薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

「薬剤師のメソッド」の説明と、初めての方におすすめの記事

当ブログ「薬剤師のメソッド」は、現役薬剤師が運営する「薬学生・薬剤師の人生について考えるブログ」です。薬学部への進学、薬学部での学生生活、実習のこなしかた、国家試験対策、就職活動、就職後の仕事、転職……薬剤師にかかわるあらゆることをピックアップして自分の経験などを交えながら語っていくブログです。

 

  • 管理人ぴーについて
  • 薬剤師のメソッドをつくった理由
  • 初めての方にお勧めの記事
  • 進学について
    • 薬学部に入ろうか迷っている高校生
    • 医学部に未練がある方に
    • 社会人で薬学部に行きたい方
  • 学生生活について
    • OSCE/CBTについて
    • 実務実習について
    • 就職活動について
    • 国家試験について
  • 仕事について
    • 転職について
  • これからも更新します
続きを読む

文系人間が薬学部に進学し、薬剤師になるのは可能なのか?

このブログを書いている私は薬剤師です。そして、理系と文系どちらが得意かと言われたら、間違いなく文系です。いわゆる文系人間です。そんな人間が、薬学部を選び、薬剤師になりました。

「6年通う理系学部」といえば医歯薬学部。その中でも最近6年制に変更された薬学部は、在学期間が伸びたにもかかわらず未だに人気です。資格職は不安定な世の中では魅力的ですからね。

ただ、なにごとも向き不向きがあります。文系人間が薬剤師になるのは、果たしておすすめできるコースなのでしょうか?

 

理系じゃないと薬学部受験できない

f:id:method-of-pharmacist:20190322155559j:image

まず大前提として、理系クラスにいないと薬学部を受験できません。よく理系についていけなくなった人が文転して文系学部へ向かうことはありますが、その逆は結構大変です。数学や化学生物物理などの遅れを取り戻すのは受験シーズンに集中したとしてもなかなか難しい。

文系か理系か選ぶ際には、薬学部に行きたい思いがあるのであれば、理系に進みましょう。だめなら文転すればいいし。破滅的に国語や英語ができない、ということがない限り、どこか引っかかる大学はあります…

薬学部も、「選ばなければ」入学のハードルは低いです。新設私立大学の薬学部などがわかりやすい例でしょう。伝統的私立や国公立は偏差値が高く、入学試験の教科数も多くて対策しづらい。「ただ入るだけ」なら、楽な私立大学を選ぶのも手です。そのあとの苦労は覚悟しなければなりませんが。

 

文系人間に薬学部は辛かった

f:id:method-of-pharmacist:20190322155825j:image

結論からいうと、大変でした。もともと文系科目が得意な人間が、生活の安定のためだけに無理くり理系を選んで、薬学部に首をつっこんでしまったのです。一言でいえば「向いていない」これに尽きます。

薬学部にいて思い出されるのは天性の理系人間とのギャップでしょうか。当たり前ですが薬学部には理系得意学生が集まるので、なんといいますか彼らの「わからない」と私の「わからない」は全く程度が違うんですよね。

講義でわたしが躓いているところを、同級生はスイスイ理解していく。物理化学?薬物動態学?はっこの公式なに?電子がなんでこういう動きするの?はあ??

クラスメイトが当然のように飲み込んでいることを、私は喉に詰まって暴れているような、そんな毎日でした。だから友達に相談しても「講義聴いてる…?」って言われるくらいでしたし、重たい教科書読んで予習ノート作っても、それでも理解できなかった。おいてきぼりがやばかった。

あと、教授によって講義のわかりやすさは全く違います。レジュメくれて流れ通りに説明してくれる先生もいれば、自分の話したいことばかりで、教科書の内容から甚だしく逸脱している先生もいる。

私が過去に受けたテストでは、「環境問題× × × を解決する架空の化学反応が発見されたとします。それを図と文章で説明しなさい」というフリー発想なものもありました。

こういうの、多分得意な人はすぐひらめくと思うんですよ。頭の中で電子が駆け回って化学反応式が勝手に導き出されていく。よく数学はセンスと言われますが、薬学(というか有機化学)も似たものがあるんじゃないでしょうか。ちなみに私はセンスゼロなので、支離滅裂なことをいっぱい書いたあげく、講義へのお礼を書いてしめくくりました。点は貰えたので、何も書かないより良かったでしょう。

