読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部実務実習を終え、どこに就職するべきか。実習先で働くのもアリ?

就活

f:id:method-of-pharmacist:20161122211716j:plain

そろそろ薬学部実務実習の第二期が終わったころではないでしょうか。

春から病院実習、薬局実習に取り組んでこられた薬学生のみなさん、お疲れさまでした。

長い間、本当に大変だったと思います。慣れない仕事をたくさん経験して疲れたと思います。学びも多かったとは思いますが、ショックを受けたようなこともあったでしょう。

学生生活も残り少なくなってきました。いわゆる考えるべきは「就活」「卒業」「国家試験」です。この3つをそつなくこなさないと、今回の実習の経験を生かすことはできません。

とくに「就活」です。みなさんはどこに就職したいか、実習で見つかりましたか。

 実習先に就職する薬学生も多い

私の同期も実はこのパターンが多かったです。

要は、実習中に実習先が学生に打診するのです。

「卒業した後もここで働く気はない?」とわたしも言われたことがあります。

地元の薬学生、従業員の薬剤師と良好なコミュニケーションができている薬学生、薬剤師として高い資質を持っていると思われる薬学生はこのようなスカウトを受けることが多いでしょう。

 

特に就職先に強いこだわりがない場合は、このパターンが一番楽かもしれません。自分でちまちま病院見学や試験、説明会に申し込みなどしなくても、「実習」というかたちで就職先をしっかりチェックできているはずなので。雇う側からしても実習を通じて薬学生の人格は観察できているので、まったく知らない学生を雇うよりもリスクを軽くすることができます。

 

特に就職にこだわりがなく、なじみのある場所で働き続けたい(実習先が気に入った)場合は、このパターンがいいでしょう。病院や調剤薬局、両方でこのパターンは存在します。わたしは指導薬剤師が怖すぎたのでお断りしましたが…

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

自分で就職先を探す

多くの学生がこの道をたどることになるでしょう。

地味に大変です。

病院なら自主的に見学を申し込むためのアポ取りをしなきゃいけないですし、製薬会社はインターンシップを含め、薬学部以外の学生と就活合戦をしなくちゃいけない。調剤薬局の就職は簡単ですが、「国家試験に合格するよね?ね?」という薬局側からのプレッシャーは非常に強いです。国家試験に失敗した結果、あっさり調剤薬局から内定を外された同期もいました……むごい……

 

自分で進路を決めるというのは自由ではありますが責任も伴います。

何が自分に向いているか?どんな仕事をしたいか?をじっくり考えないとならないので、そういうのが面倒くさい人には向いていないかもしれませんね…

 

ただ、個人的には一回くらい製薬会社に就職する経験があってもいいんじゃないかなって思います。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

就職活動を通じて「自分は何を好きか、何をやりたくないか、何なら得意か、何が強みと主張できるか」を考えることは、その後の人生に非常に役立つ経験です。製薬会社の就活は争いが激しいので、その中で勝ち抜くために戦略を練ることは、普段の薬学部の勉強とは違う面で頭を鍛えることができるでしょう。

 

そして薬学生、薬剤師以外の社員もたくさんいる空間で仕事をするという経験は「多様性」を考えるうえでとても役立ちます。薬局や病院で働いていると医療従事者の考えがあたりまえになってしまいますが、実際は世の中のほんの一部でしかない、ということを、会社の一員にいると実感することができます。

 

あと単純に新卒は一回きりしか使えないので。中途で製薬会社に入りたいと思っても今はなかなか入れないので。ハク付けをかねて製薬会社で会社員勤めを経験するのもいいじゃないんでしょうか。福利厚生もいいですし。向いていない仕事をすると大変なことになりますが。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

悔いのない就職活動を

もちろん実習先に就職するのもありです。就活する手間がはぶけますし。

職場をよく知ったうえで就職するのでミスマッチも発生しにくくなります。学生にとっても実習先にとってもいいことづくめです。

 

しかし、長い社会人人生。一回くらい「自分がやりたいこと」「自分が進みたい道」を考えてチャレンジしてみるのも悪くないと思います。まだ20代でなんとでも自由がききますからね。

 

どうせ薬剤師免許を取れば転職には困らない身です。せっかくの資格を持っているのですから、自分に本当に向いている道、挑戦してみたいことを、この機会にじっくり考えてみるのもいいのではないでしょうか。