読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【薬剤師】仕事をやめる勇気も、続ける勇気も両方大切【転職】

年が明けて、年度末にむかって時間が動き出すと、自分のキャリアを考え始める人が増えてきます。

 

周りにもいませんでしょうか。今の仕事をやめたい、新しいキャリアに踏み出したい、みたいなことを言う人は、今の時期、少なくありません。

周りが動き出すと、なんだか自分も今のままでいいのだろうか?漫然と働いていていいのだろうか?と、心の中であせりが育ってきます。

そのあせりを否定する必要はありません。自分のキャリアを今一度、落ち着いて見直すべきときが、来ただけですから。

 

転職する勇気

仕事をやめ、違う仕事に挑戦する。

これはたいへんな勇気が必要なことです。

仕事やめたいやめたいと口で言いながら、実際に行動する人というのはわずかです。

あなたが本当に心から取り組んでみたい仕事があるのなら、えいやと動き出す勇気が必要です。周りが反対することもあるでしょう。

それでも、自分の本心で決めたことならば、躊躇も後悔も無いはずです。

 

友人に、わずか新卒一年で転職した薬剤師がいました。

製薬メーカーでMRをしていましたが、営業の仕事がどうにも肌に合わず、調剤薬局併設型のドラッグストアに転職しました。

 

転職の際、多くの人は彼に反対しました。せっかく新卒で入社した会社なんだから簡単に離れるな、まずは3年我慢してみないか、すぐに辞めていては逃げぐせがつくぞ…ほとんどの声は彼を反対しました。

 

しかし、実際彼は、今ごく普通に幸せな薬剤師生活を送っています。新卒の就活と違って、自分が本当に譲れない条件で職場探しをすることができたので、満足度も非常に高かったようです。仕事をしながらの転職活動でしたが、まだ新卒1年目で若かったこともあり「第二新卒」としてスムーズに内定しました。

 

すぐ辞める=デメリットばかり、ではありません。むしろ、職場に長くいつきすきて若さを失ってしまうのに比べれば、さっさと見切りをつけて逃げてしまうのも賢い選択なのです。

 

 

仕事を続ける勇気

f:id:method-of-pharmacist:20170117184050j:image

一方、今の仕事を続ける、という決断をするのも、ノーリスクな行為ではありません。転職市場で若さは重宝されます。へたに勤務年数を積みすぎてしまうと、扱いにくい人材として、中途採用する価値が下がってしまうおそれもあります。

 

葛藤があってもあえて今の仕事を続ける、というのも戦い方の1つです。

友人に、新卒で病院薬剤師に就職した人がいました。最初の1年目は調剤室にこもりきりで、患者さんにも全然会えない、単純作業の繰り返しで働くモチベーションが上がらない、このままキャリアを積んでも薬剤師としてレベルアップできないのでは…と愚痴ばかりでした。

 

 

しかし、「とりあえず3年」を地で行く彼女は、環境に不満があってもひとまず耐えることにしました。「いつか変わるだろう」「そのときまで仕事をつなげば、なんとかなる」そう思って彼女は働き続けました。

転職より、働き続けることを選んだ彼女に、2年目の夏、転機が訪れました。職場の人事異動により、病棟業務を担当するようになったのです。

 

臨床を感じたいと希望していた友人には、病棟業務はやりがいある仕事でした。そして下積み時代の経験や知識も味方して、周囲の信頼を得る病棟薬剤師へとスピーディな成長を遂げることができました。

 

成長の手段は、転職だけではありません。今の場所でしか、コツコツ積み上げられないものというのも、たしかに存在するのです。

 

慎重に、確実に

転職することはとても勇気が必要なことです。だけど、今の仕事を続けることだって大事なことです。

 

あなたは人生でなにを実現したいですか?譲れないものは何ですか?どんな薬剤師になりたいですか?

 

考えてください。そしてその予想図は、今の仕事ではどうしても実現できないものなのでしょうか?

 

今の仕事にどうしようもなく不満があったり、他にやりたいことがあったりするのであれば、転職は有効な手段でしょう。

しかし、転職したからといって、あなたが本当に求めるものが手に入るとは限りません。それは今の仕事をしながらでも得られるものではありませんでしょうか?

 

 

つまらない、つらい、やりがいがない、先が見えない…

転職する理由を考えつくのは簡単です。転職することじたいも簡単です。とくに薬剤師は引く手あまたです。調剤薬局やドラッグストアなら、内定を得られないことはまずありえないでしょう。

 

しかし、決断するときは慎重に決断しましょう。なんとなく、の気分だけでの転職は、だいたい失敗します。徹底的に自己分析し、自分の強み弱みを洗い出し、自分が今後なりたい人生図を明確にしましょう。

 

慎重に、そして確実に。簡単にできる薬剤師転職だからこそ、仕事を続ける勇気、というのも考えてみてください。