読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【薬剤師】地元でゆっくり働きたい人には調剤薬局がおすすめ【就活】

就活

就職するにあたって、何を重要視するかは人によって異なってきます。

たくさんお金を稼ぎたい、プライベートの時間がほしい、出世したい、土日休みが良い…

人それぞれです。それぞれが重視する基準によって仕事選びは行われます。

その中でも「勤務地」というのは意外に重要です。

生涯転勤しなければならない、というのは想像以上にしんどいです。

ひとつどころに腰を据えて仕事をする、というのは理想の仕事のあり方のひとつです。

地元で働くなら調剤薬局がおすすめ

地元で働きたい!地元でゆっくり薬剤師としてキャリアを積みたい!

そんな方には、調剤薬局への就職がおすすめです。

地元でゆっくり働きたい人が調剤薬局や病院を選んでしまうと、職場とのミスマッチが生じるおそれがあります。

慣れ親しんだ土地でゆっくり薬剤師として働きたい、ワークライフバランスを大切にしたい…そんな方には、調剤薬局がおすすめです。

 

 

転勤がない

f:id:method-of-pharmacist:20170308192730j:plain

これが地元で調剤薬局薬剤師として働く大きなメリットであると言えるでしょう。製薬会社の総合職に就職したならば、全国転勤は免れません。調剤薬局でも全国チェーンの薬局なら、違う地方に転勤なんてざらにあります。地元で展開している地域限定の調剤薬局であれば、転勤のリスクを最小限にすることができます。

 

ワークライフバランスを大切にできる

一般的に、調剤薬局はほかの職種に比べてワークライフバランスを安定させられます。激務の薬局もあるにはありますが…少なくとも可能性は低いです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

製薬会社のMRだとワークライフバランスはほぼありえませんし、病院でも夜勤があるので厳しいところです。ちゃんと夜寝て朝起きる健康的な生活を送りたい方には、調剤薬局への就職をおすすめします。

 お金がたまる

地元で実家暮らしをしながら調剤薬局薬剤師として働く。実はこれ、えげつないほどお金がたまる選択肢です。製薬会社に就職すると給料こそ高いものの、転勤などで地方に一人暮らしになり、生活コストが高くつくことがあります。病院薬剤師はそもそもの給料が低く、昇給も何年も待たないといけません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

調剤薬局は、新卒当初から平均以上のお金がもらえます。年収400万円を下ることはないのではないでしょうか。地方で働いていたりすると「地方手当」がつく場合があります。他の人が働きたがらない地域であえて働くことにより、その土地で働くボーナスがもらえる。これが地元だったらいうことないですよね。

 

実際、地元で調剤薬局薬剤師をしている友達は、えげつないほどの貯金があります。一般的なサラリーマンの平均をはるかに超えています。物欲が少ない人でしたら、あっという間に老後資金を貯めることができるでしょう。

地元×実家暮らし×調剤薬局、これは最強です。

 

何を重視したいかをよく考えよう

f:id:method-of-pharmacist:20170309190620j:plain

地元での調剤薬局薬剤師は、ワークライフバランスが安定しており、お金もたまります。転勤のリスクもありません。

いいことづくめのように思えるかもしれません。しかし、都会で暮らしたい、刺激のある環境で働きたい、最先端の医療を学びたい…そのような気持ちを持っている方が地元で調剤薬局に就職してしまうとマンネリ感を抱いてしまうことは否めません。良くも悪くも安定しているので、刺激がないのですね。

 

せっかくの20代、華やかに刺激ある生活を送るか、地元で堅実に暮らすか、どのようなワークライフスタイルが自分に望ましいか、就職活動を機によく考えてみるといいでしょう。