こんなことが四六時中あるので、入学してすぐに「あ、向いてない」「とんでもないところに入ってしまった」と後悔しました。マジで。卒業したのは意地と根性だけです。理系得意な学生でさえ薬学部卒業は大変なのだから、文系人間がそこに入るのは、絵心ないのに美術部入るとか、足遅いのにサッカー部入るとか、そういうしんどさです。つまりは「合ってない」んです。

すべての人がそうだと言うつもりはありません。真のインテリなら文系も理系もあったもんじゃないし、たった2分割で人間の能力を測るやり方も適正じゃないかもしれません。

ただ言いたい。数学や理科にちょっとでも苦手意識があるなら、薬学部に入ると地獄を見ます。

 

薬剤師になれた理由

f:id:method-of-pharmacist:20190322155938j:image

私は低スペックですし平凡な人間です。飛び抜けた才能もありませんし、その中でもまだマシだった文系能力を放棄して薬学部に飛び込んだアホです。魚が陸を走ることを決めてもうまくいかないように、自分の能力が活きる場所を選べば良かったものを、何故か薬学部に進んでしまいました。

それでもどうにか薬学部を卒業しました。薬剤師国家試験にも合格し、免許を取りました。

何故それができたか。バカみたいな話ですが「根性」です。免許が欲しい、ただそれだけだったんです。

ただ大学を卒業したいだけなら、ラクな大学なんて山ほどある。大卒のハク付するだけのつまらない学校なんて捨てるほどある。そっちを選んだほうが明らかにラクでしたし、キャンパスライフも楽しかったでしょう。バイトにサークル、ボランティアに留学、旅行にインターンシップ。いろいろやれます。

一番若さと自由のある時期に、それをドブに捨ててまで、薬学部に通いつめた理由。それは「薬剤師免許」です。これは綺麗事抜きです。免許が取れない学部なら、絶対転部か転学しています。

私は不器用なのでリア充しながら勉強はできませんでした。というかキャンパス全体が負のオーラ漂ってました。テスト期間はホームレスみたいな人が増えていくし。地獄みたいでした。もう二度とやりたくありません。

それでも「一生使える資格」として薬剤師免許をとったことは、無駄じゃないと思っています。突然どこかへ引っ越すことになろうと、免許があればそのへんの薬局で食いつなぐことができる。時給も地域によるけど高い。免許を使える仕事も多い。

少なくとも、ユーキャンとかで適当に取れる資格なんかより遥かに大きな価値があります。ここは誤解してはいけません。(よく登録販売者と薬剤師を混同してる人がいますが、両者の難易度の差は述べるまでもありません)

いまラクするか、後になって安心するか。どちらを選ぶか、となって、私は生活の安定を取りました。薬学部生活はめちゃくちゃきつかったし、二度とやりたくないし、他人に簡単におすすめできるものではありません。

それでも、薬剤師免許を取れたこと自体は、生活への安心と、大きな自信に繋がりました。そこに後悔はありません。

 

まとめ

  • 薬学部に入るには原則、理系を選ぶこと(理系じゃなくても入れる薬科大学はあるが、入学ハードルが低い大学は、だいたい後で詰む)
  • 文系でも薬学部生活は送れる。ただし、本人がハイスペであるか、死ぬほど勉強するかが必要。高校の理科でつまずく程度ではついていけない
  • 文系でも薬剤師にはなれる。ただし膨大な勉強が必要。これを怠るようではそもそも薬学部に入らない方がいい。学費高いし進級できずに後で詰む
  • 薬剤師免許は一生ものの安心感。ただし今後はわからないし、そもそも高い学費と最低6年の時間をかけるほどの価値がある免許なのかというと、個人的には疑問。4年で免許取れる時代なら間違いなく美味しかったんだけどね…

 

大学をどう考えるかによります。学びたいものを学ぶとするのか、卒業後に役立つものを得るために学ぶのか。この2つが一致していれば、薬学部生活は楽しいでしょう。私はほぼ後者だけだったので、ほんと根性だけで卒業したくちです。自分のようなケースはおすすめできません。やっぱり、向いてることをやるほうがストレス少なく済みますし。

