薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

「薬剤師のメソッド」の説明と、初めての方におすすめの記事

当ブログ「薬剤師のメソッド」は、現役薬剤師が運営する「薬学生・薬剤師の人生について考えるブログ」です。薬学部への進学、薬学部での学生生活、実習のこなしかた、国家試験対策、就職活動、就職後の仕事、転職……薬剤師にかかわるあらゆることをピックアップして自分の経験などを交えながら語っていくブログです。

 

  • 管理人ぴーについて
  • 薬剤師のメソッドをつくった理由
  • 初めての方にお勧めの記事
  • 進学について
    • 薬学部に入ろうか迷っている高校生
    • 医学部に未練がある方に
    • 社会人で薬学部に行きたい方
  • 学生生活について
    • OSCE/CBTについて
    • 実務実習について
    • 就職活動について
    • 国家試験について
  • 仕事について
    • 転職について
  • これからも更新します
続きを読む

【ジーンズはダメ】その髪型大丈夫?薬学部OSCEでNGなメイク・服装【つけまつげもダメ】

f:id:method-of-pharmacist:20161203231342j:plain

そろそろ薬学部はOSCEとCBTの季節ですね。

薬学部4年次の目玉、OSCE(オスキー)とCBT。準備に力を入れている方も多いでしょう。

CBTはいわゆる学力テストのようなものなので、普通に準備をすれば大丈夫です。4年次まで真面目に薬学部で勉強してきた人なら突破できる難易度でしょう。

問題はOSCEです。「実技」を目的としたこの試験は、まず学生の外見から評価され、減点対象になります。臨床現場ではないからと言って適当な恰好をしていると、減点され、最悪落とされてしまいます。

続きを読む

【奨学金借りる?】薬学部の学費を安くしたいなら国公立大学へ進学せよ【実家から通える?】

薬学部は学費の高い学部です。

基本的に6年間通う学部ですので、自然と学費が高くなりがちです。

6年間通うということを前提において、入学前から学費についてよくご家族と相談しておくといいでしょう。私立と国公立大学では全く学費が異なります。

私立大学出身者は自らのことを「課金勢」と名乗るほどです。高いお金を出して薬剤師になるというのはなかなかに高いハードルなのです。

続きを読む

【進学】薬学部の勉強がつらすぎてうつ病・メンヘラになるな!病む前にちゃんと息抜きをしよう【新入生】

f:id:method-of-pharmacist:20160719230342j:plain

薬学部の学生はまじめな人が多いです。

地道にこつこつ勉強する人が多く、努力を惜しみません。

その姿勢は大変すばらしいですが、あまりにも力を注ぎすぎると、あるときぽっきり心が折れてしまいます。

長い薬学部生活、ちゃんと息抜きしながら生きていかないと、ガス欠を起こしてしまいます。

薬学部での生活にストレスをため込みすぎると、うつ病のようなメンタル系の病気を発症してしまうことだってあります。

学生の皆さんは若いので想像がつかないかもしれませんが、心身を壊すというのは大変なことです。

時間もお金も失いますし、何より大事な健康を失ってしまいます。

健康なくしては勉強はできません。

絶対に無理はしすぎないでください。

続きを読む

【進学】薬剤師は奨学金を返せる?学費は高い。借りた金額と職種による…【就職】

これから進学を考えている高校生、就職先を探している薬学生に考えてほしいことがあります。特に奨学金を借りている学生。これは今後の人生にかかわる問題なのでよく考えてください。

「薬剤師に本当になりたいのか」「薬剤師になったとしてちゃんと奨学金を返せるのか」

これを無視したまま生きていくのは難しいです。何も気にしないでいられたら幸運ですけどそうもいかないことが多いです。お金の問題はいつでも生活についてきてまとわりつきます。たとえ大学を卒業しても、むしろ卒業後が本番です。

続きを読む

【就活】製薬会社の研究・開発職は旧帝大大学院じゃないと不利?【学歴フィルター】

理系大学院生の中で人気の職業と言えば「研究職」。

特に製薬会社の研究職は人気です。

新薬を作る研究職なんてロマンがあっていいじゃないですか。自分が携わった薬が世に出て患者さんの病気を治していくなんて、夢があっていいじゃないですか。

そして「開発職」も人気です。

臨床試験のために担当エリアの病院を廻り、開始試験の説明をしたり、試験データを回収したり、データを解析したり、指定した形式の報告書を作成して国に提出したり…

基本的に「新薬」の誕生にかかわるのが研究・開発職の役割です。

未だ治療されていない病気…アンメットメディカルニーズを満たすためにも製薬会社の研究開発職は大変に存在意義がある職業です。

強い倫理観と確かな研究テクニックがある人にとっては、天職とも言えるでしょう。

続きを読む

【恋愛】薬学部生は大学時代に結婚相手を見つけよう【薬剤師の恋活・婚活】

これは本当に言っておきます。

薬学部生は大学時代に結婚相手を見つけておいた方がいい。

社会人になってから結婚相手を探せばいいや、なんて安易に考えていると、大変なことになります。

現実を思い知って、絶望する羽目になります。

ほんと学生時代から将来計画したほうがいいですよ。

歳を重ねすぎてからでは後悔しますからね。

続きを読む

【つらい】新入社員の社内ニートはマジでうつになるから転職を検討したほうがいい【暇すぎ】

社内ニート。

この言葉を聞いたことがある新入社員の方は多いんじゃないでしょうか。

会社員なのにニート?

