読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

あなたは薬学部を心からやめたいですか?

薬学部の生活は本当にしんどいです。 毎日毎日勉強ばかり、終わることのない苦しい日々。 これを読んでいる方にも薬学部をやめたいと思っている方がいるかもしれません。 あるいは本当に薬学部をやめた人がいるかもしれません。 しかし私は、薬学部をやめた…

薬局薬剤師で働くのがおすすめな人たち。お金をためたい、優しそうといわれる

薬剤師の仕事先は多岐にわたります。 病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、公務員、CRO、医薬品卸… 薬剤師免許を必要とされる職場は意外にも多いです。薬剤師の転職は、今は比較的行いやすい時代です。ひとつどころにとどまってキャリアを積む薬剤師…

【薬剤師】仕事をやめる勇気も、続ける勇気も両方大切【転職】

年が明けて、年度末にむかって時間が動き出すと、自分のキャリアを考え始める人が増えてきます。 周りにもいませんでしょうか。今の仕事をやめたい、新しいキャリアに踏み出したい、みたいなことを言う人は、今の時期、少なくありません。 周りが動き出すと…

薬学部の就活について。説明会に行く?病院・薬局どちらにする?重視すべきこと

薬学部5年生。 実務実習が終わると、次に待ち受ける課題は、就活です。 何の職業に就職するかによって、就活の時期は大きく異なります。 薬局ならぶっちゃけぎりぎりでもいいです。国家試験の後から就活を始めた人だっています。 しかし、病院や製薬会社を希…

「仕事こそ生きがい」「仕事で自己実現」その考えが危険だと思う理由

われわれ社会人は、収入を得るために仕事をします。 よほどのすねかじりか石油王かでもない限り、働かずに生きていくことはできません。 大多数の人は仕事をして、労働の対価として報酬を得て、その報酬で生活を成り立たせています。 しかし、その「仕事」に…

他人の痛みを分かろうとしない人は、薬剤師などの医療職に向いていない

われわれ薬剤師は患者さんを前にした職業です。 調剤薬局や病院で患者さんの対応をするわけですが、患者さんと言うのはいろんなタイプの方がいます。 こちらが恐縮するくらい丁寧な人もいれば、モンスタークレーマーな人もいます。 しかし共通するのは「患者…

こんな薬剤師はムカつく!ウザい!患者として服薬指導を体験して感じたこと

わたしは薬剤師ですが、患者として病院や調剤薬局に行くことがあります。 そこで薬剤師の対応を受けるわけですが、「この対応はちょっとどうなの…」と思うことがあります。 もちろんきめ細かい素晴らしい対応をしてくださる薬剤師さんも多数いるのですが、中…

新入社員に優しい先輩には注意すべきと思う理由

新入社員に優しい先輩というのは一定数存在します。 優しいことはいいことですが、その優しさには、裏があることもあります。 優しさや善意ばかりではないのが社会人生活です。 中には思惑があって新入社員に優しくする先輩もいます。 注意してください。

2016年に買ってよかったもの(随時更新)暮らしが楽になったアイテムたち

2016年ももうすぐ終わります。 クリスマスを過ぎると、一気に年末ってムードになりますよね。 この1年のメインイベントをすべて終え、あとは正月を迎えるだけ、という雰囲気、すきです。「おつかれさま~」って気分になります。2016年もどうにかやってこれた…

【やりがい搾取】薬剤師のような医療職は総じてブラック職場になりやすい

医師、薬剤師、看護師、そのほかコメディカル。 医療にかかわる仕事は多種存在します。 それぞれ得意とする領域は異なりますが目的は共通しています。 「患者さんを健康にする」 このために医療職が存在すると言っても過言ではありません。 医療職は全国の医…

【病院薬剤師】やりがいだけで続けられるほど仕事は甘くなかった【転職】

就職や転職を考えている薬学生、薬剤師のみなさん。 「病院薬剤師」についてどのようなイメージを抱いているでしょうか。 特に薬学生のみなさん。 初めての就職先に、「病院薬剤師」を選ぼうと考えてはいませんですか。 同級生も病院薬剤師になったから……先…

部屋の乾燥への対処法。加湿して風邪を予防しましょう

冬は風邪がはやる季節です。 寒いだけでも風邪をひきやすくなりますが、一番の原因は乾燥。 水分のない空間に長時間さらされると、人は喉がかわいて気道が傷ついてしまいます。 乾燥したのどは免疫力が低下し、細菌やウイルスが侵入しやすい環境になってしま…

