読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師になった理由はなんですか?

仕事

f:id:method-of-pharmacist:20160723170632j:plain

こういう質問を投げかけたとき、世の薬剤師のみなさんはどのような回答をするのでしょうか。

この世にはたくさんの職業がありますよね。

別に薬剤師に限らなくたっていいわけです。

なのにわざわざ、勉強期間も長くてお金もかかる薬剤師を目指す人は、今も昔も絶えないのは、いったい何故なんでしょう?

薬剤師はそんなにみんなが憧れる職業なのでしょうか。

あるいは社会的地位の高い職業なのでしょうか。

あるいはやりがいがある職業なのでしょうか。

生活が安定するから

夢をぶち壊すようで申し訳ありませんが、正直これが本音でしょう。

少なくとも私はそうです。

 

薬剤師は国家資格です。

そうそう仕事にあぶれることはありません。

職場をえり好みさえしなければなんとか生きていくことができます。

 

薬剤師のアルバイトなら時給2000円以上もらうことができる。

派遣薬剤師なら、条件によっては年収800万円以上を狙うことだってできる。

 

とにかく、今の時代は薬剤師に恵まれています。

この状況がいつまで続くのかはわかりません。

 

しかし、今現在、薬剤師の需要が高まっていることは確かです。

今の薬剤師で就職に困っている人など見たこともありません。

望み通りの場所に行けなかった、という話ならともかく、「そもそも仕事がなかった」などという人はまずいません。

不況にあえぐ現代でこの状況はまさに奇跡です。

薬剤師の資格さえ持っていれば生活に困ることはありません。

 

もちろん、今がそうでも今後も同じとは言い切ることはできませんが…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

どうにか生活していくことができます。

これを最大のメリットとして薬剤師になった人は非常に多いのではないでしょうか。

違いますか?

薬剤師の方は、私が知る限り非常に現実主義の人が多いように思います。

常に未来のリスクを想定して動いている人が多いです。

若いうちから薬学部なんて選ぶくらいですからね。

根がしたたかなのでしょう。

 

 

前向きな理由で薬剤師を目指す人が少ない

昔から思うことなのですが、前向きな理由で薬剤師になりたい人が少ないんです。

具体的には「薬剤師になって○○したい」「こういう夢を実現したい」「業界でこういうスタンスの人になりたい」といった将来のビジョンです。

具体的に薬剤師の人からそのような理想を聞いたことは私はあまりありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

むしろ「仕事に困らないから」「生活が安定するから」「リストラの心配がないから」といった後ろ向き…リスクヘッジばかりをとらえた理由で薬剤師を目指す人が多いように感じます。

 

もちろんリスクヘッジはたいへんすばらしいことなのですが、あまりにもネガティブではないかと思います。

個人的にはあんまり薬剤師で野心家というか、理想に向かってオラオラ突っ走る人って見たことがないので。

 

せっかく生活に困らないという大きなメリットがあるのだから、それを活かしてもっと攻めたことをやってみてもいいんじゃないかって思います。

 

「免許を取る」ことが最終目標ではなく、「免許を持って何をやりたいのか、どうしたいのか」が人生で大事なことです。

くれぐれも免許や生活の安定に振り回されず、自分が本当にしたいことってなんなのかをじっくり考えてみてください。

 

そりゃ趣味に生きると決めている人なら仕事なんてどうでもいいでしょうけれど、あまりにも仕事へのモチベーションが低いと生きてて面白くないですよ。

仕事でどんなことを実現したいのか、日ごろから想像しておく練習をすることをおすすめします。