読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

一人暮らしで風邪をひいた!部屋に常備しておくべきもの

雑記

f:id:method-of-pharmacist:20161207201241j:plain

一人暮らしは自由です。

いつ帰ろうと何を食べようと自由です。

「早く寝なさい!」と親に言われることもありません。

夕食のメニューを勝手に決められることもありません。

誰にも何も指図されずに生きていける一人暮らしは、非常に気楽です。

しかし、一人暮らしにも地獄の時間があります。

風邪をひいたときです。本当につらいです。誰も助けてくれません。

助けに来てくれる友達や恋人、家族がいる場合は別ですが、基本的に孤独に風邪と闘うことになるでしょう。

「病院に行け」と言われますが、病院に行く体力さえない場合もあるでしょう。

そんなときのために、日頃から準備しておくといいものを紹介します。

おかゆ

風邪で胃腸をやられたときのために、レトルトのおかゆを用意しておきましょう。器にあけてラップをかけて電子レンジでチンするだけで食べられるようにしておきます。食塩を少し振れば塩分摂取にもなります。

 

味の素 白がゆ 250g×9個

味の素 白がゆ 250g×9個

 

卵がゆは栄養面にすぐれますし、梅がゆは食欲増進に役立ちます。

風邪をひいたときは消化器機能が落ちていることが多いので、普通の固さのごはんよりかはおかゆをおすすめします。疲れておかゆを作る気力もないかと思いますので、レトルトのものを常備しておくといいでしょう。

 

インスタントスープ

 お湯をそそいですぐに食べられるインスタントスープ。これも常備しておくといいでしょう。風邪をひくととにかく体力と気力が削がれます。1ミリも動きたくなくなります。余分な動作をしたくなくなります。

料理なんてしていられません。おかゆとカップスープがあれば上等です。

クノール カップスープ バラエティボックス 30袋入

クノール カップスープ バラエティボックス 30袋入

 

 体をあたためるためにも、カップスープを飲むのはいいでしょう。たまごスープのような優しい味のものを準備しておきましょう。おかゆと混ぜて雑炊風にしても食欲が出ると思います。

 

衣類に貼るカイロ

悪寒がする、部屋が寒い、体が冷たくて仕方ない…

そんなときはカイロを服に貼って眠りましょう。直接肌に貼ると肌荒れの原因になるので避けましょう。

 

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

 

 下痢でおなかを壊しているときなどは、カイロでおなかをしっかりと温めましょう。

冷却シート

いわゆる「冷えピタ」のような冷却シートも常備しておきましょう。冷蔵庫に入れておくと効果がすぐに発揮されます。

ちなみに貼る場所は「おでこ」「首筋」「脇の下」「太ももの付け根」がおすすめです。血管が集中した場所を冷やすことで、体の熱を発散することができます。

 

冷却シート ひえひえ天国 大人用16枚入り

冷却シート ひえひえ天国 大人用16枚入り

 

 

風邪薬

一番は病院に行って適切な診察を受け、薬を処方してもらうことです。

しかしそれをする体力すらなく、症状がしんどくて仕方ないこともあると思います。

わたしも咳が止まらず、咳がひどすぎて眠れない日を過ごしたこともあります。

そんなときのための「対症療法」的に、ドラッグストアで医薬品を購入しておくとよいでしょう。

「解熱鎮痛剤」「咳止め」を用意しておくと安心です。

とりあえず症状を抑えつけておけば、その間にぐっすり眠れば体力を回復できる可能性が高まります。

 

のどあめ

のどが痛すぎてつらいときのために、のどあめを用意しておくのもいいでしょう。おすすめは「ヴィックス」ののどあめです。

 

大正製薬 ヴイックスメディケイテッドドロップオレンジ 50個 [指定医薬部外品]

大正製薬 ヴイックスメディケイテッドドロップオレンジ 50個 [指定医薬部外品]

 

口腔内を消毒・殺菌してくれるので、のどを潤しながら細菌をやっつけてくれます。咳がひどいときって、息をするのもつらくなるんですよね…こういうときは口の中の水分が足りていないことが多いので、のどあめを舐めて唾液の分泌を促しましょう。

 

スポーツドリンク、経口補水液

風邪で恐ろしいのは「脱水」です。

大量の汗をかき、何も食べずにいると、「水分」「塩分」不足に陥ります。

そこで水だけ摂取していると、塩分が足りずに、体調の回復を遅らせることになります。

ただでさえ食事量が減少しているので、飲み物でカロリーや糖分、塩分を摂取するようにしましょう。いわゆるポカリスウェットやアクエリアスを準備しておくと安心です。

 

大塚製薬 ポカリスエット 500ml×24本

大塚製薬 ポカリスエット 500ml×24本

 

スポーツドリンクよりも更に水分・塩分摂取に適するのは「経口補水液」と呼ばれるものです。より速やかに人体に吸収されます。脱水症対策にも使われるものです。

ドラッグストアでも「OS-1」などの名称で販売されていますね。

 

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

 

 家に何もない場合は、「1リットルの水に3グラム(小さじ二分の一)の塩、40グラム(大さじ4と二分の一)の砂糖」を混ぜたものを作りましょう。コツは「喉が渇いたと感じる前に水分摂取する」こと。一気に水分摂取するより、ちびちびまめに飲む方が脱水予防に役立ちます。

 

風邪で発熱すると、寝ながらも大量の汗をかいてしまうので、気づかないうちに脱水症状を起こしているものです。枕元にスポーツドリンクを置いて、気が付いたらその都度飲むようにしているといいでしょう。

 

あたたかくして、とにかく眠って

一番は病院に行って適切な診察を受けることですが、そうする体力さえない場合は、無駄な行動をとって体力を減らしたりせず、とにかく休んでください。

汗で濡れた衣類はこまめに着替えて、水分と塩分摂取は意識的に行ってください。おなかを壊しているときは無理に通常通りの食事をする必要はありません。

 

風邪で体調をこじらせる一番の原因は、無理をすることです。「風邪でも絶対に休めないんだ!!」とか言って会社に出勤したりせず、しっかり休みましょう。

もちろん普段から体をあたたかくして、予防に努めてください。