読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部6年制は忙しいです。覚悟を持って勉強しましょう

学生生活

f:id:method-of-pharmacist:20160712223454j:plain

 

薬学部は薬剤師になるために避けて通れない道です。

薬学部を突破せずには薬剤師になることはできません。

しかし、薬学部は非常に忙しいです。

社会人になってから「学生時代は忙しかったな」なんて振り返る人もいるくらいです。

それほど薬学部というものは忙しく、入学から卒業まで勉強に追われるものです。

大学生らしい遊びなどをほとんど経験せず、遊ばずまじめに勉強ばかりせざるをえない学生生活を送ることになります。

一部の器用な人であれば遊びも勉強もこなすことができますが、難しいものです。

遊びながら薬学部を卒業までこなすことは至難の業です。

どうかそこは心得てから入学してください。

理系の教科が嫌いなら薬学部は向いていません

f:id:method-of-pharmacist:20160712223612j:plain

理科系の科目や数学が苦手であれば、薬学部は向いていません。

薬剤師の人生には理数系は一生ついて回ります。

高校生レベルの理数系教科でちんぷんかんぷんであるのであれば、薬学部は向いていません。

そのような人が背伸びして薬学部に入ったとしても、勉強に音をあげて退学してしまう未来が見えてしまいます。

悪いことは言いません。

理科や数学が嫌いな人は薬学部に進学しないほうがいいです。

入学後の膨大な勉強量に絶望することになるでしょう。

逆に理科系の科目が好きであれば薬学部は向いています。

自発的に学習することでどんどん成績を伸ばすことができ、知識を深めることができます。

薬学部はどれだけ自発的に知識を収集できるかが勝負です。

つねに興味を持って勉強することができるかは非常に重要です。

勉強内容に関心を持てないようであれば、薬学部をやり遂げることはできません。

嫌いなことをいやいや勉強しても継続しません。やる気は続きません。

理系学部が好きになれないのであれば、薬学部を目指すのは向いていません。

 

薬学部6年制は息継ぎなしのマラソン。持久戦です

基本的に薬学部6年制は6年間を通して忙しいです。

特にひまという期間はありません。常に勉強に追われます。

勉強が嫌いな人には向いていません。絶対に病んでしまうのでやめたほうがいいです。

6年間地道にこつこつ勉強できる人が薬剤師に向いています。

薬剤師は安定性のある職業として何かと人気を集めていますが、安易な気持ちで志望しないほうがいいです。

薬学部の乱立により大学のレベルが低下していることもありますが、学生の学習へのモチベーションが継続しないのも原因にあるのです。

6年間、学生らしい遊びも経験せず、地味にひきこもって勉強ばかりする生活が続くのです。

晴れやかな学生生活をイメージしていた人であれば、薬学部に入ったとたんに落胆してしまうと思います。

薬学部はいわゆるキャンパスライフとはかけ離れています。

お気楽な生活とは無縁です。毎日が戦場です。

テストとレポートと実験と実習に追われ、目が回っているうちに6年間が終わります。

あなたはそれでも薬剤師になりたいですか?

いばらの道と言われる薬学部で学生生活を送りたいと思いますか?

6年間の学生生活というのは思った以上に長く、孤独で、自分との戦いを強いられます。

安易に進路決定をせず、覚悟を持って臨んでください。

薬剤師は険しい道です。

それでも薬剤師になりたいという、強い意思を持った人は、薬学部に入学してください。