薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

「薬剤師のメソッド」の説明と、初めての方におすすめの記事

当ブログ「薬剤師のメソッド」は、現役薬剤師が運営する「薬学生・薬剤師の人生について考えるブログ」です。薬学部への進学、薬学部での学生生活、実習のこなしかた、国家試験対策、就職活動、就職後の仕事、転職……薬剤師にかかわるあらゆることをピックアップして自分の経験などを交えながら語っていくブログです。

 

  • 管理人ぴーについて
  • 薬剤師のメソッドをつくった理由
  • 初めての方にお勧めの記事
  • 進学について
    • 薬学部に入ろうか迷っている高校生
    • 医学部に未練がある方に
    • 社会人で薬学部に行きたい方
  • 学生生活について
    • OSCE/CBTについて
    • 実務実習について
    • 就職活動について
    • 国家試験について
  • 仕事について
    • 転職について
  • これからも更新します
続きを読む

【進学】薬学部あるある30選【進級できない】

f:id:method-of-pharmacist:20160714111805j:plain

 

薬学部で暮らしていると「ああ、またか・・・」というような事態に出くわします。

薬学部にいると気づかないものですが、ほかの学部からすると非日常であったり、「そんなこといつも経験しているの?!」と驚かれるようなものであったりするようです。

薬学部の学生のみなさんは、「薬学部あるある」は経験していますか?

今回は私をはじめとした多くの薬学部生が経験したであろう「薬学部あるある」について書いてみたいと思います。

続きを読む

【進学】薬剤師の将来性はない?AIに代替される?安定した生活を送れるという誤解【就職】

f:id:method-of-pharmacist:20160808201753j:plain

薬剤師は人気がある職業です。

毎年のように「将来なりたい職業」ランキングの上位に食い込んできます。

薬剤師が人気を集める理由として「将来安定した生活を送ることができるから」というものがあります。

これはある意味正しく、ある意味間違っています。薬剤師は確かに安定していましたし、医療現場から必要とされ続けていた職業ですので、需要も高く、一定の社会的評価を得てきました。少なくともこの過去30年ほどだけで言うのであれば、薬剤師は安定した職業でした。

しかし、この先がどうなるかというのは誰にも断言できません。

続きを読む

【親が裕福じゃなくても】薬学部の学費を安くしたいなら国公立大学へ進学せよ【大丈夫】

薬学部は学費の高い学部です。

基本的に6年間通う学部ですので、自然と学費が高くなりがちです。

6年間通うということを前提において、入学前から学費についてよくご家族と相談しておくといいでしょう。私立と国公立大学では全く学費が異なります。

私立大学出身者は自らのことを「課金勢」と名乗るほどです。高いお金を出して薬剤師になるというのはなかなかに高いハードルなのです。

続きを読む

薬剤師の仕事に英語力は必要か?製薬会社や病院なら特に重要かも

f:id:method-of-pharmacist:20160730122411j:plain

いまどき転職の際に当たり前に必要にされるスキルとして、「英語力」があります。

TOEICが何点、なんて当たり前ですし、TOEFLがどうとか、語学留学の経験があるとか、外国企業との共同プロジェクトを成功させた実績がある…とか、とにかくネタには事欠きません。

英語ができて損をすることは全くありません。

転職するうえで英語のスキルは「あるといい」レベルではなく、もはや「ないと困る」ものです。

当たり前のように英語を読み書きし、コミュニケーションに利用する時代が来ています。

英語が苦手な人には頭が痛い問題です。

さて、薬剤師が仕事をするうえで、英語力は求められるのでしょうか。

続きを読む

【就活】製薬会社の「研究職」と「開発職」は全く違う。開発は実験しない!【薬学部は有利?】

製薬会社での面接対策について

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

 

製薬会社に就職したい学生さんの話をよく聞きます。

大学の後輩からも「製薬会社に就職するためにはどうしたらいいですか?」という質問を受けます。

しかし彼らに「何をやりたいのか」と聞くと、このような返答が。

「研究開発職に就きたいです」

 

……研究開発。

しばしば同一視されるこれらの職業、実はまったく業務が異なることをご存知でしょうか。

続きを読む

【進学】薬学部の学費は高い。私立大学だと6年間で最低1200万【奨学金借りる?】

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

続きを読む

【進学】薬学部は難しいです。入学は簡単ですが、卒業するまでが大変【地獄】

薬学部への進学を目指す方にぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは「薬学部は難しい」ということです。

