薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

ウィズコロナ時代で薬学部進学、薬剤師を目指すメリットデメリット

いつの時代も進学は人生の大きなテーマです。進学するのか就職するのか、やりたいことはあるのかこれから探すのか、日本にいるのか外へ出てみるのか…自分のこの先を真剣に考える機会です。

しかし今ほど真剣に考える、そして誰も答えがわからない時代というのもそうないでしょう。100年に一度の災害といわれる新型コロナウイルス、そして人類の戦い。日本も他人事ではありませんし、今後何年かは生活に影響をもろ受けるのは確実です。

このブログは薬学部や薬剤師について発信しています。今後のコロナ時代で、果たして薬学部進学はよい選択といえるでしょうか。

 

 

 

コロナ時代だろうと薬学部はきつい

学費がない、勉強がつらい。卒業までが長い。

薬学部のしんどさは無数にありますが、代表を三つあげろと言われたらこれじゃないでしょうか。お金と時間と脳みそがやられるんですよね。楽に卒業できた学生なんてほとんどいないでしょうし、いるとしたらよっぽどポテンシャル高い人です。普通の学生なら必ず苦しみます。薬学部は人生のモラトリアムなんかじゃありません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もしあなたが安易に「大卒なら就職しやすそうだし、薬剤師とれたら一石二鳥だから薬学部に行こう」と考えているのなら、もう一回見つめ直した方がいい。確かに薬剤師は便利なカードですし就職にも役立ちますが、「そもそもそこまでたどりつけない」学生が多いのも事実です。

学費が高いんですよ…国公立でも安いとはいえないのに、私立なんて滝のようにお金がこぼれていきます。もし潤沢なご家庭で学費の工面が十分であるならともかく、貧しいにもかかわらず奨学金を借りて都心の私立大学に通うのは…地獄を見ます。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 卒業時の奨学金借金が1000万の人もいます。まだ結婚も子供もないのに借金まみれで社会へ放り出される、普通に考えて恐怖でしょう。これで免許とれたらまだいいですけど、留年ループで金だけ減って中退コースなんて本当に最悪です。金の自信がないなら、とくに私立の薬学部は行かないほうがいい。

コロナ時代、何が起こるかわかりません。自分のバイトもつぶれるかもしれませんし、親御さんの仕事もうまくいくとは限りません。誰に何が起きるかなんて誰にもわかりません。ただ、余裕がないのに非現実的なチャレンジに走るのはどうかと思います。皺寄せは全部自分に来ますしね。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 まだ高校生だと学費のイメージはつきにくいかもしれません。しかし確実に卒業後の人生もついてまわります。

コロナ時代、薬学部に行くことは贅沢な挑戦になるかもしれません。

 

勉強ばかりの6年間

勉強もきついです。本当に…私は人より成績の悪い学生だったのでとくに苦痛に感じたのですが、とにかく課題つくしなんです。しかも課題の意味がわからない。用語の意味がわからない。毎回ものすごいスピードで進むからノートをとってもわからない。友達に質問したくてもなにがわからないのかがわからない。

きついんですよね。一回くじけるとどんどん差が開くし、やる気もなくなっていくし、前向きになれなくて学校から遠ざかるし、ひきこもりに入って留年ルートとか最悪です。よくあることなんですけど…

 

まわりと差が開いていくと自分から壁をつくってしまうし、自主的に学ぶ気持ちも衰えてしまいます。一人で勉強することはしんどいです…留年などするととくにきつい。

メンタルコントロールが本当に大切です。鈍感なくらいがちょうどいい。

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 薬学部は長い牢獄生活です。

他の学部と違うのは4年で卒業できないことです。6年制を卒業すれば「学士」中退すれば何年勉強してても「高卒」です。むくわれないですね。

医療が食いはぐれないのは専門の知識やスキルがあるからであり、それを証明するものが免許です。なので簡単な勉強でうまくいくわけもないので…入学前から覚悟しておくべきことでしょう。

コロナ時代は恐らく就職氷河期の再来と予想されるので、専門資格をとる選択は悪くはないのです。しかし薬学部が本当につらい。メンタルをやられる。とくにはじめて一人暮らしをしながら厳しい学生生活をする人たちは、注意が必要です。

大学デビューとかあったもんじゃありません。刑務所みたいなもんですから、覚悟して勉強して、絶対に6年で出ましょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

卒業する覚悟をもって臨め

卒業までひたすらきついです。実務実習も…いい実習先に配属されるとラッキーなんですけど、カスみたいなとこだと積みます。薬剤師に絶望します。どうしてこんなのが薬剤師として働いているんだ?って絶望することもあるでしょう。そんなときは薬剤師以外の仕事をやりましょう。ただし免許をとった上です。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 これまで以上に不安定な時代が来るのは確実です。誰にも等しく現実は降りかかります。そこで薬学部にいく選択をするのは…

