読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

日中眠くて仕方ない…そんな時に試したい対策。睡眠、ミンティア、エスタロンモカ、エナジードリンク

仕事

f:id:method-of-pharmacist:20161111213841j:plain

あなたは日中眠くて眠くて仕方ない思いをした経験はありませんか。

眠くて眠くて集中力が途切れまくって、仕事も手につかないくらいつらい思いをしたことはありませんか。

私は社会人になりたてのころ、日中の眠気に苦しめられました。

大事な会議でもうとうとしてしまい、上司にめちゃくちゃ怒られた経験もあります。

社会人として、日中ちゃんと起きていることは重要というか基本的な事項です。

日中の眠気を回避するためにどのような対策が考えられるでしょうか。

そもそも寝不足じゃないですか

一番考えられるのは、睡眠不足です。

学生時代のノリで深夜まで夜更かしした結果、数時間しか眠らずに出勤して、ふらふらのまま日中過ごす…

これでは眠くなってしまっても仕方ありません。

 

大学までなら講義中に寝ていようと好きにしてくれ、ですが、仕事ではそうもいきません。

1日8時間働くわけですから、毎日のように眠くて仕方ない…そんなのでは仕事になりません。

健康を維持するために必要な睡眠時間は最低でも6時間、理想は7時間半~8時間ほどです。

多くの現代人は寝不足なのではないでしょうか。しかし睡眠なくして健康はありえませんし、パフォーマンスレベルの向上も望めません。

まずは毎日確実に睡眠時間を確保しましょう。そのために無用な残業は削りましょう。

 

カフェインを摂取しよう

f:id:method-of-pharmacist:20161111213914j:plain

すぐに眠たくなる社会人の友、カフェイン。

私も社会人になりたてのころは、気が狂ったようにカフェインを摂取していました。

ブラックコーヒーを朝からがぶ飲みしたり…

コーヒーだけではカフェインが足りない時には、ミント系のタブレットに頼りました。

 

アサヒグループ食品 ミンティア メガハード 50粒×4個

アサヒグループ食品 ミンティア メガハード 50粒×4個

 

 この「ミンティア メガハード」は強烈なメントールの刺激と、カフェインのコラボレーションで強制的に目覚めさせてくれます。

ミンティアメガハードで足りない方は、ブラックブラックも試してみてください。

 

「ストロングタイプ」のタブレット……すごいですよ。空腹時には食べないほうがいいです。強烈に胃腸を痛めつけてくれます。

ブラックブラック&ミンティアメガハード&ブラックコーヒーを服用すれば、さすがに眠気に襲われることはないでしょう……

 

それでも眠くなるつわものには「カフェインタブレット」という手段もあります。

これはカフェインそのものを多量に含んだタブレットです。

 

【第3類医薬品】エスタロンモカ12 20錠

【第3類医薬品】エスタロンモカ12 20錠

 

 エスタロンモカは2錠でカフェインを200mg含みます。これはコーヒー3杯ほどのカフェイン量です。

いちいちコーヒーを飲むなんてまだるっこくして嫌だ!手っ取り早く目を覚ましたい!!という方の奥の手としては…このようなアイテムを使う手もあります。

毎日使っていると慣れてしまいまた日中眠くなるので、生活習慣を治すことのほうが先決ですが。

 

また、いわゆる「エナジードリンク」と呼ばれるものもカフェインを含むので覚醒に役立ちます。

 

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

 

 

私は大事な会議の前には「モンスター」と「エスタロンモカ」を飲み、無理やり目を覚まさせていました。

きっついです……カフェインを過剰摂取すると頭痛、悪心、胃痛があらわれるので……

カフェインの副作用と苦しみながら眠気を追い払っていました。

エナジードリンクやカフェインタブレットで確かに眠気は除去できるので、ここ一番での使用には効果的ですが、こんなものを毎日使っていると体を壊してしまいます。

 

カフェイン摂取はあくまで奥の手として使いましょう。

また摂取のタイミングは、もっとも覚醒効果が強くなる10~12時、14~16時にしましょう。

特に午後のカフェイン摂取は、少しの仮眠と組み合わせると効果的です。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

16時以降のカフェイン摂取は夜に眠れなくなる可能性が高いので控えましょう。

 

そして一番は、カフェインを多量に摂取せずとも起きられるように、毎日ちゃんと寝ましょう…

生活リズムを整えることが一番大切です。