読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部の新卒就職なら製薬企業がおすすめ

就活

f:id:method-of-pharmacist:20160715155510j:plain

薬剤師の就職先は多岐にわたります。

どれを選んでも一長一短があり、どの就職先が一番だと断言することはできません。

学生さんがどういう進路を望むか、どんな薬剤師になりたいか、そのキャリアプランによって進路選択が変わるのは当然のことです。

よって、新卒の薬剤師ならばこれに就職しろ!と断言しておすすめできる選択肢はないというのが実際のところです。

しかし、個人的に言わせていただきますと、新卒での就職は製薬会社を経験しておくといいのじゃないかと思っております。

理由はさまざまですが、一番は「顧客目線が目に付く」という点で製薬会社への就職をおすすめしたいです。

井の中の蛙にならずにすむ

薬剤師の世界しか知らない薬剤師というのは、えてして視野が狭くなりがちです。

普段接する人も少ないですし、職場環境も小さい。

調剤薬局なんて特にそうですよね。日ごろ接触する人は非常に少ない。

薬剤師という環境しか知らない人は、薬剤師の外の世界を知ることができません。

しかし、製薬会社に就職すると、薬剤師として扱われることはありません。

先生と呼ばれることもありませんし、特別扱いもされません。

薬剤師だからと言ってちやほやされることはありません。

薬学部で育っていると勘違いしてしまいがちなのですが、薬剤師は世の中に数ある知識のうちの一つにすぎません。

薬剤師は重要な資格ではありますが、世の中にあがめられて当然のような職業と考えるのは少しお門違いです。

それは過大評価です。しかし、薬剤師だけの世界で生きているとそれに気づきにくくなります。

頭でっかちな薬剤師にならないために、まず薬剤師以外の世界を経験してみる。

これは小さなことのようでかなり重要です。

薬剤師が相手にする患者さんは、ほとんどが薬剤師以外の人間です。

その人たちが住む世界を知るというのは非常に重要です。

中には薬剤師というだけでとても偉そうにふんぞり返っている人もいます。

そういう人はとても残念です。

薬剤師以外の世界を知るために、薬剤師以外の職業に就いてみる経験は重要です。

その経験が薬剤師としてのレベルアップにつながることもあるのです。

新卒以外で製薬会社に採用される機会は少ない

現状、未経験者が製薬会社に採用されるケースは新卒採用しかありません。

多くの転職サイトでも、製薬会社の募集は「製薬会社経験者」に限られています。

新卒で製薬会社での経験を積んでおかないと、製薬会社への転職は非常に難しいです。

病院や調剤薬局、公務員への転職ならともかく、製薬会社への転職は、「製薬会社経験者」しか許されない、というのが現状の転職市場です。

もしあなたが製薬会社に興味がある学生であるのならば、新卒のうちに採用されるように就職活動を進める必要があるでしょう。

薬剤師としての調剤経験が製薬会社で評価されることはほとんどありません。

新卒で薬剤師の道を選んだ学生は生涯薬剤師としての転職を繰り返すことになります。

その点、新卒で製薬会社を選んだ場合は、万が一製薬会社が肌に合わなかったとしても、病院や調剤薬局に転職することができます。

そういう意味で製薬会社はつぶしが効く転職先ということができるのです。

 

製薬会社は福利厚生がいい

もともとの給料が高額なことにくわえ、住宅補助や施設利用割引などの福利厚生がついてきます。

これは地味に見えるかもしれませんが、大変大きなことです。

家賃の自己負担を抑えられるというのは非常に大きなメリットですからね。

薬剤師の場合は住居も自分で探し、家賃も自分で支払わなければならない場合が多いです。

これが「メーカーが薬局より一見給料は少ないのに、暮らしぶりは苦労しない」理由です。

給料以外で会社に生活を助けられている部分が大きいのです。

 

どの就職先を選ぶかは薬学部学生の自由ですが、新卒というプラチナチケットを使うのであれば、製薬会社へ挑戦してみることはおすすめします。

MRなら参入障壁も低く、薬学部学生でも十分有利に戦うことができますよ。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

後悔のない就職活動を送れることをお祈りしています。