もし自分が今の学生だったら、薬学部は行ってないかもしれません。お金も時間もかかる、勉強もつらいし…それならそこそこのレベルの理系学部で資格をとって、公務員になったりするかな…学生時代にプログラミングの勉強もして…

卒業できるか怪しいじゃないですか。私立の薬学部も今後怪しいし。だから卒業できる自信がある人は薬学部に行ったほうがいいかもしれません。私は凡庸以下の成績なら行かない方がいいと思います。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

高校生のころはなにも考えてなかったので、進路も適当でしたが…コロナ時代は深刻です。

卒業して免許を必ずとる前提じゃないと、はっきり言って薬学部に行くメリットはありません。覚悟して進路を選んでください。氷河期を切り抜けましょう。

生まれる時代は選べません。新型コロナウイルスでここまで世界が変化するなんて、誰も想像つかなかったでしょう。

生き残る手段を模索しましょう。

 

病院薬剤師はやりがいがあったけど…ワークライフバランスを重視して調剤薬局に転職して良かった

あなたが仕事で重視するものは何ですか?

収入、やりがい、人間関係、勤務地、将来性…

いろいろなものを基準として人は仕事を選ぶかと思われます。

しかし「ワークライフバランス」を重視して仕事を選んだことはありますか?

長く仕事を続ける上では、ワークライフバランスはとても大切なものです。

続きを読む

【製薬会社MR】体育会系大学生が有利な理由と、薬学生が勝つための方法【新卒就活】

MRの就職活動は一般的に体育会系出身者が有利です。

それは彼らがほかの学生にはないさまざまな就活にとって有利に働く性質を持っているからです。

大学にこもって勉強ばかりしている薬学生には、体育会系なんて異世界の生き物のように思えるでしょう。そして、就活で彼らの強さに驚きおののいてしまうかもしれません。

彼ら「体育会系」に負けないように、自分たちも戦略を練っておきましょう。

続きを読む

【製薬会社】理系じゃなくてもいい!文系MRの新卒採用が続く理由【就職】

MRの面接対策について

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

MRは製薬会社の営業職です。

医療機関を訪問し、医師や薬剤師に情報提供をする仕事です。

自社製品や疾患、治療法の情報を提供する仕事ですので、もちろん専門性が求められます。

高い知識と倫理観が求められる、情報提供のプロフェッショナルとなる必要があります。

それではMRは全員専門性が高い人材を採用する必要があるのでしょうか。

続きを読む

【忙しい】薬学部、失踪する学生多すぎる問題【勉強辛い、友達いない】

いつの間にか消えてしまい、そのまま音沙汰もない学生がいるのは大学あるあるです。高校まではなんとか卒業までこぎつける人がほとんどですが、大学は自由度が上がった反面、卒業前にどこかに消えていく人が非常に多い。

消えていく理由はポジティブなものもあるしネガティブもあります。それぞれの人生の問題なので他人が介入する必要もありません。しかし薬学部にいた時期にしみじみ思いました、本当にどんどん学生がいなくなる学部だと。

 

消えていく仮面浪人

よくあるのが仮面浪人で、最初だけ顔を出して翌年には本命の大学へ去っていくやつです。マンモス学部だったらどうでもいいんですけど、椅子が限られている国公立の薬学部でこれをやられるとイラっときますね。そういうのって医学部に行く前の踏み台として薬学に来て、ろくに出席もせずに籍だけ置いてあるタイプですから。こういうのは入学早々から「こんなとこ本命じゃない」オーラを出しているので、仲良くなるだけ時間の無駄かもしれません。本命に行けば前の学部のことなんてきれいさっぱり忘れてるでしょうし。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 縁もゆかりもない仮面浪人が消えていくのはどうでもいいとして、身近な人がだんだん去っていくのは寂しいものがあります。1年に1回どころか半年に1回のペースでごそっと人がいなくなるんですから、入学時と最終学年でメンツが全然違う…そんなの当然です。

 

つらいのは友人が留年するケースです。やっぱり同学年だから仲良くできるというところは大きくて、年齢差があっても同級なら勝手に親しくなる、ってことはあります。逆にいうと学年が変わると「先輩」「後輩」にいやでもなってしまうので、お互いなんとなくタッチしづらくなり、自然消滅していくパターンです。進級する方も自分の勉強で必死ですので、留年した人の面倒なんて見てる暇ないし。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

