読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師が年収アップを実現するために気を付けるべきこと

仕事

f:id:method-of-pharmacist:20160723095610j:plain

薬剤師は楽して稼げる職業と思っていませんか?

とんでもありません。

薬剤師は結構な激務ですし、年収も決して高額とは言えません。

平均年収は約530万円です。

日本の一般的なサラリーマンの年収よりは高額ですが、同じく6年間大学に通う医学部と比べてみたらいかがでしょう。

医者の平均年収は約1000万円です。

医学部と同じように6年間大学に通い詰て勉強漬けの日々を送っているにも関わらず、実情としては、医師に大きく先を行かれています。

薬剤師と医師には絶対的な差があります。

薬剤師が高い年収を望むとき、何を心がければいいのでしょうか。

コミュニケーション能力は絶対に必要

冗談のように思われるかもしれませんが、コミュニケーション能力は重要です。

あたりまえじゃん、と思うかもしれませんが、これができていない薬剤師は非常に多いのです。

患者さんに対してちゃんと笑いかけているか。

適切な言葉遣いができているか。

失礼のない対応ができているか。

職場の中でもトラブルを起こさない行動ができているか。

あたりまえのことですが、これらをしっかりと実行できている薬剤師というのは少ないのです。

薬剤師がコミュ障が多いというのは悲しい話ですが、事実です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

薬学部という狭い世界で6年かも生きていると、どうしても人間としての幅が狭くなってしまいます。

恐ろしいのは、自分が世間知らずのコミュ障であることを自覚しないまま社会に出てしまうということです。

私は製薬会社を経験しましたが、いわゆる一般的な大学生というのがコミュ力の塊のように見えて圧倒されたものです。

薬学部で勉強ばかりしていると、生身の人間に触れてコミュニケーションを積む機会がどうしても少なくなってしまいます。

コミュニケーション能力の有無は、薬剤師として価値を高めるため最重要といってもいい要素です。

職場で求められるメンバーとして、最低限のコミュニケーション能力を身につけましょう。

実務経験の実績を積む

たとえば総合病院の門前薬局で何年働いてこういう診療科の処方にも対応できます、とか、こういう資格を取得しました、とか、こういう学会での発表経験があります、とか。

ただ漫然と薬剤師として働いているだけでは、一生新卒のままです。

新卒とは違う薬剤師としての自分をアピールするために、実務経験を積みましょう。

製薬会社での経験や、病院での勤務経験は、転職市場では重宝される傾向にあります。

また調剤薬局でも、総合病院の門前などで多種多様な診療科の処方箋に対応している実績があれば、年収のアップが望めます。

ただの薬局でぼんやりと何年か働いているだけでは、ほかの薬剤師と差別化することはできません。

常に自分にしかない武器を見定め、それを磨く作業に集中してください。

この先は薬剤師も生き残りに必死な時代です。

免許を取得したからといって決して慢心せず、地道にこつこつ勉強しましょう。

運転免許があること

f:id:method-of-pharmacist:20160723095729j:plain

とくに調剤薬局では免許がある薬剤師は重宝されます。

在宅業務が増えているので、患者さんのお宅まで車を飛ばしていける薬剤師というのは貴重なのです。

とくに都心部では運転免許を持っていない薬剤師というのは意外に多いので、ねらい目です。

在宅医療は、今後の高齢化で間違いなく需要が高まる分野です。

それに備えて、患者さんのお宅へびゅんびゅん車を飛ばしていけます!とアピールできる薬剤師は、間違いなく需要が高まります。

学生さんは在学中に運転免許を取りましょう。薬剤師の方も、将来に備えて免許を取得しておくことをおすすめします。

 

 

今後薬剤師は供給過多の時代になり、役に立たない薬剤師は排斥されてしまう時代がやってくると予想されます。

常に生き残りを意識しないと取り残されてしまいます。

薬剤師といえどもぼんやりはしていられないのです。

年収アップ、そして薬剤師としてのプレゼンスを高めるために、日々精進しましょう。