薬剤師国家試験に失敗しそうで不安な方へ。勉強あるのみ、体調管理に気を付けて

薬学部生活の総決算、薬剤師国家試験。 気づけばあと2か月半となりました……早いものです。 今頃薬学生のみなさんの多くは国家試験の準備に取り掛かられていることでしょう。 人によっては「国家試験に失敗するかも…」という不安で押しつぶされそうになってい…

つらい薬学部を卒業し、薬剤師になれたのは家族と友達のおかげ

薬学部を卒業し、薬剤師として働く今も身に染みてそう思います。 自分が薬学部を卒業できたのは家族と友人のおかげです。 自分ひとりでは、薬剤師になることなどまず実現不可能だったと思います。 現在薬学部に在籍している学生さんは、友人と家族をもっと大…

声が大きすぎる薬剤師が苦手です

患者として調剤薬局に行くとよく思うことなのですが、声が大きすぎる薬剤師っていますよね。 個人的に、わたしはとても苦手です。 お年寄りとお話しするときは小さな声では聞こえないから致し方ないかもしれないのですが、それにしても声が大きすぎる薬剤師…

薬剤師の仕事に英語力は必要か?製薬会社や病院なら特に重要かも

いまどき転職の際に当たり前に必要にされるスキルとして、「英語力」があります。 TOEICが何点、なんて当たり前ですし、TOEFLがどうとか、語学留学の経験があるとか、外国企業との共同プロジェクトを成功させた実績がある…とか、とにかくネタには事欠きませ…

一人暮らしで風邪をひいた!部屋に常備しておくべきもの

一人暮らしは自由です。 いつ帰ろうと何を食べようと自由です。 「早く寝なさい!」と親に言われることもありません。 夕食のメニューを勝手に決められることもありません。 誰にも何も指図されずに生きていける一人暮らしは、非常に気楽です。 しかし、一人…

薬学部で博士課程に行く意味。製薬会社の研究職や大学病院薬剤師の出世には必要?

薬学部は6年間通います。 6年のカリキュラムを終え、無事卒業すると「学士」の称号を得ることができます。 この「学士」は4年制の大学を出た場合の「学士」とは異なります。 基本的に、「修士」と同じ扱いを受けます。 method-of-pharmacist.hatenablog.com …

その髪型で大丈夫?薬学部OSCEでNGなメイク・服装について

そろそろ薬学部はOSCEとCBTの季節ですね。 薬学部4年次の目玉、OSCE(オスキー)とCBT。準備に力を入れている方も多いでしょう。 CBTはいわゆる学力テストのようなものなので、普通に準備をすれば大丈夫です。4年次まで真面目に薬学部で勉強してきた人なら突…

薬学部OSCEの注意点と対策。「おつらいですね」は忘れないで!

12月。 まさにOSCEシーズンですね。 全国の薬学部生はOSCEの準備にいそしんでいるころだと思います。 私も4年次にOSCEを経験しました。 私はむちゃくちゃ緊張しやすい体質なので、OSCEでも当然緊張しました。 失神するんじゃないかってくらい緊張しました。 …

女性の一人暮らしに役立ったアイテムまとめ。レンジでパスタは神【大学生・社会人】

わたしは社会人になってから一人暮らしを始めました。 一人暮らしって、すごく楽ですけど、大変なんですよね。 ほっておいても誰かがごはんを作ってくれるわけじゃない。 散らかった部屋は誰も片づけてくれない。 ごみは誰も出してくれない。風呂掃除もトイ…

落ちこぼれ薬学生だった私が思う、大学やめたいときに考えるといいこと

大学を辞めて起業する大学生のブログが、はてなで話題になっているようです。 www.ishidanohanashi.com 案の定、反響は大きい。 この界隈の人たちは月に一回は「新卒フリーランスになる」とか「大学辞める」とか宣言しなければならないノルマでもあるのでし…

当ブログのページビューが10万を越えました。薬学生を応援するブログを目指します

当ブログ「薬剤師のメソッド」を立ち上げて4か月半。 ちまちまと毎日記事を書き続け、気づけば昨日で10万ページビューを越えていました。 ブログを書く習慣じたいは昔からあったものの、これだけ文量や書く題材、継続性を気にしながら続けたブログは初めてで…

実習指導薬剤師は、パワハラで薬学生の未来を潰さないでください

パワハラ、だめ、絶対。 本当にパワハラは恥ずべき行為です。 人の心身を破壊し、人生を捻じ曲げる行為です。 もっとこの行為の重大さを認識したうえで、指導薬剤師は実習をしてほしいです。 パワハラにより薬学部での学生生活が難航し、薬剤師になることが…

薬剤師ってお金持ちなんでしょ?と言われると違和感。稼げる仕事ではありません

薬剤師として働いている、と言うと、よく他人に言われることがあります。 「薬剤師ってうらやましい!たくさん稼げるんでしょ?お金持ちなんでしょ?」 薬剤師にどのようなイメージがあるのかはわかりませんが、薬剤師ではない人と話をしていると「薬剤師=…

