読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部に入るために必要な能力とは

進学

f:id:method-of-pharmacist:20160710114203j:plain

薬剤師になるためには薬学部に入学しなければなりません。

薬学部のカリキュラムを修了しなければ薬剤師国家試験の受験資格を得ることができないからです。

薬学部で薬剤師国家試験受験資格を得るためには、6年制薬学部に進学する必要があります。

4年制薬学部でも薬剤師国家試験受験資格を得ることはできなくはないですが、非常に煩雑です。

薬剤師免許を取得することを一番の目標と考えるのであれば、6年制薬学部への進学を考えるのが効率的です。

それでは、6年制薬学部に入学するために必要な能力とはなんでしょうか。

理系教科の能力

f:id:method-of-pharmacist:20160710114413j:plain

当たり前のことですが、薬剤師は理系学部です。

高校でも理系クラスを選んでいないと受験できないことが多いでしょう(学校によっては、理系から文系へ転換することで薬学部受験が可能になることもあるでしょう。理系が文系に転換することより。その逆のほうが難しいと思うのが管理人の意見です)

理系クラスにいてその授業を理解する。当たり前ですがそれがちゃんとできなければ薬学部には入れません。

薬学部の偏差値は年々低下しています。

嘆かわしいことですが、名目だけ薬学部を名乗り、その実態は薬剤師養成学校でしかない大学も大量にあります。

ここ数年で雨後の筍みたいに生えてきた新設の薬学部なんていい例ですね。

そういう薬学部はたいがい偏差値が低いです。

ですので簡単に入学できます。

はっきり言って薬学部に入るだけならハードルは低いです。

そのへんの偏差値の低い私立大学薬学部に入りさえすればいいのですから。

そういう大学に入るのであればはっきりいって理系教科の学力なんか必要ありません。

高校生として最低限の知識さえあれば入学できます。

「薬学部に入る」ことは容易です。

薬学部が乱立している現代なら可能です。

 

しかし、問題なのは入学後です。

入学後の講義、実験、研修、研究、そしてなにより国家試験。

これについていけない状態で薬学部生活を送るのはものすごい苦痛です。

軽い気持ちで薬学部に入った挙句、講義についていけずに退学してしまう。

こんなことになってしまっては本末転倒です。

薬剤師は生涯勉強を求められる職業です。

厳しいことを言いますが、学生中の勉強を乗り越えられないようであれば薬剤師になっても大したものにはなりません。

在学中の勉強づくしの生活に弱音を吐くようであれば、そもそも薬剤師に向いていません。

薬剤師は勉強しなければならない職業です。

理系の教科…特に物理、化学、生物の知識がないと勤まりません。

これらの教科がどうがんばっても克服できない、好きになれないという学生さんは薬学部を選ばないほうがいいでしょう。

国家試験でもこの「物理、化学、生物」に苦しめられて不合格に落とされた受験生は大量にいます。

理系教科への苦手意識は高校生のうちに直しておきましょう。

入学後に間違いなく苦しむことになりますので。

 

英語力

f:id:method-of-pharmacist:20160710114533j:plain

意外かと思われますが英語の能力も重要です。

もちろん大学受験で英語が出題されることもそうですが、入学後も英語力を求められます。

入学直後は英語とは無関係の生活を送るかもしれませんが…研究室に配属された後、英語力が求められます。

研究には英語はつきものです。なぜなら、研究論文を読まなければならないからです。

研究論文の標準言語は英語です。

英語の論文を読めなければ話になりません。

また、英語で論文を書くことも重要です。

国際学会に出る場合には英語でプレゼンテーションをすることもあるでしょう。

薬学部を卒業するためには卒業論文、あるいは卒業研究をクリアすることが必要です(これが免除される学校もありますが・・・)

つまり、薬学部を卒業するためには英語力が必要になるということです。

薬学部に入学した時点では高校生の標準程度の英語力があれば十分でしょう。しかし、卒業論文や研究をつつがなく済ませたいのであれば、英語力の鍛錬は入学後も継続したほうがいいです。

TOEICを受けたり、時間的に余裕があれば留学をすることもいいでしょう。

 

薬学部は入学することもそれなりに難しいですが、卒業すること、薬剤師になることはそれよりはるかに難しいです。

上記の能力を磨いたうえでも壁にぶつかることは多くあるでしょう。

それでも薬剤師になりたいという強い意思を持った高校生の方は、ぜひ薬学部にチャレンジしてみてください。