薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【社内ニート】日曜日の夜が憂鬱すぎる新入社員は、うつ病になる前に転職しろ【社畜】

毎日毎日お仕事ご苦労様です。

新入社員のみなさん大丈夫ですか?生きてますか?心折れていませんか?

社会という洗礼を受けてヒイヒイ言っていませんか?「死にたい…」ってなっていませんか?いかに今までが甘やかされた環境に置かれていたか痛感していませんか?

社会とはそういうものです。社会人という歯車が使い古され、故障したものは放置され、使えるやつは限界まで使い倒され、月に1回振り込まれるわずかな給料にしがみついて生きていくのが、社会人の人生というものです。絶望です。

目の前に何も明るいことが見えないかもしれません。安心してください。この先もずっと明るいことなんて見えません。人生はクソです。暗いことだらけです。かんぽ生命のCMで「人生は夢だらけ」なんて言ってますがあんなのうそですからね。くれぐれも騙されないでください。この世は罠だらけです。

日曜日の夜の死にたくなる感じは異常

f:id:method-of-pharmacist:20180416184244j:plain

金曜日の夜の解放感は異常ですよね。長い拘束から解き放たれて、さあ飲むぞ、休むぞ、寝るぞ、遊ぶぞ…いろいろ考えるかもしれません。しかし実際には体は疲れ切っていて休日は昼まで寝ていて、がさがさと何かをむさぼり食い、ぼけーっとスマホをいじり、特に見たくもないテレビを見て、外に出る気力もなく、休みの日に手をつけようとしていた趣味にもやる気がでず、時計の針だけが無情に進んでいき、「ああ…気づいたら夜だ…」と気づき、のろのろとアパートを出て、近くのコンビニかスーパーでお弁当とビールを買い、ビールをすすりながらベッドにもたれかかりながらTVをぼーっと見るかネットサーフィン。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

休みの日はどこそこに行こうって計画していたはずなんだけどな…なんで一日中家にいるんだろうな…まあいいや明日行けばいいか…お酒でぼーっとした体をそのまま床に横たえて仮眠。深夜に目が覚めて日付が変わっているのを見て「ああ…もう日曜日…ということはこの24時間後は月曜日…ああいやだいやだいやだ…」と頭を抱え、頭を冷やすためにシャワーを浴び、また適当にネットをいじりながら深夜アニメを見て鬱屈とした気持ちをごまかし、また寝落ち。次に目が覚めたときにはまた日曜日の昼間。もう遠出する気力もなく、またてきとうに食事をしてネットをする日々…習い事や勉強する気力も、買い物に行く体力もなく…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

「今週も何もすることなく終わってしまった…」と白目をむきながら窓の外の夕陽を眺めるのです。そして始まる「サザエさん」。東芝がスポンサーでなくなろうとあなたの気持ちを崩壊させるには強大なパワーを持っています。なんならその前のちびまるこちゃんの「おどるポンポコリン」で精神崩壊します。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 こういうことの繰り返しです。社会人はコレの繰り返しです。楽しみも何もあったものじゃありません。延々とこれです。仕事で使い倒され、上司にいびられ、先輩につまらない飲み会に連れて行かれ、わけのわからない出し物をさせられ、セクハラまがいのボディタッチをされ、家では死んだように眠り、休日では愚痴る相手もおらず、家の外に出る体力も残されておらず、なんなら休日出勤の予定が入り、常にノーパソをかちゃかちゃしないと会社から指を差される日々が続くのです。社会人が楽しいなんて嘘です。そんなの一部のハイスペとキラキラ女子が見せている幻想です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

98パーセントの社会人は「社会なんてクソだ」と思いながら生きています。社会に夢なんて持ってはいけません。新卒の企業説明会ではキラキラしているように見えた?そりゃあどこの会社も優秀な人材を募集するために必死ですからね。夢見せるのに必死ですよ。あなたみたいな人生経験が少ない学生を騙すことなんて簡単ですよ。社会人なんですから。どうしたら学生が誤解して入社してくれるか、やつらは巧妙な戦略を練って仕掛けてきます。悪いところにはふたをして、自分の会社がいかにホワイトで夢にあふれていてみんないきいきと働いているか…という虚構を見せびらかします。99パーセントウソです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