新人病院薬剤師だったけど、仕事つらすぎて辞めたすぎて、1年で転職した

病院薬剤師、大変でした。 軽い気持ちで転職したのが間違いでした。 そもそも、病院薬剤師ってなんとなく憧れていたんですよ。 響きがカッコいいじゃないですか、病院薬剤師って。 医療ドラマみたいな世界の中で、患者さんのためにばりばり働いて医療に役立…

薬剤師に多い性格。まじめ、融通が利かない、勉強熱心…

薬剤師にも性格はいろいろですが、やはり薬学部を卒業して国家試験を越えている人たちだけあって、ある一定した特徴がみられます。 薬剤師だけの集まりに参加したりすると「ああ、薬剤師ってこういうところあるよなあ」って思ってしまいます。ふだんは薬剤師…

自己啓発セミナーに通って「成長した!」と思い込む人たち

以前の職場に、自己啓発セミナーに通い詰めている人がいました。 何か知らんけど異常に向上心が強く「このままじゃいけない」「私たちは変わらないといけない」と周りにもその考えをプレゼンするような人です。 彼女に連れられて一回だけセミナーに行ったこ…

薬学部実務実習を終え、どこに就職するべきか。実習先で働くのもアリ?

そろそろ薬学部実務実習の第二期が終わったころではないでしょうか。 春から病院実習、薬局実習に取り組んでこられた薬学生のみなさん、お疲れさまでした。 長い間、本当に大変だったと思います。慣れない仕事をたくさん経験して疲れたと思います。学びも多…

仕事がつらくても職場は気づいてくれない。しんどいなら早く休もう

病院薬剤師時代の知人に会いました。 私が病院薬剤師をしていたころ、愚痴などを聞いてもらっていた人です。 お世話になっていた方ですが、私は結局心身が仕事についていかなくなり、その職場を辞めることになりました。 その知人も、ついこの前、仕事を休む…

薬剤師のメイク。アイシャドウはオレンジ、ブラウン、ラメ少なめで健康的に

薬剤師は医療職です。 患者さんやほかの医療職とかかわりながら仕事をしていくので、おしゃれ最優先の格好をすることはできません。 清潔感、健康感、上品さ…そのあたりを重視してファッションやメイクを考える必要があります。モテとか色気とかモード感は、…

【ポケモン最新作】初代からのファンだけどロコンが出るのでポケモンサンを選びます

昨日からポケットモンスター最新作、「ポケットモンスターサン・ムーン」が発売されました。 初回出荷から1000万本を超えるとか、さすがポケモン人気です。 一時は妖怪ウォッチとかジバニャンとかに水をあけられた感じがありましたが、さすがは世界のポケモ…

薬剤師になって良かったこと。転職先に困らないのは本当に安心

薬剤師になってよかったなと思います。 学生の頃は本当にしんどかったですけどね。 薬学部にいたころは毎日が勉強、レポート、課題、試験、実験、学会、セミナー準備でわけがわからないほど忙しく、「こんな日々の果てに薬剤師免許を取っても、果たして報わ…

「君の名は。」感想記事に思う、読まれるブログづくりの難しさ

このブログを開設して約4か月が経過しました。 薬学生の役に立つ情報や経験談を発信しよう、というのがこのブログの最初から決めていた方針でした。 記事数は100を超え、毎日のページビューも500を越えました。 総ページビューは約9万で、今月中には10万を達…

「定時過ぎたら本気出す」って言ってる人、ほんとなんなの?【残業】

製薬会社で内勤をしていた時期のことです。 本当に残業が長い人いますよね。 いつ家に帰ってんの?ってくらい残業している人いますよね。 いつでも会議、いつでもパソコンをしかめっつらで見つめて、なにやら忙しそうにカタカタキーボードをたたいている。 …

製薬→病院→薬局に転職した薬剤師だけど、給料安くていいから定時で帰りたい

本当にこれにつきます。 残業、つらいです。 長時間労働、しんどいです。 心が折れます。 私はタフではないので、ちゃんと休まないとすぐにつぶれてしまいます。 長時間労働を強いられる職場ではやっていけないと悟りました。

ストレスに強くなるために「気晴らしリスト」100を作ってみた

今月の日経ウーマンに、ストレスコーピングに関する記事がありました。 日経WOMAN2016年12月号 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2016/11/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ストレスコーピングとは、ストレスを処理する対策のこと。 ストレス…

