薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

薬剤師国家試験の感想。早めに勉強しておいたほうがいいです

薬剤師国家試験。

6年間の薬学部生活の集大成。これに合格すれば、めでたく薬剤師です。

 

どうか受験生の方は油断することなく、本気で勉強に取り組んでください。

薬剤師国家試験は怖い試験です。

薬学生の人生で一番恐ろしい試験と言ってもいいです。多くの学生にとって、大学入試や就職試験より難関になるものでしょう。

なぜなら毎回「難易度が安定しない」から。

パターンがつかめないので、非常に対策を打ちづらいのです。

続きを読む

こんな人におすすめ!薬剤師に向いている性格3選

薬剤師は医療に携わる仕事です。

医薬品を扱いますし、時には命にかかわるような危険な調剤も行います。

複雑なメカニズムで効果を発現する医薬品について、患者さんにわかりやすく説明する必要もあります。

立ち仕事が多いので、意外に体力も求められます。

専門性の高い職種として日々活躍する薬剤師ですが、すべての人に向いているとは私は思いません。危険なものを扱う仕事ですので、多少の向き不向きはあります。

それでは、どんな性格を持つ人が、薬剤師に向いているでしょうか。

続きを読む

薬剤師女性が結婚できない理由

f:id:method-of-pharmacist:20160809121814j:plain

薬剤師の女性というのは、結婚が遅くなる傾向があります。

一般女性と比較すると、結婚に対する意識が強くはない人が多いのは否めません。

それは薬剤師が良くも悪くも結婚という現実を直視せずに暮らすことができる職業だから、と言えるでしょう。

続きを読む

薬剤師が持つべき倫理観について【仕事】

薬剤師は命にかかわる仕事です。

少し使い方を誤れば人間の生死も左右してしまうようなものを扱う仕事です。

毎日ルーチンのように薬を扱っていると、薬をそのような目で見ることも少なくなってしまうかもしれません。

しかし、薬は、患者さんにとって非常に大切なものです。

薬があるかないかで、自分の生活が大きく変わります。

そのような大切なものを扱うという意味で、薬剤師は常に倫理観を持って仕事をしなければなりません。

続きを読む

薬剤師になった理由はなんですか?

f:id:method-of-pharmacist:20160723170632j:plain

こういう質問を投げかけたとき、世の薬剤師のみなさんはどのような回答をするのでしょうか。

この世にはたくさんの職業がありますよね。

別に薬剤師に限らなくたっていいわけです。

なのにわざわざ、勉強期間も長くてお金もかかる薬剤師を目指す人は、今も昔も絶えないのは、いったい何故なんでしょう?

薬剤師はそんなにみんなが憧れる職業なのでしょうか。

あるいは社会的地位の高い職業なのでしょうか。

あるいはやりがいがある職業なのでしょうか。

続きを読む

仕事にやりがいを感じない、辞めたい…と思うとき。みんな自分を認められたい【転職】

人は労働を続けて生きていく生き物です。

よほどの資産家か、親が裕福か、石油王でもない限り、基本的に人は働きます。

生活するお金を稼ぐために働きます。

生活のために続けざるを得ないのが労働なのですが、時折「やりがいがない…」「仕事つまらない…」「仕事辞めたい…」と思ってしまう、そんな人も多いでしょう。

仕事にやりがいがない、と感じているとき、私たちはどのような状況にあるのでしょう。少し考えてみましょう。

続きを読む

薬学部の学費が高い問題。私立大学だと卒業までに1200万かかる現実

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

続きを読む

薬学部におすすめするアルバイト。塾講師はいかがですか?

f:id:method-of-pharmacist:20161124203324j:plain

薬学部は忙しいです。アルバイトする時間もなかなか確保できません。

講義に実習に試験にレポートに…暇というものがありません。

つねに6年間忙しさに追われながら生活することになります。

しかし、やっぱり学生ですから遊びたいですよね。

遊ぶためのお金だってほしいですよね。

とくに下宿の学生なら、アルバイトで生活費を稼ぐのは必然的になってきますよね。

忙しい薬学部生活の中でもやれるアルバイトといえば、なんでしょうか。

個人的におすすめするものを下記に示します。

続きを読む

薬学部の実務実習が辛い。薬剤師とのトラブルや悩みを抱える学生さんへ

f:id:method-of-pharmacist:20160813115003j:plain

 

薬学部では5年次に実務実習が行われます。

大学によって多少の違いがありますが、基本的には5月~7月に「第1期」、9月~11月に「第2期」の実習が行われます。学校によっては第3期、第4期もありますね。

実習先は「病院」と「調剤薬局」。それぞれの場所で経験を積み、薬剤師が実際にどのような仕事をしているのかを現場体験を通じて習得していきます。

 

さて、この実習ですが、薬学部5年生のみなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

 

指導薬剤師さんとの関係は良好ですか?

日々の実習内容に満足していますか?

薬剤師として意義あるものを学んでいますか?

薬剤師になりたいという思いは大きくなっていますか?

 

今回の記事は、実務実習を経て逆に「薬剤師になりたくない」「薬剤師が怖い」「実務実習に行きたくない」と思った学生さん向けのものです。

続きを読む

【就職】病院薬剤師に向いている人【転職】

薬学生の就職先として昔から人気がある「病院薬剤師」。

病院薬剤師、この響きに心惹かれて就職した人も多いんじゃないでしょうか?

病院薬剤師ってなんかかっこよさそうですよね。

ばりばり仕事をしていそうですし、チーム医療の一員として患者さんの病気の治癒に貢献している感じがしそう。

医療ドラマの一員になったような気分になれます。

ぼんやりした憧れをもって病院薬剤師になる人は、実は少なくないんじゃないでしょうか。

続きを読む