よくある「社員の1日」なんて言うのも嘘です。本当はもっと早く出勤しますし、遅くに退勤します。そういう企業のウソに気づかずに入社してしまった新入社員の皆様、ご愁傷様です。やっちまいましたね。あなたは企業に騙されてしまった民です。この先「ホワイトな未来」なんて待っていません。早くあきらめましょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 【おすすめ】

↓社畜で干からびていく前に、自分の未来を考え直してみませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの無料会員登録!

 

新人薬剤師だったけど、ガチでうつ病になりかけた

f:id:method-of-pharmacist:20180416184541j:plain

わたしも前職は病院薬剤師というブラックな職業でした。

薬剤師なんてホワイトなんじゃないの?病院で働くなんていっぱい給料もらえるんじゃないの?って思うかもしれません。そんなの大間違いです。実際は拘束時間は異常に長いですし、給料ももらえません。なみの製薬会社のMRのほうがよっぽど稼げます。専門職なのに…素人の営業のほうが稼げるなんて…絶望しました。そして当直という長い長い過酷な勤務がありますし、調剤はリスクを伴いますし、中身の人間関係は最悪ですし、メンターは性悪でしたし、本当に救いようのない環境でした。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 何が一番こたえるって人間関係がくそってことですね…社会人として続けていく要素のうちで「やりがい」「給料」「人間関係」のうち2つが満たされていればなんとか続けていけられるらしいですけど、私の場合3つともアウトでした。むしろ勤めれば勤めるほど「ここに私がいる意味とは…?」「仕事をする意味とは…?」「なぜ明日も出勤しなければならない…?」と独りで思い詰めるようになりました。一人暮らししていたので、余計に孤独感は強くなりました。実家ならまだ愚痴を言いまくって気を紛らわせていたかもしれませんが、部屋は一人でしたし、慰めになるようなペットもいませんでしたし、愚痴に付き合ってくれる同僚もいませんでした。むしろ同僚が敵でしたから…弱みをさらけ出そうものなら袋叩きに遭うような環境でしたから、常に気を張っていないといけませんでした。いやーつらかった。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 よく「石の上にも3年」といいますが、とてもじゃないけど3年も続けられるコンディションじゃありませんでした。あれで3年もやってたら確実に病みます。というか現に病んでいました。食事はできないし睡眠もとれないし、家の外にも出れない。趣味をやる気もないし「なんで生きてるんだろう」って何回も意味のないことを自問自答していましたし、目の前が真っ暗って状態でした。自分の人生、この先どこにも行き場所が無く、暗いトンネルの中に消えていくのかと思うと恐ろしくて仕方ありませんでした。ようやく眠れたと思っても悪夢で飛び起きてしまったり…パワハラされていたこともあって、憎い上司のことも夢に出てきて夜中に吐いたり…朝出勤しようとすると意味もなく涙が出てきて玄関から動けなくなったり…今思えば完全に精神を病んでいました。うつ病だったんじゃないかと思います。玄関に足を縫いとめられてしまったかのように動けなくなっていました。「なんで…今日も出勤しなければ…その意味は…?」と考え込んでしまい、涙がぼろぼろあふれ、頭を抱えて何時間もその場を動けなくなっていました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

「このままではいけない…」と思う方は下記リンクから一歩を踏み出しませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの会員登録!

