薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

2019-01-29から1日間の記事一覧

【新卒】薬学部の就職活動は楽です。「薬剤師として」なら【病院・調剤薬局・製薬会社】

就職活動の季節。 全国ではあっちこっちで就職イベントが開催され、黒いリクルートスーツに身を包んだ就活生は三連休もお構いなしで、靴の底をすり減らしています。 そんな中、薬学部の就職活動といえば、比較的のんびりしています。 薬学部という性質上、仕…

【新卒】薬学部の就職はわりと楽?病院・薬局・製薬会社?【薬剤師】

薬学部5年生。 実務実習が終わると、次に待ち受ける課題は、就活です。 何の職業に就職するかによって、就活の時期は大きく異なります。 薬局ならぶっちゃけぎりぎりでもいいです。国家試験の後から就活を始めた人だっています。 しかし、病院や製薬会社を希…

【勉強熱心】薬剤師に多い性格。まじめ、態度でかい、性格きつい…?【変わり者】

薬剤師にも性格はいろいろですが、やはり薬学部を卒業して国家試験を越えている人たちだけあって、ある一定した特徴がみられます。 薬剤師だけの集まりに参加したりすると「ああ、薬剤師ってこういうところあるよなあ」って思ってしまいます。ふだんは薬剤師…

【就活】製薬会社の研究・開発職は旧帝大大学院じゃないと不利?【学歴フィルター】

理系大学院生の中で人気の職業と言えば「研究職」。 特に製薬会社の研究職は人気です。 新薬を作る研究職なんてロマンがあっていいじゃないですか。自分が携わった薬が世に出て患者さんの病気を治していくなんて、夢があっていいじゃないですか。 そして「開…

【学費高い】薬学部はお金がかかる。コスパ微妙…貧乏なら奨学金を借りるのも手だけど…【進学】

薬学部はお金がかかります。 一般に文系学部より理系学部のほうがお金がかかるのですが、薬学部はさらにかかります。 4年制ではなく6年制(薬剤師になれる方)を選択した場合はさらに学費がかかります。単純計算すると学費は1.5倍です。 国公立ならとも…

【研究開発】薬学部6年制の「学士」って何?修士との違いは?就職への影響は【製薬会社】

薬学部6年制を卒業すると「学士」という扱いになります。 これって不思議だと思いませんか? 通常、大学に6年間通うと「修士」という称号を得られます。 大学4年間を卒業すると「学士」になり、修士課程を修了すると「修士」になります。さらに博士課程を…

【新入生】薬学部の学生生活で後悔しないために。6年間の勉強地獄を続けられるか?【人間関係】

薬剤師になるためには薬学部に入らなければなりません。 厳しい受験を乗り越え、めでたく薬学部に入学。 かといって、これで終わりではありません。 薬学部に入学した後は、厳しい学生生活が待っています。 薬学部に入学したい学生さんには言っておきたいこ…

【卒業試験】薬剤師国家試験の感想。いつから勉強始める?5年生からやっとけ【実務実習】

薬剤師国家試験。 6年間の薬学部生活の集大成。これに合格すれば、めでたく薬剤師です。 どうか受験生の方は油断することなく、本気で勉強に取り組んでください。 薬剤師国家試験は怖い試験です。 薬学生の人生で一番恐ろしい試験と言ってもいいです。多くの…