製薬会社MRが2年で病院薬剤師に転職した理由

私は新卒で製薬会社に就職しました。 最初はMRとして働いていました。 2年ほど勤務していましたが、病院薬剤師に転職しています。 今はその病院も転職し、調剤薬局で働いていますが… 製薬会社での経験はとても学びあるものでしたが、私にはずっと続けられる…

薬剤師のプライドが高いのは職業病です

薬剤師ってプライド高い人多いです。 自分もそうならないように気を付けてはいますが、それにしてもプライド高い人多いです。 何か知らんけど鼻もちならない人が多いんです。 薬剤師どうしでマウンティングをしたり、他職種にえらそうにしたり、かと思えば医…

人間関係の悩み。コミュニケーションは色と色のバランスに近いと思う

ここ数年、人間関係の悩みが尽きません。 学生時代とはまた種類の異なった問題が発生しています。 やはり同年代の好きなメンバーとだけつるんでいればよかった学生時代と違って、幅広い年代、職種、文化的背景を持つ人たちとかかわっていくのは簡単なことで…

薬剤師のメイクの方法。リップ・チークはオレンジで。病院・薬局実習生にもおすすめ!

私はこれまで製薬会社、病院、調剤薬局で勤務してきました。 製薬会社では一般社員でしたが、病院・調剤薬局では薬剤師として働きました。 薬剤師は医療従事者ですのでゴテゴテの厚化粧はできません。 派手な服装もできません。医療職ですので。 患者さんを…

日中眠くて仕方ない…そんな時に試したい対策。睡眠、ミンティア、エスタロンモカ、エナジードリンク

あなたは日中眠くて眠くて仕方ない思いをした経験はありませんか。 眠くて眠くて集中力が途切れまくって、仕事も手につかないくらいつらい思いをしたことはありませんか。 私は社会人になりたてのころ、日中の眠気に苦しめられました。 大事な会議でもうとう…

こんな人におすすめ!薬剤師に向いている性格3選

薬剤師は医療に携わる仕事です。 医薬品を扱いますし、時には命にかかわるような危険な調剤も行います。 複雑なメカニズムで効果を発現する医薬品について、患者さんにわかりやすく説明する必要もあります。 立ち仕事が多いので、意外に体力も求められます。…

【ブログ】薬学生だった昔の自分が読みたい、と思えるブログに育てたい

このブログのタイトルは「薬剤師のメソッド」です。 元ネタは映画の「鍵泥棒のメソッド」です。語感がよかったというのもありますが、このブログが薬剤師を目指す学生さんたちの助けに少しでもなればいいな、という願いを込めてもいます。 というのも、自分…

【仕事】うつになる前に「心療内科」「精神科」への受診を。怖い場所ではありません

現代はストレス社会。 仕事に人間関係、家庭問題、お金のこと…… 悩みを持っていない人などいない、といってもいいくらい、今を生きる人の頭に悩みは尽きません。 特に働く世代の方にとっては、仕事に関するストレスは非常に大きいでしょう。 毎日過剰な労働…

【仕事】心の健康のために私が実践していること。残業しない、タンパク質・鉄分を摂る、など

人間だれしも、できれば健康に生きたいと願うものです。 自分から不健康になることを願う変わり者はなかなかいないでしょう。 しかし、普段の心がけから、健康であろうと努められている人というのはなかなか少ないです。 私も健康でありたいと願うものの、生…

コーヒーナップはやる気が出ない、眠い午後にオススメ

午後ってしんどいですよね。 眠いですよね。ぼんやりしますよね。仕事なんてやってられませんよね。 午前中は集中力を保って仕事に打ち込めているのに、どういうわけか、昼食後って集中力ががくんと落ちますよね。 消化器官に血液が集まっているので脳みそが…

「うつが辛い時期」にやるべきことは運動・筋トレではなく、休養

はてなブログでこのような記事を読みました。 www.sayulog.com 最近「運動がうつへの特効薬!」というフレーズをネットで見かけることが増えたように感じます。 「筋トレが最強のソリューションである」なんて本も人気を集めていますね。 運動はもちろん健康…

薬剤師だけど大学時代やらずに後悔したことがたくさんある

薬剤師になるためには薬学部薬学科を卒業しなければなりません。 現代では薬学科を卒業するには最低でも6年の時間が必要になります。 18歳から24歳。長いですよね。はっきり言って面倒くさいです。 貴重な6年間を勉強に費やすので、薬学部への進学は結構なば…

薬剤師だけど国家試験を現役合格しておいて本当に良かった

私は6年制薬学部を卒業し、第97回国家試験を受験しました。 はじめての6年制国家試験ということで難易度の上昇を危惧していましたが、97回は難易度が比較的落ち着いていた試験ということで、無事に合格することができました。 今でこそ薬剤師の免許を持って…