読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部卒業したけど留学を経験しなくて後悔している

f:id:method-of-pharmacist:20161103112140j:plain

薬学部は忙しいです。

このブログで何回も伝えていますが、本当に忙しいです。

入学して早々、講義に実験にレポートにテストに研修……

毎日毎日、信じられないほど勉強づくしです。

大学受験で勉強してきたのに、さらにこれ以上に勉強しなければならないの?

まさに絶望の日々です。

こんな勉強まみれの日々を6年間も過ごさなければならないのですから、薬学部はまさに修羅の道です。

 

そんなつらい道のりを乗り越えてようやく薬学部を卒業し、薬剤師になった私ですが、後悔していることがあります。

それは「留学」です。

留学しないで後悔している

今思えばほんとに留学しとけばよかったなーって思うんですよね。

社会人になってからは、海外で暮らす経験なんてほとんどできない。

数週間の短期でもいいから、留学してみたかったですねー。

アメリカでもイギリスでもオーストラリアでもどこでもいいんですけど、英語圏ならなおよしです。英語の勉強をもっと生身でしとけばよかったなって。

「薬剤師に英語力は必要あるか?」という問題なんですが、将来的には必須スキルになると私はにらんでいます。調剤薬局にいると英語が使える薬剤師はほとんどいないのですが、今後移民とか増えてきますとね…日本もボーダレスになるはずですし、英語というコミュニケーションツールを備えておく必要性はあります。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

英語力があれば、臨床以外でも薬剤師として活躍することができます。

知人の薬剤師は、製薬会社で治験翻訳の仕事をしているそうです。

ヨーロッパの規制当局に提出する新薬申請書類(もちろん英語)を作成する仕事に携わっているそうです…薬剤師の資格があると、デスクワーク方面でも需要があるんですよね。

 

忙しすぎて留学するひまがなかった

言い訳です。忙しすぎて、勉強やサークルに時間を取られすぎて、留学の準備するのが本当にめんどくさかったんですよね。来る日も来る日も課題をやっつけるので必死でしたから。他学部の友人が留学しているのを見て「いいなー」と思ったりはしましたが、実際に自分もチャレンジしてみようと思うことはありませんでした。もっと積極的に動いておけばよかったなぁ。留年とか卒業延期が怖すぎて、全然寄り道する勇気がありませんでした。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ただ、今思うと、卒業に少し時間がかかってでも、留学にチャレンジしておくのは非常にいいことなのかなって思います。

特に、製薬会社の研究職とか、アカデミックでキャリアを積みたいような方なら留学はおすすめです。海外の大学で薬学を勉強し、海外の学生と交流する機会を持つこと。

研究の道で名を残すなら、海外への進出は必須事項です。学生のうちから留学するのも一般的な選択肢です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

製薬会社に入社した際、留学経験者が多くて驚いた記憶があります……

やはり学生時代というのは人生でもっとも体力と時間がありあまっている時期ですから、いろんなことにチャレンジするべきだと思うのですよね。

 

「いつか留学してみたいな。でも忙しいんだよな…」と思っている方も、ちょっと勇気を出して留学を検討してみてはいかがでしょうか。語学がさっぱりできなくても、現地に行けばどうにかなるものです。中学レベルの英語しかできない友人も、なんだかんだでカリフォルニアで1か月暮らしていました。

 

大学時代というのは時間と体力が人生でもっとも有り余っている時期です。薬学部でさえ、どうにか時間をねん出すれば留学くらいはできます。

社会人になったら簡単に海外にふらっと遊びに行くのは難しくなります。お金こそ余裕ができても、時間や体力の面でつらくなってきます。仕事しながら海外に行くのってめっちゃ体疲れるんですよね…

 

行ってみたいなぁ、と思っている方は、ぜひ学生のうちにチャレンジしてみてください。きっと人生の貴重な経験になります。