疑問に思うでしょう。

しかし、実態はこの言葉通りです。

会社に来ているのに見事にやることがない。

椅子に座ってパソコンの前に座って放心状態。

朝から夕方までその調子。

「俺は何のためにここに来ているんだ…」と自問自答の日々。

新入社員の方はオフィスを注意深く観察してみてください。

忙しい部署でも必ず一人くらいはいるはずです。社内ニートの先輩。

続きを読む

【進学】「医学部行きたかったけど妥協して薬学部に来た」学生が危険な理由【学歴コンプレックス】

医学部。

それは理系学部でも最高峰であり、どの学部も文句をつけようがない高い偏差値・勉強量を誇ります。

このブログでしつこく「薬学部はしんどい」と言い続けましたが、医学部とは比較になりません。

医学部生の勉強量は薬学生のそれとは比べ物になりません。

医師として成功している友人を見る限り、薬学生とは比較にならない高いモチベーションと、多い勉強量と、「患者さんを救いたい」という強い倫理観を持っています。

医学部は選ばれた人間しか行けません。

軽い憧れで進学できるほど甘い学部ではないことは、火を見るより明らかでしょう。

続きを読む

【薬学部】薬剤師になりたいのなら覚悟しておくべきこと30【6年間の地獄】

f:id:method-of-pharmacist:20160717104022j:plain

薬学部に行くなら知っておきたいこと

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

 

薬剤師は人気の高い職業です。

就職先が多い、専門職、医療の現場に貢献できる、収入が安定している、社会的な地位がそれなりに高い……メリットは多くあります。

この不況の時代では薬剤師が重宝されるのはよくわかります。

昔も今も薬剤師は大人気の職業です。

薬学部に進学したいと思う学生が多いのも自然なことです。

しかし軽い気持ちで薬学部に入ってしまったがゆえに、後悔してしまう学生が多いことも現実です。

薬剤師になりたいと思っているのであれば、それゆえに覚悟しなければならないことは数多くあります。

薬学部に進学する前に、以下のことは心得てください。

  • 1.6年間という薬学部生活は長い
  • 2.6年間勉強尽くし
  • 3.性格が暗くなる
  • 4.圧倒的に遊べない
  • 5.進級が難しい
  • 6.同級生が減って寂しい
  • 7.国家試験が難しい
  • 8.医学部にはかなわない
  • 9.学費が高い
  • 10.薬剤師になった後も勉強が必要
  • 11.新薬の勉強が大変
  • 12.楽じゃない
  • 13.立ち仕事がつらい
  • 14.思ったより稼げない
  • 15.女社会
  • 16.職場が狭い
  • 17.昇給しにくい
  • 18.夜勤がつらい
  • 19.専門バカになる
  • 20.モンスターペイシェントに絡まれる
  • 21.ブラック研究室に落ちる可能性
  • 22.ブラック実習先に当たる可能性
  • 23.非リアな6年間
  • 24.コミュ障になる可能性
  • 25.卒業延期のつらさ
  • 26.国家試験予備校に通わなければならない
  • 27.ほかの学生より老ける
  • 28.メンタル面の問題を抱える人が多い
  • 29.自分との戦いが続く
  • 30.生涯勉強

 

続きを読む

【進学】薬学部は難しいです。入学は簡単ですが卒業・薬剤師になるまでが大変【地獄】

薬学部への進学を目指す方にぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは「薬学部は難しい」ということです。

難しい、とはどういうことかというと、「卒業しづらい」ということです。

大学は入学することに意義があるわけではありません。

卒業して学位をとってはじめて、価値があります。

薬学部はとても卒業しづらい学部です。

6年間、勉強尽くしです。それに耐えられる人だけが薬学部を目指してください。

続きを読む

【新卒】製薬会社に就職したい薬学部・理系学生へ。MRは難易度が低くおすすめ【営業】

f:id:method-of-pharmacist:20160715123959j:plain

薬学部卒業後の進路は多岐にわたります。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、公務員、製薬会社など、さまざまな進路を選ぶことができます。

中でも人気が高く、難易度が高いのは製薬会社でしょう。

製薬会社に就職することによるメリットは多数存在します。

製薬会社に就職したい薬学部学生は、ぜひとも就職活動に尽力してみてください。

そして、なんとしても製薬会社に就職したい方は、MR(営業職)を目指してみてください。

続きを読む

【学費高い】薬学部はお金がかかる。薬剤師になってもコスパ微妙…奨学金を借りるのも手だけど…【進学】

薬学部はお金がかかります。

一般に文系学部より理系学部のほうがお金がかかるのですが、薬学部はさらにかかります。

4年制ではなく6年制(薬剤師になれる方)を選択した場合はさらに学費がかかります。単純計算すると学費は1.5倍です。

国公立ならともかく、私立大学だと結構な金額です。最低でも1200万円かかります。果たして、そこまでのお金を投じて薬学部とは通うべき学部なんでしょうか?

進路選択する前に良く考えてみてください。

続きを読む

【進学】薬学部の学費は高い。薬剤師になるために私立大学だと最低1200万【奨学金借りる?】

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

続きを読む

【進学】薬学部に青春はない。リア充は諦めろ。薬剤師免許に心臓を捧げよ【地獄】

大学生活。この響きにあなたはどんなイメージを持っているでしょうか。まだ大学に通っていない高校生の方に考えてもらいたいです。

華やかでしょうか?アルバイトやサークルで忙しい毎日でしょうか?飲み会や遊び、合コン、旅行に明け暮れますか?ボランティア、留学、インターンなどに勤しみますか?

日本の大学生はだいたい上記のように過ごすんじゃないでしょうか。もちろんだらだらとyoutubeを見たり、アニメ見たり、漫画読んだり、ゲームしたり、そういうのも大事です。その時期に触れたものというのは30歳40歳になっても意外と記憶に残るらしいですから。

ところで、あなたは薬学部に行きたいですか?

そして上記のような学生生活を送りたいですか?

だったら先に言っておきます。あきらめてください。

続きを読む