読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

働きたくないのではなく、「働かされたくない」だけなんじゃないのか

仕事

f:id:method-of-pharmacist:20160728104434j:plain

あなたは仕事をしたいですか?

働きたいですか?

率直な質問ですが、あなたならどう答えますでしょうか。

人は仕事をしないと生きていけません。

よっぽど資産が豊かにある人なら別ですが、ほとんどの人は、今の生活を維持するためには仕事をしなければなりません。

働くことで収入を得て、食事をする、住宅代を払う、衣服を買うなどの生活インフラを整えることになります。

人間が人間らしく生きるためには収入が必要であり、収入を得る手段としては労働が用いられるわけです。

それにしても。みなさんは働きたいですか?

自分の人生、ずっと働いていたいですか?

働きたくないでござる

はっきり言って、私は働きたくないです。

働きたいか、働きたくないか、と聞かれたら答えは歴然としています。

働きたくないに決まっています。

遊んで暮らしたいに決まっています。

だって普通に考えて嫌ですよ。

暑い日も寒い日も満員電車に乗って通勤して、台風だろうと大雪だろうと人まみれの駅に突っ込んで行って、体調がしんどい日でも出勤して、熱が出ているのに残業して…

こんな生活、望んでやりたい人なんかいますか?

そもそも「将来なりたいものはなんですか?」って質問じたい、私は昔から「働かずに暮らせるようになりてえなあ」って答えつつも「薬剤師です(キリッ)」って答えるような人間でした。

いやもう、本気でやりたい仕事がある人は別ですよ。

絶対スポーツ選手になりたい!とか絶対音楽で成功したい!とか絶対この事業で成功したいんだ!とか明確に熱望するものがある人は別ですよ。

夢の実現に向けてめちゃくちゃに努力することは素晴らしいことです。ぜひそのエネルギーを存分に夢の実現に注いでください。

しかし、私はそこまで意識の高い人間ではありません。人生を懸けてやりたいことなんて、見つかっていませんし、この先も見つかるかどうかなんてわかりません。

それでも「やりたいことがないから働かないでござる」なんて言っていたらあっというまに餓死してしまいますから、仕事を見つけて働かなくてはならないんです。

そこで一番失われる可能性の少ない仕事といえば「医療」だから、医療系の専門職種である薬剤師の免許を取ることにしたんです。

これは以前の記事にも書きましたが「やりたいことがない人は薬剤師になろう」に通じるものがあります。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

働きたくない…という意識の低い人であっても、「薬剤師」という免許さえ持っていれば、生活の安定は約束される。

薬剤師は意識の低い人間のライフラインとして活躍するわけです。

働かされるのが嫌なんじゃないか?

ただ、この「働きたくない」って実際のところは「働かされたくない」なんじゃないのかって思うんです。

要は、人の指示どおりの時間に出勤したり、人の言うことに従ってやりたくないことをやらされたり、人の言うとおりの時間になっても帰してもらえなかったり…

自分のやりたいように仕事をやらせてもらえない状態=働かされている状態、が嫌なだけなんじゃないか、とも思うんです。

もしも自分の好きな時間に出勤してもよくて、自分の好きなように仕事を進めてもよくて、自分の好きな時間に退社してもいい…

そんな職場があるのであれば、「働かされている」という意識は少なくなるのではないでしょうか。

自分のやりたいように、やる気が向くままに「働く」ことじたいは、本来は楽しくモチベーションが上がるものですから。

それこそ月並みな言い方ですが「時間と場所にとらわれない」働き方ができるのであれば「働きたくない」状態からは脱出できるのではないでしょうか。

そんな職場は現代では少ない

f:id:method-of-pharmacist:20160728104314j:plain

まあ一部の在宅ワークを除き、なかなか「時間と場所にとらわれない」働き方ができる職場なんて少ないのが現状です。

大多数の勤め人は定時にオフィスに向かい、本意ではない仕事をやり、定時ではない時間に退社しています。

「働かされている」状態です。「社畜」と呼ばれるゆえんはここにあるのかもしれません。自分の意思で仕事を進めるのではなく、会社の言うままに働かなければならない状況は誰もがつらいですからね。

しかし、楽しかろうと楽しくなかろうと、やるのが仕事です。

「給料は我慢代」と言われるのも、勤め人がしんどいからこそ言われることでしょう。

私は石油王が自分の生活をサポートしてくれるのであればそりゃ働かずに悠々自適に暮らしていきますが、あいにく石油王が近所にいないので、自分で食い扶持を稼がなければいけない状況です。

働きたくない!!

毎日そううめきながら仕事をしています。

イヤイヤ「働かされる」から、自律的に「働く」状態に移行すれば、楽しくなるはずなんですが…まだそれは遠い未来のようです。