薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

【就活】薬剤師の就職、コスパの良さか、向いているか【不器用な人】

実務実習などを経験して、薬剤師とはこのような仕事をするのだ、これを毎日繰り返すのだ、などと実感した学生も多いでしょう。その実習をふまえた上で、これからは就活をするのでしょう。さて、あなたはどのような道を選ぶのでしょうか。薬学部だから薬剤師にならなきゃいけない?そんなことはありません。自分の人生を選ぶのは自分だけです。薬剤師になる義務なんてどこにもありません。

 

薬剤師はコスパが良いのか

まず考えたいのは給料です。薬剤師の給料は悪くはありません。普通の仕事と比較すれば時給は高いですし、「お金がない」なんて嘆く人がいるとしたらそれは使い過ぎです。ましてや実家暮らしでお金がないって言ってたら金銭感覚がおかしいです。病院薬剤師は薄給激務の傾向があるのでしんどいですが、薬局などではそこまで問題にならないでしょう。ドラッグストアは稼げるけど体力使いますね…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ちなみに私はお金を最優先して製薬会社のMRになりました。お金は手に入りましたが、それ以外のいろんな大切なものを失いました。MRだったら別に、薬剤師じゃなくても務まりますしね…安易な判断をしたと思いました。就活するなら相当考えないといけません。やっぱり軽い気持ちで選んではいけません。転職が当然の世の中とはいえ、最初の選択肢は慎重に選びたいものです。

 

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

その仕事はあなたに向いているか

最近とくに思うのですが、向いていないことを仕事にするのはやばいくらいしんどいです。慣れたらいいのかもしれませんが、慣れるまでがしんどい。怒られたりけなされたりで自分の自信を失ってしまうので、もういろいろきつい。「こんなことをするためにここに来たわけじゃない」って思ってしまいます。選んだのが自分とは言え、後悔してしまいます。できないことをやらされるのは本当につらい。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 ちなみに私はまったくMRに向いていませんでした。コミュ力がないんですよね、本気で。相手が何を求めているのか、本気でわからない。後から「あれこういう意味だったんだよ」って先輩に言われて、「うそ?!じゃあそのとき言ってよ!!」ってなることがしばしばありました。コミュができる先輩に言わせれば「そんなことあの場ですぐ判断出来て当然でしょ」って感じだったようです。まさにこれが「向いている」ってことなのでしょう。私はとにかく鈍くてテキパキできず、相手の望みを察することもできず、仕事が遅くてイライラさせてしまい体力もないので、もう何から何までMRに向いていませんでした。上長にも「なぜ営業をやったの?」と言われる始末で本当に情けなかったです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 そのとき思いました。激務だろうとお金が稼げようと関係ない、向いていないことをするのは本当につらい。毎日自尊心をごりごりに削られているのがわかって、会社に向かうのがつらい。お金をもらえてもそんなの関係ない。休みの日も「明日嫌だな」って思いに浸食されて、全然リフレッシュできない。こんな日々がこれからもずっと続くのか…と思うと絶望して、気づいたら転職していました。就職、失敗したな…と思いながら。

 

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

手先がやばいくらい不器用な人と薬剤師

私もそうなのですが、手先がやばいくらい不器用な人っていますよね。指に神経が通っているのか心配なくらい不器用な人。なにかにぶつかったり落としたり、指に力が入ってなかったり、何かやばいとしか言いようがないくらい不器用な人。

そういう人が薬剤師をやるのも、向いていないのかもしれません。なんせ調剤がどへたくそな可能性が高いのです。ピッキングだけならともかく、他の調剤が入り組んでたりすると…もうぐっちゃぐちゃになってしまいます。頭がこんがらがってしまってほかの薬剤師に迷惑をかけてしまってすいません…ってなってしまったり…

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 私はコミュはないし不器用だしどうしようもありません。不器用なので調剤をミスることもしょっちゅうでした。さすがに今は慣れましたが…最初は怒られ倒していました。思えば実習中もそんな感じでした。実習がへたくそすぎてその場に立たされたりして、いやこれ体罰だよね?って思いながら調剤室のすみっこにいたりしました。まあそれだけ自分が空気を読めないし動きも悪かったりしたからなんでしょう。

ミスったりほかの薬剤師に嫌われたりいろいろありましたが、それでもMRをしてたころよりはマシだと思います。それは薬剤師が好きだからというわけではなく、MRよりかは自分に向いていた仕事だったからだと思います。

 

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

向いている就職先を選ぼう

私は少なくとも「向いている」と思える就職先を選ぶべきと思います。その方が絶対しんどくないし、長続きすると思うんです。いくら好きだったりメリットがあったりしても、向いていないことは本当につらい。世に言われる天才って人たちは「向いていることを膨大な時間かけて没入できる」からじゃないでしょうか。いくら天才でも向いていないことをやらされたら、その道の天才にはなれないでしょう。それくらい「向いている」ことって大切だと思うんです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 好きなことはある日いきなり嫌いになってしまいます。しかし向いていることは、好き嫌いを別にしてできてしまうのです。それは武器です。好き、ってだけではテクニックには即座に結びつきません。しかし理由はわからないけどできてしまう、そういうことを仕事に選ぶと、少なくとも無駄なことでイライラしたり悩んだりはしません。私がMRでコミュ力がなくて病んでる横で、コミュが普通にできる同僚はがんがん仕事をしているわけです。同僚にとっては当然のことでしょうけど私にとっては絶対できないわけです。私がいくらMRを好きでやりたいと思ったとしても、向いていないことであればスキルが向上するわけではありません。得意な人には最初からアドバンテージがあるんですから、それに追いつくのは非常にしんどいです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 だから、好き嫌いとかお金とかではなく、まず自分の「向いている」ことを明確にすべきです。プロに相談したりして、自分の正体についてよく考えるべきです。好きなことを仕事にするだけが正解ではありません。仕事は数日で終わるものではなく、何年も続けていくものです。いっときの感情に流されるよりかは「なんか知らんけどできてしまう」「他人よりは簡単に思えてしまう」そういうものを仕事にするのが、ストレスの少ない生活を送れると私は思います。

好きなことへの情熱が成功に結び付くのも当然ありますが、そこに行くまでに心身が消耗してしまったら本末転倒です。アーティストやアスリートを目指すのなら別ですが、一般民間人として、毎日続ける仕事を選ぶのであれば、「ストレスの少ない」ものを選ぶべきと思います。どうせどんな仕事でもストレスはあるのですから、せめて自分にとって有利なものを選んだ方がいいです。コミュができないなら営業なんてしないほうがいいし、実験ができないなら研究なんて希望しないほうがいい。それぞれの得意なもので勝負すべきです。

1人だけで悩んでいたらなかなか答えが出ないので、いろんな角度から情報と意見を集めましょう。貴重な新卒の就活ですので、いたずらに決めてすぐに辞める…なんてことがないようにしたいですね。

プロへの相談がおすすめ

就職活動は思ったようにはいきません。自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。だめなもんは何枚書いてもだめです。面接もそうです。そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。

 

おすすめするのは就活のプロに相談することです。自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!

 

昔から「餅は餅屋」「下手の考え休むに似たり」といいます。経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。

マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。お金もかかりません。プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。

 

自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。特に就活には明確なゴールがありません。内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし…

就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。それは今後の人生の基本にもなります。

 

「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

↑「キャリアチケット」への無料会員登録は↑こちらから!