薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

「薬剤師のメソッド」の説明と、初めての方におすすめの記事

当ブログ「薬剤師のメソッド」は、現役薬剤師が運営する「薬学生・薬剤師の人生について考えるブログ」です。薬学部への進学、薬学部での学生生活、実習のこなしかた、国家試験対策、就職活動、就職後の仕事、転職……薬剤師にかかわるあらゆることをピックアップして自分の経験などを交えながら語っていくブログです。

 

  • 管理人ぴーについて
  • 薬剤師のメソッドをつくった理由
  • 初めての方にお勧めの記事
  • 進学について
    • 薬学部に入ろうか迷っている高校生
    • 医学部に未練がある方に
    • 社会人で薬学部に行きたい方
  • 学生生活について
    • OSCE/CBTについて
    • 実務実習について
    • 就職活動について
    • 国家試験について
  • 仕事について
    • 転職について
  • これからも更新します
続きを読む

【ジーンズはダメ】その髪型大丈夫?薬学部OSCEでNGなメイク・服装【つけまつげもダメ】

f:id:method-of-pharmacist:20161203231342j:plain

そろそろ薬学部はOSCEとCBTの季節ですね。

薬学部4年次の目玉、OSCE(オスキー)とCBT。準備に力を入れている方も多いでしょう。

CBTはいわゆる学力テストのようなものなので、普通に準備をすれば大丈夫です。4年次まで真面目に薬学部で勉強してきた人なら突破できる難易度でしょう。

問題はOSCEです。「実技」を目的としたこの試験は、まず学生の外見から評価され、減点対象になります。臨床現場ではないからと言って適当な恰好をしていると、減点され、最悪落とされてしまいます。

続きを読む

【就職】女性MRは顔採用?美人が多い?枕営業はあるのか?【新卒】

製薬会社の営業職といえばMRです。ひと昔前まではプロパーと呼ばれ、男性比率が圧倒的に高かったのですが、男女平等が叫ばれる昨今、女性MRも多く活躍しています。就職活動においても、女子大生が製薬会社のMRを目指して就活するケースは多く見受けられます。自分の時間を自由にコントロールでき、年収も高いMRという職業は、激務ではありますが人気です。

 

続きを読む

【就職】女性が製薬会社MRで働くのは大変!!覚悟すべきこと【新卒】

MRは製薬会社の営業職です。

一昔前までは男性の仕事というイメージがありましたが、最近は女性を多く採用する企業も増えました。新卒での女性MRも最近はたくさん見かけます。ちょっと前までは「プロパー」といって会社経費を使いまくって接待させまくるイメージがあったかもしれませんが、2013年から接待禁止されたこともあって、MR=とにかく接待する仕事、という印象も変わってきたと思います。

そして女性の社会進出が増えてきたこともあり「営業の事務=裏方」ではなく、前線としてMR(営業)に繰り出す女性も増えてきています。企業もそういう女性を採用する方向に出ています。企業としても、女性を一定数雇用する方が社会的な体面が保てますしね…

続きを読む

【進学】暇すぎるニート・その親へ。薬学部行って薬剤師になろう【国家資格】

働きたくない。

多くの人類の共通の答え、働きたくない。

働きたい。え、あなた、働きたいんですか?正気ですか?

お金と衣食住さえ整っているのであれば、働かない生活のほうが良くないですか?

なんで働くんですか?お金のためでしょう?

お金がかかっていないのであれば70億人のうち69.99999999億人は働きたくないはずです。お金を稼ぐために働いているのです。ありがとうを集めるために働いている?はい、サヨウナラ~。わたしたちは今日も明日もお金のために働くのです。それ以上でもそれ以下でもありません。やりがいなんて犬に食べさせとけばいいのです。

続きを読む

【就職】薬剤師で1000万円稼げるか?病院は薄給?【高年収】

f:id:method-of-pharmacist:20161127204058p:plain

薬剤師として働いている、と言うと、よく他人に言われることがあります。

「薬剤師ってうらやましい!たくさん稼げるんでしょ?お金持ちなんでしょ?」

薬剤師にどのようなイメージがあるのかはわかりませんが、薬剤師ではない人と話をしていると「薬剤師=お金持ち」という前提で話をされることが多いように思います。

最初に否定しておきます。そんなに稼げません。

続きを読む

【新卒】薬学部の就活について。説明会に行く?病院・薬局・製薬会社?【薬剤師】

f:id:method-of-pharmacist:20161122211716j:plain

薬学部5年生。

実務実習が終わると、次に待ち受ける課題は、就活です。

何の職業に就職するかによって、就活の時期は大きく異なります。

薬局ならぶっちゃけぎりぎりでもいいです。国家試験の後から就活を始めた人だっています。

しかし、病院や製薬会社を希望するなら、行動は早い方がいいでしょう。

実務実習が終わったからといって気を抜いていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。就活に乗り遅れないように気を付けましょう。