留年する孤独感はやばい

留年した学生から聞きましたが、やっぱり精神的にストレスが大きいとのことでした。まず「取り残された」ショックが非常に大きいので、それを引きずり続けると勉強にも気が入らなくなる。

そして後輩として見ていたやつらが同級になるので「見下されてる」ように感じる、だから積極的に親しくするのはプライドが許さない、だからどんどん孤立していく。もともとの同級生は忙しいので自分からコンタクトも取りづらくなる。

 

また休学で大学から遠ざかってしまうと「戻るのがめんどくさい」「つらい」となってしまうようです。そういえば知人で「休学期間中に世界一周する」と言い残してどこかに失踪してしまった人がいました。果たしてあの人は今どこにいるのでしょうか。休学すると風船のようにフワフワ浮かんでしまい、自分の生活の軸をさだめることが難しくなります。ひきとめてくれる人がいなくなります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

ここで親や友人のように積極的に干渉してくれる存在があればましなのですが、意思が弱いとすーっと流れていってしまう。人間苦労はしたくない生き物なので、しんどいことが確定する留年生活なんてしたくないのです。

まして薬学部は卒業まで時間もかかるしお金もかかる、ストレスもかかる。そして「留年するほどしんどい」のなら、そもそも薬学部に向いていない可能性もあります。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 勉強ばかり6年というだけでもしんどいのに留年してさらに時間もお金もかかるなんて普通に絶望します。そこまでやっても最後に薬剤師になれるとは限らないのですから。

 

執念の勝負になるので、向いてない人はひたすら自分を殺して勉強するしかありません。天性のセンスがある人は最低限の勉強で卒業までたどり着くでしょうが、そんな人は少数派でしょう。ほとんどの人は血反吐を吐いて勉強し、振り落とされないように必死にしがみついてどうにか進級します。

 

いろいろあって足掛け10年かけて薬剤師になった人もいますが、みんなそのように粘り強いとは限りません。そもそも薬剤師じゃなくてもこの世界は生活できるようになっているので、わざわざ苦しい薬学部に意地でも通い続ける意味ってどれくらいあるのか?ってなるのです。

 

絶対に免許をとりたい、とらなければならない、そういう事情がある人ならしつこく在学し続けることができるでしょうけど、そもそも「なんとなく入ってみた」「簡単に卒業できると思っていた」「こんなに勉強がつらいとは思わなかった」ってタイプにはきついでしょう。友達もいないし。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

意識の高い低いなんてどうでもいい、最後まで行けるかどうかだ

昔先輩薬剤師に言われていらっとした言葉なのですが「6年制のくせに意欲が足りない」「医療への貢献意識が足りない」「新時代の薬剤師としての責任を持ってほしい」です。どうでもいいです。好きで6年制に来たわけじゃなく、医療を変えたいから薬剤師になる、なんてはっきり言って甘いドリームですし、取った免許をどう使おうと、使うまいと、他人の意見なんて知ったことありません。 

 

意識の高さをこじらせてしまった結果怪しいセミナーなどにはまってしまい、薬学部を卒業できずにどっかに消えてしまい、変な団体にからめとられてしまった人もいます。はっきり言って無駄です。

薬学部にいる以上、意識が高い低いなんてどうでもよくて、薬剤師免許を取れた人間が勝ちです。意識の高さで飯が食えたらいいのですが、頭でっかちの口ばっかりなんて行き先が知れています。最低の目的である免許も取れないくせに「医療を変える」なんて寝言でしょう。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 薬剤師なんてただの免許です。そのあとどう活動するかなんて個人の自由です。ミュージシャンになろうと漫画家になろうと製薬業界に行こうとそれ以外の世界に行こうと、まったく自由です。

6年制だから、どうたらこうたらなんてただのノイズでしかなく、自分の人生くらい自分で選んでいくしかありません。ただ、薬学部にいる以上、薬剤師免許はせめて取らなきゃいけません。

どんだけ言い訳しても免許取れなきゃ負けです。

 

思考停止してでも進め

留年してつらい学生もたくさんいるでしょう。友達もいないし講義にも興味持てないし、本当に薬学なんて勉強したいんだろうか?ほかにもっとやりたいことがあるんじゃないのか?そう考えることもたくさんあるでしょう。

 

私はあるときから思考停止しました。とにかく迷うのは卒業してからだ、今はとにかく勉強するしかない、そう言い聞かせて、ロボットのようにひたすら勉強しました。凡庸以下の脳みそでは、余計なことを入れるメモリなんて無かったのです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 そういう意味では留年はひとつのチャンスなのかもしれません。シビアな環境におかれてでも続けたいのか、それだけ自分の人生の貴重な時間を捧げる場所なのか、本当はもっとトライしてみたいことがあるのか、あるいは休みたいのか…世の中の「あたりまえ」を疑う機会です。

