薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬学部は難しいです。入学は簡単ですが、卒業するまでが大変です

薬学部への進学を目指す方にぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは「薬学部は難しい」ということです。

難しい、とはどういうことかというと、「卒業しづらい」ということです。

大学は入学することに意義があるわけではありません。

卒業して学位をとってはじめて、価値があります。

薬学部はとても卒業しづらい学部です。

6年間、勉強尽くしです。それに耐えられる人だけが薬学部を目指してください。

続きを読む

薬学部の学生生活で後悔しないために知ってほしいこと

f:id:method-of-pharmacist:20160710123512j:plain

薬剤師になるためには薬学部に入らなければなりません。

厳しい受験を乗り越え、めでたく薬学部に入学。

かといって、これで終わりではありません。

薬学部に入学した後は、厳しい学生生活が待っています。

 

薬学部に入学したい学生さんには言っておきたいことがあります。

ほかの学部の学生のように、遊んで暮らせるとは思ってはいけません。

薬学部は非常に勉強が厳しいです。

いつもいつもいつも勉強しなければなりません。

薬学部生活は非常にハードです。

軽い気持ちで卒業できると思ってはなりません。

そこだけは心得てください。

続きを読む

薬剤師を辞めたい…そう思ってしまう原因と対策

薬剤師として長く働いていると、いろいろ不安や不満もたまってきます。

薬剤師になりたてのころは「ばりばりがんばるぞ!」「患者さんのために身を尽くすぞ!」と意欲に燃えていたかもしれませんが、それもいつまでもは続きません。

気づいたら、目の前にある仕事を右から左に流していくだけ……そんな日々になってはいませんでしょうか。

仕事にやりがいを感じられず、「もう薬剤師辞めたい」と思ってしまうこともありませんか。

続きを読む

薬剤師、疲れた…。そう思ったら退職や転職してもいい

薬剤師はハードな仕事です。

楽な仕事だと一般的には思われがちですが、立ち仕事だったり、医薬品というものを取り扱う職業柄だったりで、ストレスが溜まります。

薬剤師は決して楽な仕事ではありません。ストレスは溜まりますし、そのストレスのぶんリターンがあるかというと、そうとも限りません。

 

薬剤師であることに疲れた。そう思ってしまう方も多いと思われます。

続きを読む

製薬会社MRが2年で病院薬剤師に転職した理由

私は新卒で製薬会社に就職しました。

最初はMRとして働いていました。

2年ほど勤務していましたが、病院薬剤師に転職しています。

今はその病院も転職し、調剤薬局で働いていますが…

製薬会社での経験はとても学びあるものでしたが、私にはずっと続けられるものとは思えず、数年でリタイアすることになってしまいました。

続きを読む

薬剤師をしていて苦労すること、しんどいと思うこと

薬剤師は医薬品を扱う職業です。

それゆえに神経を使い、ストレスをためることが多い職業です。

薬剤師として働いていて「ああ、しんどいなあ…」「薬剤師って苦労するなあ…」と思うことをピックアップしてみました。

続きを読む

薬学部の就職活動は楽です。「薬剤師として」なら

就職活動の季節。

全国ではあっちこっちで就職イベントが開催され、黒いリクルートスーツに身を包んだ就活生は三連休もお構いなしで、靴の底をすり減らしています。

そんな中、薬学部の就職活動といえば、比較的のんびりしています。

薬学部という性質上、仕事に困る危険性が少ないからでしょう。

続きを読む

製薬会社に就職したい薬学部学生へ。MRは難易度が低くおすすめ

f:id:method-of-pharmacist:20160715123959j:plain

薬学部卒業後の進路は多岐にわたります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、公務員、製薬会社など、さまざまな進路を選ぶことができます。

中でも人気が高く、難易度が高いのは製薬会社でしょう。

製薬会社に就職することによるメリットは多数存在します。

製薬会社に就職したい薬学部学生は、ぜひとも就職活動に尽力してみてください。

そして、なんとしても製薬会社に就職したい方は、MR(営業職)を目指してみてください。

続きを読む

研究職に就職したいなら薬学部は4年制を選ぼう

f:id:method-of-pharmacist:20160711190019j:plain

薬学部を卒業後の進路ですが、さまざまな選択肢があります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、公務員、製薬会社など・・・。