ガチで病む前に逃げるのも手段

わたしは結局ガチで病んだ状態だったのですが、あわてて転職することで、本格的な病気から逃れることができました。幸い薬剤師という資格を持っていたので「こんな職場やってられるか!!もっとホワイトな職場に行くんだ!!」という決意をして病院から逃亡することは早くから決めていました。それにしても、もっとカッコイイ職場かと誤解していたんですけど「病院薬剤師」ってブラックですよ。病院にもよるのかもしれませんが、わたしが働いていた病院は本当にひどかったです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

職員を人間とも思っていないような扱いです。「社畜」ってこういうことかと思いました。同僚も一様に目が死んでいましたし、もうなんというか、生きることとはこんなにつらいのか、蟹工船の「おい、地獄さ行くんだで」とはこういうことなのかと思いました。地獄とは生きながらも体験できる。もはや現世こそ地獄なのだ、と悟らせるのに十分な環境でした。いやあもうひどかった。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ただ、転職することで、最悪の事態は回避することはできました。人間関係も前よりは良好ですし、むちゃくちゃな勤務時間を強いられることもありませんし、変なハラスメントもありませんし、人間らしい生活を送ることができます。それだけでも気持ちの面で全く違います。前までは仕事に追い詰められて死にかけていた生活でしたが、転職後は自分の生き方についてゆっくり考えることができました。いわゆるワークライフバランスってやつですね。あれを重視した生き方をすることができました。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 何が言いたいかというと「職場がヤバイのなら逃げることも考慮したほうがいい」ってことです。一昔前ならともかく、今は第二新卒・20代の転職は当たり前になっていますし、現にわたしの同期も新入社員のうちからいきなり公務員に転職したり、民間企業に転職したり、留学したり、大学院に入ったり、医学部に入ったり、さまざまな道をたどっています。不景気だ不景気だと言っていますが、2010年前後に比べると景気がのぼり調子になっているのは確かです。就職活動だって2015年ごろから楽になっていると思います。バブル崩壊後の氷河期世代が聞いたらハンカチ噛みすぎて歯茎がもげるほど羨ましい話だと思います。景気はいいんですよ、ブラック企業も多いけど。20代の需要はあるんですよ、ブラック企業も多いけど。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 あと、激務でしんどいのは当たり前として、「仕事が暇すぎて詰んでる」人はそれ以上にヤバイと思うので、真剣に転職か異動を考えたほうがいいと思います。激務ならまだ転職の際に履歴書に書くネタもありそうなものですが、社内ニートしてたら…何も言うことありませんよ…毎日エクセル開けて閉じてしている日々を5年続けていました!とか言われても採用側もどう判断したらいいのか困りますよ…給料もらえるから暇でもOK!とか思ってると数年後に詰みます。ろくに職務経験がないまま時間だけ過ぎてしまったら、いざ転職したいときにマジで同世代に比べて武器がない状態に絶望してしまいます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 社内ニートは病みますしね。一日中パソコンの前に張り付いて、仕事しているふりしなければならないんですから…何回も時計を見ては「まだこんな時間か…お昼まであと2時間…どうやって切り抜けていこうか…」と考える日々…こんなのをあと何年繰り返す気なんですか…?定年…?冗談でしょう?何の仕事をするわけでもなく何年も社内ニートするんですか?それで精神保てると思いますか?絶対病むからやめたほうがいいです。仕事が無いのって想像以上にしんどいです。「暇すぎてしんどい」というのは共感されにくいから余計につらいです。仕事が無いからほかの社員とも交流できませんし、愚痴のはけ口もありませんし、どんどん思考が追い詰められていきます。マジでやばいです。新入社員の社内ニートはマジで詰みます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 まだ資格の勉強とか仕事の勉強とかやることがあるのならいいんですけど…それが尽きてからがTHE 地獄ですよ。同僚はがんがん仕事をしていくというのに、自分は干されっぱなし…これは屈辱ですよ。あなたが上昇志向が強い人だったらなおさらです。こういうスキルを身に着けたい、こういう経験をしていきたいと思って入社したはずなのに実情は社内ニート、「仕事をください」と千と千尋の神隠しのように言ってみても上司からはガンスルー、毎日デスクの掃除…こんな毎日、つらくないですか?