続きを読む

【進学】薬剤師の将来性はない?AIに負ける?安定した生活を送れるという誤解【就職】

f:id:method-of-pharmacist:20160808201753j:plain

薬剤師は人気がある職業です。

毎年のように「将来なりたい職業」ランキングの上位に食い込んできます。

薬剤師が人気を集める理由として「将来安定した生活を送ることができるから」というものがあります。

これはある意味正しく、ある意味間違っています。薬剤師は確かに安定していましたし、医療現場から必要とされ続けていた職業ですので、需要も高く、一定の社会的評価を得てきました。少なくともこの過去30年ほどだけで言うのであれば、薬剤師は安定した職業でした。

しかし、この先がどうなるかというのは誰にも断言できません。

続きを読む

【親が裕福じゃなくても】薬学部の学費を安くしたいなら国公立大学へ進学せよ【大丈夫】

薬学部は学費の高い学部です。

基本的に6年間通う学部ですので、自然と学費が高くなりがちです。

6年間通うということを前提において、入学前から学費についてよくご家族と相談しておくといいでしょう。私立と国公立大学では全く学費が異なります。

私立大学出身者は自らのことを「課金勢」と名乗るほどです。高いお金を出して薬剤師になるというのはなかなかに高いハードルなのです。

続きを読む

薬学部あるある30選

f:id:method-of-pharmacist:20160714111805j:plain

 

薬学部で暮らしていると「ああ、またか・・・」というような事態に出くわします。

薬学部にいると気づかないものですが、ほかの学部からすると非日常であったり、「そんなこといつも経験しているの?!」と驚かれるようなものであったりするようです。

薬学部の学生のみなさんは、「薬学部あるある」は経験していますか?

今回は私をはじめとした多くの薬学部生が経験したであろう「薬学部あるある」について書いてみたいと思います。

続きを読む

【進学】やる気がない受験生は薬学部に来るな。絶対後悔するから【地獄】

このブログは一定数「薬学部 後悔」というワードで検索されて来る方がいます。

このブログで再三言っていますが薬学部は恐ろしい学部です。

勉強ばかりする学部です。2005年以前の旧4年制ならまだましでした。

4年勉強すれば薬剤師になれるのですから、勉強地獄も4年で解放されました。まあ大学院に進む学生も結構いたようですが…

ところが2006年からは「薬剤師になりたい」と思うのであれば最低6年大学に通わなければならなくなりました。ぶっちゃけこれは改悪としか思えませんし、薬剤師って6年も通わないと取れない資格なのか大きな疑問なのですが…とにかく、現代日本で薬剤師になりたいと思うのであれば「6年制薬学部」を選択するしかありません。4年制?あんなの選んでも薬剤師になれませんよ。間違って4年制を選んでしまった?ご愁傷様です。

続きを読む

【新社会人】電通新入社員過労死事件に薬剤師が思うこと:健康に勝る仕事はない【就職】

電通新入社員が過労自殺した件について、東京労働局が電通に立ち入り調査を始めました。

過労死した新入社員は、月100時間を超える残業をしていました。彼女のツイッター内容を見る限り、「午前4時に退社」「1日20時間会社にいる」など、月100時間ではおさまりきらない残業をしていたことも予測がつきます。

 

聞き取りを受けたほかの社員も、「ここ数か月は月100時間以上の残業が続いている」と証言しており、電通の常軌を逸した労働形態がうかがえます。

 

今回の調査で電通の異常な労働状況が明るみになり、長時間残業に苦しむ社員がいなくなることを願ってやみません。新入社員の彼女が命がけで伝えてくれたメッセージが、日本の労働を変えることを祈っています。

続きを読む

【病院・調剤薬局?】薬学部で就活するなら気を付けること【製薬会社?】

薬学部は、一般的に就職活動が楽といわれる学部です。

6年制ですと薬剤師免許取得見込と扱われるので、病院や調剤薬局に就職できる可能性は高いです。現在のところ、就職に失敗して仕事にあぶれてしまう……といった心配に襲われる可能性は低いのが薬学部の就職事情でしょう。

それでは、そんな薬学生が就活をするとなると、どこに焦点を当てて実行すべきなのでしょうか?「薬剤師だからどこでもいい」と安易に決めてしまってもいいのでしょうか?

続きを読む

【放置】薬学部の実務実習が辛い。指導薬剤師とのトラブルや悩みについて【就活】

f:id:method-of-pharmacist:20160813115003j:plain

 実習時の服装、メイクについて

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

薬学部では5年次に実務実習が行われます。

大学によって多少の違いがありますが、基本的には5月~7月に「第1期」、9月~11月に「第2期」の実習が行われます。学校によっては第3期、第4期もありますね。

実習先は「病院」と「調剤薬局」。それぞれの場所で経験を積み、薬剤師が実際にどのような仕事をしているのかを現場体験を通じて習得していきます。

 

さて、この実習ですが、薬学部5年生のみなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

 

指導薬剤師さんとの関係は良好ですか?

日々の実習内容に満足していますか?

薬剤師として意義あるものを学んでいますか?

薬剤師になりたいという思いは大きくなっていますか?

 

今回の記事は、実務実習を経て逆に「薬剤師になりたくない」「薬剤師が怖い」「実務実習に行きたくない」と思った学生さん向けのものです。

続きを読む

【進学】薬学部の学費は高い。私立大学だと6年間で最低1200万【奨学金借りる?】

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

続きを読む