読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部の夏休みは短い。つらいけど勉強しよう。

学生生活

f:id:method-of-pharmacist:20160730190422j:plain

いよいよ七月も終わりますね。

全国的に梅雨明けしましたし、夏本番ですね。

薬学部の学生さんにおかれましてはどのようにお過ごしでしょうか。

テストで死にそうでしょうか、あるいはレポートで死にそうでしょうか。

セミナー準備や実験で死にそうでしょうか。

運よく夏休みにありつけている学生さんは、どれくらいお休みを取られるご予定でしょうか。

数日ですか?数週間ですか?

まさか、ほかの学部のように2か月以上も休めると思っているわけじゃありませんよね?

薬学部は夏休みが短い

薬学部は夏休みが短いです。

常に講義、テスト、実習、実験、もろもろの理由で大学に通っています。

学年が上がるにつれて忙しくなります。

ほかの学部では学年が上がるにつれて大学に通わなくてよくなるという摩訶不思議な現象が起きているようですが、薬学部にはそれは通用しません。

学年が上がるごとに大学に縛られるようになります。

ブラック研究室につかまった場合なんかさらに悲惨です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

夏休みの「な」の字も言おうものなら実験を倍に増やされます。

代休などありません。

ブラック研究室に休みの文字などありません。

ひたすら実験、研究、研究室の雑用…奴隷のように働かされます。

基本的に薬学部に入った場合、一般の学生のように休める生活というのは期待しないようにしましょう。

学部によっては夏休みが2か月半あったり、春休みが2か月半あったりとするそうですが、そんなものは幻です。

薬学部で生きていくうえでそのような休みなどありません。

勉強しましょう。

薬学生は学畜なので、免許をぶら下げられたら何も文句は言えません。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

6年間かけて薬学生は学畜体質をおのずと身に着けていきます。

休みが短いことはあきらめましょう。

薬剤師の免許の代償ということであきらめましょう。

ほかの学部の友達が楽しそうに夏を満喫していても無視しましょう。

平日から夏フェスに海にリアルを充実していも無視しましょう。

……リアルを楽しむ機会がどんどん少なくなっていくので、薬学生は自然とコミュ障になっていきます。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

夏休み、それは幻

どれだけほかの学部の学生が夏休みを満喫して悔しい思いをしていても、仕方ありません。

薬学部はそういう学部です。

休みが本当にないのです。

大学によりますが、基本的に1年中勉強していなければならない学部です。

地獄のようでしょう。なまけものの人には拷問でしかありません。

だって時期によってはアルバイトもままなりませんからね。

短期バイトとか塾講師に頼らざるをえません。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

しかし、薬剤師免許を取得するためにはこの勉強の嵐に耐えなければなりません。

人生が一番楽しい18歳~24歳の6年間をどぶに捨てるくらいの覚悟で、勉強に打ち込んで下さい。

免許をゲットできれば、こっちのものです。

あとはリストラとかワーキングプアーと無縁の生活を送ることができます。

アルバイトでも時給2000円以上の待遇を得ることができます。

薬剤師になる恩恵はとても大きいです。

薬学部の夏休みが短いことはものすごく悲しく悔しく空しいことですが、将来のための投資と思って耐えてください。

「遊べない」ことは薬学部では当たり前のこと。

そう心得ておいてください。

本音を言えば、私も学生時代はもっと遊びたかったですけどね…。