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

まじめに仕事をさせてくれない職場はハラスメントです。懇願しても仕事させてもらえず、「給料挙げてるから文句ないでしょ」と社内ニートを継続させている職場は、マジである種のブラックです。飼い殺しとはこのことです。せっかくのあなたの才能も若さも、その職場で摘み取られようとしているんですから。貴重な20代の時間、もっと有用なことに使ってみたいと思いませんか?

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

「このままではいけない…」と思う方は下記リンクから一歩を踏み出しませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの会員登録!

病む前に転職しよう

f:id:method-of-pharmacist:20180416184104j:plain

激務か社内ニートでぼろぼろに疲れている新入社員は逃げるべきです。具体的には「異動」か「転職」すべきです。異動願いを出してすんなり動かしてもらえる会社ならそれでいいのですが、「新卒ですぐに異動とはけしからん!同じ部署で3年以上働け!!」とか言ってくる頭の固い会社だったら、もう転職したほうがいいでしょう。この激務、もしくは社内ニートの日々を、3年も続けていられますか?わたしが知る限り、新卒で3年以上続いている人は「運がいい人」です。実力とは関係ありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

配属先の運が良かった人は3年以上続いています。人に恵まれていたり、環境がよかったり、待遇がよかったり、そういう人はなんだかんだ定着します。パワハラ野郎に巻き込まれたりした人たちは速やかに消えています。そういうものなんです。「石の上にも3年」と言いますが、あんなの実際には通用しません。3年も座れる石の上に配属されたのならラッキーですが、実際はそうもいかない場合が多いです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

クソみたいな環境に配属されてしまったのなら、積極的に自分から変えていかなきゃいけません。声をあげないと変わりません。「自分はつらい、別の場所に行きたい」と訴えないと、会社は動いてくれません。何も言わないと「こいつは納得しているんだな」と誤解したままです。そして、懇願しても何もアクションを起こしてくれない会社なんだったら、こっちから縁を切ってやりましょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 いまどき転職は珍しいことではありません。転職が悪いこと~と言う人はバブル時代の常識を引きずっているのでしょう。当時は年功序列とか終身雇用が当たり前とされていましたが、今はそんな言葉は死語です。いつ潰れるかわからない、いつ合併で消えていくかわからない、そんな会社だらけの時代に、新卒で入った会社だけに依存するのは大変に危険なことです。これからの人生に必要なのは「新卒の会社に定年まで勤め上げること」ではなく「自分で稼げるスキルをちゃんと身に着ける」ことなのです。最悪、会社に依存しなくても自分でちゃんとやっていける力を習得することです。私の場合は薬剤師という専門職の免許です。免許さえあれば、職場がクソでも逃避することができますからね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 劣悪な環境に長時間いると肉体的にも精神的にも異常が起こりますし、何より大切な「若さ」という財産を失ってしまいます。あなたしか持っていないあなたの人生という大きな大きな宝物を、そんなクソな職場で浪費してしまって本当にいいのでしょうか?もっと有用な時間と体力の使い方があるんじゃないでしょうか?「日曜日の夜がつらい」ことは当たり前ですが、ガチで病む前に、その前にあなたは動かなければならないんじゃないでしょうか?たった一回の人生、誰も責任をとってくれません。先生も家族も、もはやあなたの人生に立ち入ることはできません。もう大人ですから。自分で決めなければならないのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

社畜か社内ニートで会社に殺されていく人生を選ぶのか、自分を存分に活かしてくれる職場を新たに見つけに行くのか。

自分の人生を変えられるのは自分だけです。昨日よりも明日よりも、今日のあなたが一番大切で、自分のために一番動かなければならないのです。

会社に使い倒される日々なんてつらいと思いませんか?少しでも「このままじゃいけない」と思うのであれば、行動に出るべきだと思います。

「このままではいけない…」と思う方は下記リンクから一歩を踏み出しませんか?

 ↑転職に関する適性診断・カウンセリング・面接サポートなどはマイナビジョブ20'sへの会員登録!