ストレスフル確実でも薬剤師免許が欲しい。そういう覚悟がある人なら、文系でも薬学部でやっていけるでしょう。

どんな人にも向き不向きがあります。自分の進路はよく考えてください。入るだけなら薬学部はラクですが、出るのはほんとに大変です。

【新卒】就活女子のパンプス痛い事情。スカートが有利?ストッキング予備大事【製薬会社】

日本社会にいまだに残っている慣習「新卒就活」。

うんざりしますよね。新卒で就職に失敗すると、その後にも響いてしまう。

最近はさすがに落ち着いてきましたが、一時期の「無い内定は人生終了」の空気はすさまじいものがありました。あのころの絶望感に比べると、近年は就活生にも未来があるように感じられます。

リクナビのCMも、「茶髪ボブ、髪をひっつめていない女子学生が」「真っ黒以外のスーツで」就活していますからね。これは2010年ごろにはあり得なかった広告じゃないでしょうか。昔は気持ち悪いくらい全員同じ髪型と同じ服装でしたから。

続きを読む

【就職】薬剤師で1000万円稼げるか?薬学部の学費は高いけど…病院は薄給?【高年収】

f:id:method-of-pharmacist:20161127204058p:plain

薬剤師として働いている、と言うと、よく他人に言われることがあります。

「薬剤師ってうらやましい!たくさん稼げるんでしょ?お金持ちなんでしょ?」

薬剤師にどのようなイメージがあるのかはわかりませんが、薬剤師ではない人と話をしていると「薬剤師=お金持ち」という前提で話をされることが多いように思います。

最初に否定しておきます。そんなに稼げません。

続きを読む

【新人】病院薬剤師だったけどブラック環境で病みまくった【転職】

病院薬剤師として約1年働いていました。

製薬会社を辞め、薬剤師として初めての転職です。

地元に近い地方の急性期病院で、それなりの知名度もある病院です。

製薬会社での労働環境や人間関係に不満を覚え、「一念発起して薬剤師としてのキャリアを積みたい」と思うようになった私のチャレンジでした。

しかし、そんな病院薬剤師生活も長くは続きませんでした。

労働環境がブラックだったのです。

続きを読む

【新人】薬剤師、辛い。疲れた…。がんばらなくていい、退職や転職してもいい【病院】

薬剤師はハードな仕事です。

楽な仕事だと一般的には思われがちですが、立ち仕事だったり、医薬品というものを取り扱う職業柄だったりで、ストレスが溜まります。

薬剤師は決して楽な仕事ではありません。ストレスは溜まりますし、そのストレスのぶんリターンがあるかというと、そうとも限りません。

 

薬剤師であることに疲れた。そう思ってしまう方も多いと思われます。

続きを読む

【私立】学費が高い薬学部の就職活動。給料を取るかやりがいを取るか?【病院薬剤師】

薬学部は学費が高い。

このブログでも散々言っていることです。国公立ならともかく、私立大学は本当にむしりとっていく。進級したいだろ?卒業したいだろ?免許取りたいだろ?そういう声が聞こえてくるかのような勢いで、学生から搾り取っていきます。一部の堅実な学校を除いては、薬剤師養成学校に堕ちてしまっているのが、私立薬学部の実情じゃないでしょうか。

そんな厳しい条件で生きる薬学部が、就活をするにあたって、なにを考慮すべきでしょうか。

 

続きを読む

【就職】製薬会社MRは激務で辛い。研究開発より稼げるけどきついよ【新卒】

製薬会社のMRは営業職です。

病院やクリニック、調剤薬局を訪れて、医師や薬剤師などの医療従事者を対象に、自社製品のプロモーションを行います。

目当ては「自社製品の採用」。営業は製品を売ってなんぼの仕事です。

なかなか首を縦に振ってくれないへそ曲がりなドクターもたくさんいます。

そんな先生方をなだめすかして理論をぶつけてみたり情に訴えかけてみたりありとあらゆる方法で自社製品の口座をゲットする…

そんなMRですが営業職の中では破格の待遇です。

「文系で稼ぎたい!」と思う方にはMRになることをおすすめします。

激務です。激務です。激務です。だけど、稼げることだけは保証します。しかし、激務です。

続きを読む

【転部?】薬学部をやめたくて仕方なくてくじけそうなときに考えてほしいこと【中退?】

このブログでさんざん伝えているように、薬学部はハードな学部です。

一部の器用な人に言わせれば「薬学部は遊べるし恋愛もできるし、そんなに過酷な環境ではない」かもしれませんが、わたしのような凡百以下の学力しか持っていない人間が、薬学部に行くと、THE 地獄です。