薬剤師として活躍できる仕事の範囲は広いです。

中でも製薬会社はハードルが高い職業です。

特に製薬会社の研究職となれば、薬学部からの就職活動の中でもトップレベルに難しいものになるでしょう。

製薬会社に限らず、食品メーカーや化粧品メーカーの研究職は、いずれも競争率の高い人気職業です。

これらの職業に就職する可能性を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。

続きを読む

【薬剤師国家試験】薬学部を卒業したら、社会人になる前にやるべきこと【お疲れさまでした】

薬剤師国家試験も終わり、あとは卒業式を待つだけ。

多くの薬学生にとって、今は人生の春を謳歌している時期なのではないでしょうか。

国家試験、お疲れ様です。長くの努力がようやく報われましたね。

来月から始まる社会人生活に備え、今はしっかり遊んで学生生活に未練がないようにしてください。

社会人になる前に、学生のうちにやっておくべきことがあります。

続きを読む

薬剤師国家試験の感想。早めに勉強しておいたほうがいいです

薬剤師国家試験。

6年間の薬学部生活の集大成。これに合格すれば、めでたく薬剤師です。

 

どうか受験生の方は油断することなく、本気で勉強に取り組んでください。

薬剤師国家試験は怖い試験です。

薬学生の人生で一番恐ろしい試験と言ってもいいです。多くの学生にとって、大学入試や就職試験より難関になるものでしょう。

なぜなら毎回「難易度が安定しない」から。

パターンがつかめないので、非常に対策を打ちづらいのです。

続きを読む

こんな人におすすめ!薬剤師に向いている性格3選

薬剤師は医療に携わる仕事です。

医薬品を扱いますし、時には命にかかわるような危険な調剤も行います。

複雑なメカニズムで効果を発現する医薬品について、患者さんにわかりやすく説明する必要もあります。

立ち仕事が多いので、意外に体力も求められます。

専門性の高い職種として日々活躍する薬剤師ですが、すべての人に向いているとは私は思いません。危険なものを扱う仕事ですので、多少の向き不向きはあります。

それでは、どんな性格を持つ人が、薬剤師に向いているでしょうか。

続きを読む

薬剤師女性が結婚できない理由

f:id:method-of-pharmacist:20160809121814j:plain

薬剤師の女性というのは、結婚が遅くなる傾向があります。

一般女性と比較すると、結婚に対する意識が強くはない人が多いのは否めません。

それは薬剤師が良くも悪くも結婚という現実を直視せずに暮らすことができる職業だから、と言えるでしょう。

続きを読む

薬剤師が持つべき倫理観について【仕事】

薬剤師は命にかかわる仕事です。

少し使い方を誤れば人間の生死も左右してしまうようなものを扱う仕事です。

毎日ルーチンのように薬を扱っていると、薬をそのような目で見ることも少なくなってしまうかもしれません。

しかし、薬は、患者さんにとって非常に大切なものです。

薬があるかないかで、自分の生活が大きく変わります。

そのような大切なものを扱うという意味で、薬剤師は常に倫理観を持って仕事をしなければなりません。

続きを読む

薬剤師になった理由はなんですか?

f:id:method-of-pharmacist:20160723170632j:plain

こういう質問を投げかけたとき、世の薬剤師のみなさんはどのような回答をするのでしょうか。

この世にはたくさんの職業がありますよね。

別に薬剤師に限らなくたっていいわけです。

なのにわざわざ、勉強期間も長くてお金もかかる薬剤師を目指す人は、今も昔も絶えないのは、いったい何故なんでしょう?

薬剤師はそんなにみんなが憧れる職業なのでしょうか。

あるいは社会的地位の高い職業なのでしょうか。

あるいはやりがいがある職業なのでしょうか。

続きを読む