師って、すごくかっこいい職業のように思えます。

 

地味、薄給、陰湿、長時間労働

f:id:method-of-pharmacist:20161218121238j:plain

しかし、実際は、ドラマのようにはいきません。

わたしもよく考えず、「病院薬剤師ってなんとなくかっこいい」というイメージだけで仕事を選び、MRから病院薬剤師に転職しました。

最先端の医療を学び、医学論文をばんばん読み、患者さんからも医療職からも信頼される病院薬剤師になろう!と息巻いていました。

しかし、そんな決意もつかの間。職場環境の悪さにわたしはあっという間に病み、職場を退きました。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

患者さんのために働くはずが、自分が患者になる始末です。心も体もぼろぼろになってしまったわたしは「これ以上病院薬剤師として働くことはできない」と判断し、調剤薬局に転職しました。

結果として、調剤薬局に転職してよかったです。自分の生活のリズムを保てるようになったからです。

 

病院薬剤師に転職してしみじみと思ったのは「労働時間が長い」ということでした。

ただ長いというより、「労働」という感覚が現場にないことにわたしは戦慄しました。

医療職は自らの健康を犠牲にし、患者様のために尽くすべき。そのような価値観がごく普通に浸透しているんですよね。

一般企業だったら即ブラック案件として処罰を受けるような待遇も、ごく当たり前のこととして存在していました。残業代?出ない日もありましたね。

 

そしてお給料が安い。MRをしていたころは、拘束時間こそ長いものの、それに見合ったリターンを得ることができていました。食費や交通費は会社の制度を利用すれば相当節約することができましたし、住宅補助もありました。特に節約を意識して生きたことはなかったのですが、MRをしていたころは順調に貯金できました。入ってくるお金が大きかったのです。

 

しかし病院薬剤師は、安いです。本当にこれは目玉が飛び出るほど安いです。

労働量が少なくてお給料が安いのは、わかる。だけど、労働量は明らかにほかの職種より多いのに、給料は群を抜いて安い。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

病院薬剤師になりたい、という方は、「給料の安さ」を覚悟のうえで目指したほうがよいでしょう。

わたしが知る病院薬剤師は、メーカー5年→某公立病院に転職して15年になりますが、いまだにメーカー時代の年収に追い付いていないそうです。

メーカーが高給であることは間違いなく、病院薬剤師が薄給であることも同様です。

 

お金があることが幸せとは限りません。しかし、お金がないことで悩みは増え、苦しまなくてはならないことも増えます。

やりがいだけで、「薄給」「労働時間が長い」という問題に耐え続けられるものでしょうか。わたしは相当タフな人じゃないと続かないと思います。

 

そして人間関係。病院という職場は特殊ですから、人間関係も特殊です。わたしはパワハラやいじめのような問題に苦しみ、ストレスが限界に達したので、結局逃げてしまいました。

良い人間関係の職場であれば、多少労働環境がつらくても続けていけるものですが、さすがにパワハラがあると大変でした。そういうときは逃げるが勝ちです。

 

病院薬剤師に向いている人

 

  • 「やりがい」だけで生きていける人
  • ワタミの社長の考えに賛同できる人
  • お金のために働く、という考えは間違っていると思う人
  • 奉仕精神が非常に強い人
  • 仕事のためにプライベートがつぶされてもかまわないと思う人
  • 心が異常に頑丈な人
  • 体が異常に頑丈な人
  • 給料が安くても我慢できる人
  • 他職種とのチーム医療(なお、実際は医師のワンマン)に憧れる人
  • 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」を信じる人
  • 調剤薬局薬剤師はダサいと思う人
  • 最先端の医療(病院によって差が激しい)を学びたい人
  • 病棟業務をしてみたい人
  • 白衣を着て病棟を歩きたい人
  • 「病院薬剤師」の響きに憧れる人
  • 勉強欲>>>>>>>お金の人
  • 将来薬剤師の世界で出世したい人

 

このような方は、病院薬剤師を選んでも数年は耐えられるのではないでしょうか。病院薬剤師になった人の多くは、3年以内に辞めます。上記の環境が嫌すぎて心身の限界に達したからです。病院薬剤師が「やりがい」だけでやっていけるほど甘くないということは、知っておいた方がいいでしょう。

 

わたしは大学時代、ある先生に「病院薬剤師は、働くためにやるものじゃない。学ぶためにやるものだ」と言われたことがあります。それを聞いて「何を言っているんだ?」と疑問を抱きました。そして自分が病院薬剤師になって、しみじみと、「ああ、病院薬剤師は、社畜を凌ぐヤバさだなあ」と思ったものです。

 

きれいごと抜きで、病院薬剤師は楽じゃありませんし、お金も稼げません。

やりがいだけで続けていけるほど仕事は甘くないです。

自分がどうしてもチャレンジしたいなら話は別ですが……病院薬剤師を職業に選ぶ際には、自分の適性をよく考えて下さい。