この地獄が数か月で終わるのならまだ我慢できます。しかし、これが最低でも6年間。

マジで押しつぶされます。帰り道、泣きながら歩いた夜も何度もあります。薬学部なんて辞めてやる、そういう風に思ったことなんて無数にあります。

これを読んでいる方にも同じように「薬学部なんてやめたい」と思う人がいるでしょう。そんなときに、以下のことを考えてみてください。

続きを読む

新大学生へ。薬学部でぼっちは危険!留年中退したくなければ友達を作ろう

f:id:method-of-pharmacist:20160710151743j:image

昔から言われますよね。

友達100人できるかなって。

100人までは言いすぎですけれど、大学生活には友達が必要です。

薬学部で生き延びていくためには友達が必要です。

薬学部に限りませんが、大学生活を円滑に過ごすためには友達は重要です。

ぼっちでいいじゃん…と思わず、友達を作りましょう。

友達は、あなたの薬学部生活をさまざまな面で助けてくれます。

続きを読む

【進学】薬学部に向いている人・向いていない人。学費が高いけど…【真面目な努力家】

薬学部はつらい学部です。

一部のできる人にとっては楽で楽しい学部かもしれませんが、わたしのようなイケてないグループの学生にとっては地獄の学部です。

何がつらいって勉強ばかりということです。本当に、半端な覚悟で進むと後悔します。人生を棒に振ってしまうはめになります。

薬学部を漠然とした思いで選ぶことはやめてください。自分が薬学部を通い続けられる人間かどうかをよく考えてから、それでも自分は続けられる!と決意できる人だけが、薬学部を受験してください。

続きを読む

【進学】こんな人におすすめ!薬剤師に向いている性格3選。勉強嫌いならやめとけ!【就職】

病院薬剤師に向いている人について

 

method-of-pharmacist.hatenablog.com

 

 

薬剤師は医療に携わる仕事です。

医薬品を扱いますし、時には命にかかわるような危険な調剤も行います。

複雑なメカニズムで効果を発現する医薬品について、患者さんにわかりやすく説明する必要もあります。

立ち仕事が多いので、意外に体力も求められます。

専門性の高い職種として日々活躍する薬剤師ですが、すべての人に向いているとは私は思いません。危険なものを扱う仕事ですので、多少の向き不向きはあります。

それでは、どんな性格を持つ人が、薬剤師に向いているでしょうか。

続きを読む

【大学】薬学部の新入生が覚悟しておくべきこと10。ぼっちは危険!友達は作っておきましょう【進学】

4月を迎えたということで、大学に入学した人たちも多いと思います。

「新入生」という響き。高校3年間、あるいは浪人期間をクリアしてついに大学という新しいステージに踏み出したわけです。大変におめでたいことです。

特に薬学部に入学したあなた。よくあまたある学部の中から、薬学部を選びましたね。

こんなにしんどくつらい薬学部をよく選びましたね。

本当に根性あると思います。しんどいですよ。6年間地獄ですよ。

覚悟はできていますか?わめき散らして這いずり回る準備はできていますか?

薬学部生活は長く厳しく、暗く悲しく、歪んだ狭い道を手探りで突き進むものです。

決して前途は明るいものではありません。それだけは先に言っておきます。

続きを読む

【薬剤師】地元でゆっくり働きたい人には調剤薬局がおすすめ【就活】

就職するにあたって、何を重要視するかは人によって異なってきます。

たくさんお金を稼ぎたい、プライベートの時間がほしい、出世したい、土日休みが良い…

人それぞれです。それぞれが重視する基準によって仕事選びは行われます。

その中でも「勤務地」というのは意外に重要です。

生涯転勤しなければならない、というのは想像以上にしんどいです。

ひとつどころに腰を据えて仕事をする、というのは理想の仕事のあり方のひとつです。

続きを読む

【進学】薬学部は忙しい。楽な大学生活を送りたいならおすすめしない【地獄】

高校生の皆様。

進路を考えるうえで、皆様は大学生活の何を重視したいですか?

講義内容?就職実績?学校名のブランド?立地?

選ぶ基準はいろいろありますよね。

その中でも「楽をして大学生活を送りたい」「楽して『大卒』を名乗りたい」と思っている方には絶対おすすめできない学部があります。

それが薬学部です。

続きを読む