 

大卒が本当に偉いのか、資格職ってそんなにおいしいものなのか、自分の人生で実現したいものはなんなのか、それは先生や親が教えてくれるものじゃありません。いろんなことを自分で経験して、自分で決断していくものです。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 もちろん一番いいのは失踪しない、留年しないことです。ただでさえ6年もかかるのですから、無駄な時間なんてないに越したことはありません。しかし、留年したもんはしかたありません。よく「人生で無駄なことなんて無い」って言いますが、あれが本当かどうかはわかりませんが、今の自分がどうしたらいいのか、落ち着いて考えたほうがいいでしょう。

 

ボーッとしてたら退場

なにも努力せずに卒業できるわけがありません。考えが甘すぎます。

知り合いを見ていると、留年を繰り返した人はやっぱり最終的にどこかに消えてしまいます。「留年ぐせ」みたいなのがつくともうキツイのでしょう。高校と違ってぼーっとしてても進級できるわけがありませんからね。お金もかかるし若い時間を怠惰に浪費してしまうし、どこかでストップしなければなりません。

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

もう就職してしまうというのも手です。就職しながら次にやりたいことを考えていくのもありです。大学より広い「社会」に接することで、新しい発見があるのは確実です。お金がたまってやりたいことが明確になったら大学に入り直すのも良いでしょう。

 

失踪学生が多すぎる鬼のような学部、それが薬学部です。まわりに流されないように、最終地点まで走り抜けることを目指しましょう。頼れるものはなんでも頼って、まずはそもそも「留年しない」を目標として、地道に毎日勉強しましょう、それに尽きます。

卒業して免許をとる、それだけが薬学部の目標です。

製薬会社から病院薬剤師への転職はあまりオススメできない。やりがいはあるけど給料が…

製薬会社に就職し、何年か働いていると、マンネリを感じることがあります。

同じことの繰り返し、メンツも同じ、この先自分は成長することはあるんだろうか…?

薬剤師免許をせっかく取ったのに、患者さんのために全然仕事できていないんじゃないか…?

そんな風に思って転職を考える人もいるでしょう。臨床現場で薬剤師としての技能を発揮したいという人もいるでしょう。

しかし、個人的には「製薬会社から病院薬剤師への転職」はお勧めしません。長続きしない確率が高いからです。

続きを読む

【就活】製薬会社開発志望→MR(営業)に就職した理由【新卒】

このブログでも書いている通り、私は新卒で製薬会社の営業職、MRに就職しています。コミュ障なのにどういうわけか内定してしまったのが運の尽き、自分が向いていないことをコテンパンに思い知らされて、慌てて転職したのですが…

そもそも就活をするにあたって、実は最初からMRを志望してるわけじゃありませんでした。いろいろ仕事を調べるうちに残った選択肢がMRであり、最初はそうではなかったのです。

じゃあ最初に志望した仕事はなんだったのか?

製薬会社の開発職です。

続きを読む

【進学】「医学部行きたかったけど妥協して薬学部に来た」学生が危険な理由【学歴コンプレックス】

医学部。

それは理系学部でも最高峰であり、どの学部も文句をつけようがない高い偏差値・勉強量を誇ります。

このブログでしつこく「薬学部はしんどい」と言い続けましたが、医学部とは比較になりません。

医学部生の勉強量は薬学生のそれとは比べ物になりません。

医師として成功している友人を見る限り、薬学生とは比較にならない高いモチベーションと、多い勉強量と、「患者さんを救いたい」という強い倫理観を持っています。

医学部は選ばれた人間しか行けません。

軽い憧れで進学できるほど甘い学部ではないことは、火を見るより明らかでしょう。

続きを読む

【製薬会社】向いてない仕事はつらい。営業しんどい…得意なことをやろう【転職】

仕事は楽しいですか?
楽しいと答えられるあなた、あなたはとってもラッキーです。めでたい方です、どうかそのままのあなたでいてください。人生で仕事が楽しいと言える人なんて超ラッキーです。


仕事が楽しくないあなた。握手しましょう。自分だけがつらいわけじゃありません、世の中の95パーセントの人は仕事がイヤでしょう、好きでやってる人なんてほぼほぼいないでしょう。生きていくための金を稼ぐために、増える税金にも消える年金にも負けずに日々老いるこの国にあえぎながら生活しています。