難しい、とはどういうことかというと、「卒業しづらい」ということです。

大学は入学することに意義があるわけではありません。

卒業して学位をとってはじめて、価値があります。

薬学部はとても卒業しづらい学部です。

6年間、勉強尽くしです。それに耐えられる人だけが薬学部を目指してください。

続きを読む

【モテない?】薬剤師女性が結婚できない理由。結婚相手としてはメリットあり【性格悪い?】

f:id:method-of-pharmacist:20160809121814j:plain

薬剤師の給料について

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

 

薬剤師の女性というのは、結婚が遅くなる傾向があります。

一般女性と比較すると、結婚に対する意識が強くはない人が多いのは否めません。

それは薬剤師が良くも悪くも結婚という現実を直視せずに暮らすことができる職業だから、と言えるでしょう。

続きを読む

【進学】社会人からでも薬学部に入り、薬剤師免許を取得できる!ただし国家試験に合格するかは分からない【編入】

先日、製薬会社時代の知人から連絡が入りました。

今年の春から薬学部に入学し、大学生として薬学を学ぶことにしたそうです。

彼は製薬会社にいたころから薬剤師に興味を持っていました。

ある大学の工学部を卒業し、MRとして営業活動に携わっていましたが、医師や薬剤師などの医療従事者と携わるうちに「さらに専門的な知識を磨きたい」と思うようになり、いつしか薬学部を目指すまでになりました。

彼のような、社会人になってから薬学部に入る人は結構います。

続きを読む

【就職】製薬会社はホワイト?ブラック?地域によるしMRか研究開発にもよる【転職】

薬学生の就職先としては病院、調剤薬局、ドラッグストア、CROなどいろいろありますが『製薬会社」も挙げられます。製薬会社にもいろいろな職種で就職する人がいます。研究開発もいればMRもいたり、学術、品質保証など多くの部署に就職する人がいます。

さて、この製薬会社ですが「ホワイト」と言う人もいれば「ブラック」な世界だという人もいます。

私自身製薬会社で数年過ごしたことがありますが、果たして製薬会社はブラックなのでしょうか?それとも労働者にやさしいホワイトな世界なのでしょうか。

そのへんについてこの記事で述べてみたいと思います。

続きを読む

【激務】当直がつらいと思うなら病院薬剤師への就職・転職は向いていない【薄給】

3月。

世間は就職活動開始で、世の大学生はあわただしく走り回っています。

薬学生には就活は遠い言葉のように聞こえるかもしれません。

しかし、製薬会社志望者なら、今の時期から動き始めなくてはありません。

ライバルは大量の学生です。薬学部出身ということは今どき大したメリットではありません。薬学生は世の中にあふれかえっています。

彼らに負けないように就活には気合を入れましょう。

続きを読む

【残業つらい】製薬MR→病院→薬局に転職した薬剤師。給料安くていいから定時で帰りたい【当直しんどい】

f:id:method-of-pharmacist:20161115194610j:plain

 

本当にこれにつきます。

残業、つらいです。

長時間労働、しんどいです。

心が折れます。

私はタフではないので、ちゃんと休まないとすぐにつぶれてしまいます。

長時間労働を強いられる職場ではやっていけないと悟りました。

続きを読む

【就職】薬剤師は暇そう?忙しい?調剤薬局より病院が激務?【ブラック】

薬剤師はなぜか「暇そう」というイメージを持たれる職業です。

調剤室の奥で引きこもっている印象があるからでしょうか。

あまり人目に触れない職業と言うのもあって、「あまり忙しくない」「楽に稼げそう」などという漠然としたイメージを持たれることがあります。

私も知人の学生から「薬剤師は楽して稼げる職業のように思えるから薬学部への進学を考えている」と相談されたことがあります。

しかし、実際は異なります。

続きを読む

【就職】製薬会社MRは激務で辛い。稼げるけどきついよ【新卒】

製薬会社のMRは営業職です。

病院やクリニック、調剤薬局を訪れて、医師や薬剤師などの医療従事者を対象に、自社製品のプロモーションを行います。

目当ては「自社製品の採用」。営業は製品を売ってなんぼの仕事です。

なかなか首を縦に振ってくれないへそ曲がりなドクターもたくさんいます。

そんな先生方をなだめすかして理論をぶつけてみたり情に訴えかけてみたりありとあらゆる方法で自社製品の口座をゲットする…

そんなMRですが営業職の中では破格の待遇です。

「文系で稼ぎたい!」と思う方にはMRになることをおすすめします。

激務です。激務です。激務です。だけど、稼げることだけは保証します。しかし、激務です。

続きを読む