薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

2019-11-09から1日間の記事一覧

【進級できない】薬学部6年制は忙しい。国家試験以外も勉強ばかり。卒業まで地獄【卒業できない】

薬学部は薬剤師になるために避けて通れない道です。 薬学部を突破せずには薬剤師になることはできません。 しかし、薬学部は非常に忙しいです。 社会人になってから「学生時代は忙しかったな」なんて振り返る人もいるくらいです。 それほど薬学部というもの…

【新卒】向いてない仕事はやるな。薬学部の就職先【薬剤師?サラリーマン?】

昔から思うことがあるのです。 「やりたいことがあるのならそれをやればいい。やりたいことをやるために、やらなければならないことがあるのなら、それをやるしかない」 「しかし、最初からやりたくないようなことは、やらなくてもいい」 ややこしい言い方で…

【残業つらい】製薬MR→病院→薬局に転職した薬剤師。定時で帰りたい【当直しんどい】

本当にこれにつきます。 残業、つらいです。 長時間労働、しんどいです。 心が折れます。 私はタフではないので、ちゃんと休まないとすぐにつぶれてしまいます。 長時間労働を強いられる職場ではやっていけないと悟りました。

【製薬会社?】就職活動について。薬学生は「新卒から薬剤師になりたいか」を考えよう【病院?】

春。 薬学部5年生の方は、そろそろ就職活動を意識する時期なのではないでしょうか。 テレビCMでもマイナビやリクナビの宣伝が流れていたりします。 相変わらず黒い髪に黒いリクルートスーツなんですね。 何年たってもこのスタイルは変わりませんね。日本の新…

【就職】薬学部6年制ってなんの意味があるんだろう【実習】

薬学部は2006年より6年制になりました。それまでは薬学部なら薬学科だろうと 研究系の学科だろうと薬剤師国家試験を受ける権利はあったのですが、今では6年制を選ばないと絶対に薬剤師になることはできません。6年になることで臨床に強い薬剤師を育成…

【就職】薬剤師の仕事に英語力は必要か?製薬会社の研究開発や病院なら特に重要かも【転職】

いまどき転職の際に当たり前に必要にされるスキルとして、「英語力」があります。 TOEICが何点、なんて当たり前ですし、TOEFLがどうとか、語学留学の経験があるとか、外国企業との共同プロジェクトを成功させた実績がある…とか、とにかくネタには事欠きませ…