続きを読む

【製薬会社】MRとして就職するなら内資系?外資系?リストラある?【激務】

MRは製薬会社の営業職です。

毎日車を乗り回して担当エリアを駆け巡り、病院のドクターや薬剤師に頭を下げて回り、世間話などしながら自社製品のプロモーションをする仕事です。時には製品説明会や勉強会、講演会を開催し、自らプレゼンを行ったり、先生に講演していただいたりします。

 

このMRですが営業職の中ではだんとつに稼げます。そして大卒であればほぼ学歴不問です。低学歴でもMRになれます(メガファーマを除く)。とにかく稼ぎたければMRはおすすめです。そのへんのメーカーの営業しているのがばかばかしくなるくらい稼げます。お金がほしいならまずMRです。MRが稼げることだけは保証します。

続きを読む

【進学】薬学部の学費は高い。薬剤師になるために私立大学だと最低1200万【奨学金借りる?】

f:id:method-of-pharmacist:20160712104709j:plain

薬剤師は安定して稼げる職業です。

今のところ雇用に困ることはなく、未経験であっても就職のあてはたくさんあります。

正社員にこだわらなくても、派遣社員として薬剤師として働くことも可能です。

 

派遣社員ですと案件によっては年収800万を越すものもあります。

こんなに優遇してもらえる職業というのは現代ではなかなか存在しないでしょう。

 

薬剤師はまさに安定の職業。

目指す学生が今も昔も多いというのもうなずけます。

 

しかし、薬剤師になる道は簡単ではありません。

 

入学してから卒業するまでが勉強尽くしというサディズムあふれるカリキュラム。

退学者や失踪者が絶えない同級生たち。

過酷な環境で勉強していかざるをえません。薬学部というものは過酷な学部なのです。

 

そして薬学部を目指す皆様には、ぜひ薬学部の学費というものも知っていただけたらと思います。

安易に薬剤師を目指す前に、薬学部ってどれくらい学費がかかるものなのかを知っておくことをおすすめします。

続きを読む

【新入社員】仕事がつらい、やりがいを感じない、辞めたい、社内ニート…行動すべき【転職】

人は労働を続けて生きていく生き物です。

よほどの資産家か、親が裕福か、石油王でもない限り、基本的に人は働きます。

生活するお金を稼ぐために働きます。

生活のために続けざるを得ないのが労働なのですが、時折「やりがいがない…」「仕事つまらない…」「仕事辞めたい…」と思ってしまう、そんな人も多いでしょう。

仕事にやりがいがない、と感じているとき、私たちはどのような状況にあるのでしょう。少し考えてみましょう。

続きを読む

【中退】薬学部で留年した大学生へ。大学辞めたい?転学・転部も考える?【休学】

薬学部は難しい学部です。

このブログでも口酸っぱく言っていますが、まだまだ言い足りません。

薬学部は難しい学部です。

どうしてわたしがここまでしつこく薬学部は難しいと言い続けるかと言うと、自分が安易に薬学部に入って、死にかけたからです。

比喩ではありません。本当に何回も病みました。

卒業できるか心配で仕方なかったですし、学年末はいつも留年の危機におびえていました。

なんとか努力や運が味方してくれてストレートに卒業・国家試験に合格できましたが、わたしのようなケースはむしろ珍しいのかもしれません。

それくらい薬学部は難しい学部です。

続きを読む

新大学生へ。薬学部でぼっちは危険!留年中退したくなければ友達を作ろう

f:id:method-of-pharmacist:20160710151743j:image

昔から言われますよね。

友達100人できるかなって。

100人までは言いすぎですけれど、大学生活には友達が必要です。

薬学部で生き延びていくためには友達が必要です。

薬学部に限りませんが、大学生活を円滑に過ごすためには友達は重要です。

ぼっちでいいじゃん…と思わず、友達を作りましょう。

友達は、あなたの薬学部生活をさまざまな面で助けてくれます。

続きを読む

【パワハラ?】無能にまっしぐら!仕事が暇すぎてつらすぎて辞めたい【社内ニート】

仕事が暇。

そんなことを言ったら、一部の社畜の人たちから怒号が飛んでくるかもしれません。

「何を言ってるんだ」

「俺たちは必死に働いているのにお前らときたら」

「この給料泥棒」

「働かないで金がもらえるだけありがたいと思え」

……そんな「正論」が飛んでくるかと思います。

たしかにそれは合っています。死ぬほど労働させられて残業代も出ないような超ブラック企業からしてみたら、「仕事をしていないのに給料がもらえる」環境というのは、夢のように映るかもしれません。

しかし、実際どうでしょうか?仕事が暇というのは、本当に、良い環境なのでしょうか?

続きを読む