薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

仕事で心が折れないために注意すべきこと

仕事はできれば生き生きと取り組みたいものです。

しかし、実際には、いつも楽しく仕事をするというわけにはいきません。

理不尽なこともありますし、急な対応に迫られることもあります。

責任を負わされることだってあります。

上の無能さに頭を痛めることもあるし、下が思うように動いてくれないことにイライラすることもあります。

フラストレーションがたまり続けると、心は折れます。

仕事で心が折れるのは、もったいないことです。

心が折れないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

 仕事を自分の生活のすべてにしない

一時の私は相当な仕事人間でした。

ブラックな職場環境の病院薬剤師として勤務し、激務に疲れ果て、身も心もぼろぼろでした。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

給料は低いわ、内部の人間関係はドロドロだわ、連日ハードワークとサービス残業だわと、数え上げればきりがないほど過酷な環境でした。

 

このしんどい状況のままではよい人生など送れるはずがない。

…そう思ったわたしは転職に至ったわけですが、そもそも「仕事で心が折れる」という経験に、私は戸惑いました。

 

連日の激務で家と職場を往復するだけ、休日は寝るだけ、の生活だったのですが。

そんな日々を送っていると、人間って簡単に病むんですよね。

体だけではなく、心も。

 

働くために生きているのか、生きるために働くのか。

そんな簡単なこともわからなくなるほど、私の脳みそは追い詰められていました。

当時の頭の中は仕事のことでキャパオーバーしていたので、家にいてもずっと仕事のことをぐるぐると考えていました。

 

その結果、寝ている時間以外は常に気分が休まらず、寝ていても眠りが浅く、夜中に何度も目覚めるまでになりました。

 

仕事を生活のすべてにしてしまうと、心が病むんです。

よっぽどのワーカホリックは別ですが、大概の人は、仕事のことしか考えずに生きていると、健康じゃなくなります。

 

 

なぜなら、大概の人にとって仕事とは楽しいことではないからです。

 

楽しくないことを考え続けると、脳みそは機能低下を起こし、やがて、抑うつ状態に至ります。

ブラック環境で勤務していた時代、私はわずか3か月でその状態に至りました。そしてつくづく痛感しました、仕事のことだけ考えて生きていると、健康が失われてしまうということに。

 

趣味を持つこと

これは非常に大事だと思います。要は、「家」「職場」以外で、自分の能力やスキルを磨く経験、自分の心を豊かにする経験、人と語らう経験を、日常的に積み重ねることが、心身を健全に保つために非常に重要なのです。

 

趣味を持つことが、健康寿命を延長させるために重要と言われています。

「健康寿命」を延ばすために重要なことは「趣味を持つ」「笑う」〜 Color+daが60代以上へのアンケートをもとにした特集「未来の自分のために今すべきこと」を公開 〜|マーソ株式会社のプレスリリース

 

よくミュージシャンは老けない、ぼけないと言いますが、音楽への新鮮な感動を持ち続けることが、若さを保つ秘訣なのでしょう。心を揺さぶる経験の有無が、活動性の低下の抑止やストレス耐性を養う重要な要素になるのは明らかです。

 

ワーカホリックと言われる、仕事以外にやることがない人というのはしばしば燃え尽き症候群になり、うつなどの心身不調を起こすことはよく知られていることです。

 

上手に心身のバランスを保つことができている人は、仕事以外に自分自身を表現する場所、すなわち趣味を持っている人が多いです。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

音楽でも、料理でも、運動でも、旅行でも、絵を描くことでも、歌うことでも、なんでもいいでしょう。

 

自分がやっていて心地よいと思えることを見つけること。そして生活の一部に、意識的に取り入れていくこと。

それが「仕事漬け」に脳みそを支配されずに生き延びる重要な要素です。

 

仕事を人生のすべてと思わない

f:id:method-of-pharmacist:20161018223611j:plain

まじめな人ほど、仕事をしっかりやらなければ、会社で自分の居場所がなくなったら生きていけない…と自分で自分を追い詰めてしまいます。

 

能天気な人からしたら、何をそこまで悩んでいるの?と不思議になってしまうくらい、まじめな人というのは自分で自分を責めてしまうのです。

 

責任感が強く、自分が引き受けた仕事は最後までまっとうしないといけないと思い込んでしまう。

そして、仕事をちゃんとこなすことができなかったら、そんな自分の無力さを激しく責めてしまう…

 

責任感が強いのはよいことですが、いつも自分を監視し、いじめるような生き方では、すぐに疲れ果ててしまいます。

 

別に収入を得る手段としての仕事なら、その会社以外の場所もあります。

あなたが必ずしもしなくてはいけない仕事とは限りませんし、あなたがいないからといって進まなくなる仕事ではありません。誰かがいなくても、なんとかなるのが会社です。

 

言うて、この国でがんばったところで、少子高齢化ですし、先行きが見えてますからね。2050年には人口半分になっちゃいますし。

日本の国民1人当たりのGDPは、いまやイタリアと同程度。しゃかりきに働いても、昭和の経済成長期のような輝かしい時代は二度と訪れません。

 

ならば、自分の生活を充実させる生き方を選ぶのも十分理にかなっています。

仕事で大量の報酬を得たり、社会貢献に実現したり、それ以外の道で自分の人生を充実させることも、現代ではありえる生き方です。

 

つらい仕事で自分をすり減らして、心身を病むなんてナンセンスです。

仕事の理不尽などで心を折られたりしないように、普段から趣味を持ち、心身の逃げ場所を確保しておきましょう。

 

自分の居場所が職場にしかない、なんて思い込んでしまうと、毎日がとてもプレッシャーとストレスが大きいものになってしまいます。

 

仕事がしんどい方は、どうか自分を思い詰めすぎないように、日頃からストレス発散、気分転換の方法を多く確保して下さい。

そして、本当につらい時には、いつでも逃げられる準備をしてください。

 

仕事だけが人生のすべてではないのです。

仕事に人生を壊されないように。気を付けてください。