薬剤師のメソッド

進学、就職、国家試験、転職など薬剤師の人生についていろいろ

「薬剤師のメソッド」の説明と、初めての方におすすめの記事

当ブログ「薬剤師のメソッド」は、現役薬剤師が運営する「薬学生・薬剤師の人生について考えるブログ」です。薬学部への進学、薬学部での学生生活、実習のこなしかた、国家試験対策、就職活動、就職後の仕事、転職……薬剤師にかかわるあらゆることをピックアップして自分の経験などを交えながら語っていくブログです。

 

  • 管理人ぴーについて
  • 薬剤師のメソッドをつくった理由
  • 初めての方にお勧めの記事
  • 進学について
    • 薬学部に入ろうか迷っている高校生
    • 医学部に未練がある方に
    • 社会人で薬学部に行きたい方
  • 学生生活について
    • OSCE/CBTについて
    • 実務実習について
    • 就職活動について
    • 国家試験について
  • 仕事について
    • 転職について
  • これからも更新します
続きを読む

【転職】職場で暇すぎて自分だけやることがないときの疎外感って異常【社内ニート】

職場は基本的に、仕事をするために行く場所です。

お茶を飲んだりネットサーフィンをしたり、掃除をしたり勉強したり…

そういう場所ではありません。基本的には仕事をして、その会社の利益追求に努めるために存在するものです。社員というものは。

しかし、現実問題、「暇すぎてやることがない」「仕事が無い」状態に苦しんでいる人は意外に多いんじゃないかと思います。

社畜もしんどいですけど、社内ニートの疎外感も異常です。「私は何のために生きているのだろうか…」と自問したくなってしまいます。これもかなりきついのです。

続きを読む

【大学】薬学部の新入生が覚悟しておくべきこと10。友達は作っておきましょう【進学】

4月を迎えたということで、大学に入学した人たちも多いと思います。

「新入生」という響き。高校3年間、あるいは浪人期間をクリアしてついに大学という新しいステージに踏み出したわけです。大変におめでたいことです。

特に薬学部に入学したあなた。よくあまたある学部の中から、薬学部を選びましたね。

こんなにしんどくつらい薬学部をよく選びましたね。

本当に根性あると思います。しんどいですよ。6年間地獄ですよ。

覚悟はできていますか?わめき散らして這いずり回る準備はできていますか?

薬学部生活は長く厳しく、暗く悲しく、歪んだ狭い道を手探りで突き進むものです。

決して前途は明るいものではありません。それだけは先に言っておきます。

続きを読む

【就活】製薬会社の研究・開発職は旧帝大大学院じゃないと不利?【学歴フィルター】

理系大学院生の中で人気の職業と言えば「研究職」。

特に製薬会社の研究職は人気です。

新薬を作る研究職なんてロマンがあっていいじゃないですか。自分が携わった薬が世に出て患者さんの病気を治していくなんて、夢があっていいじゃないですか。

そして「開発職」も人気です。

臨床試験のために担当エリアの病院を廻り、開始試験の説明をしたり、試験データを回収したり、データを解析したり、指定した形式の報告書を作成して国に提出したり…

基本的に「新薬」の誕生にかかわるのが研究・開発職の役割です。

未だ治療されていない病気…アンメットメディカルニーズを満たすためにも製薬会社の研究開発職は大変に存在意義がある職業です。

強い倫理観と確かな研究テクニックがある人にとっては、天職とも言えるでしょう。

続きを読む

【新入社員】仕事にやりがいを感じない、辞めたい、社内ニート…。みんな自分を認められたい【転職】

人は労働を続けて生きていく生き物です。

よほどの資産家か、親が裕福か、石油王でもない限り、基本的に人は働きます。

生活するお金を稼ぐために働きます。

生活のために続けざるを得ないのが労働なのですが、時折「やりがいがない…」「仕事つまらない…」「仕事辞めたい…」と思ってしまう、そんな人も多いでしょう。

仕事にやりがいがない、と感じているとき、私たちはどのような状況にあるのでしょう。少し考えてみましょう。

続きを読む

日曜日の夜が憂鬱すぎる新入社員は、うつ病になる前に転職したほうがいい

毎日毎日お仕事ご苦労様です。

新入社員のみなさん大丈夫ですか?生きてますか?心折れていませんか?

社会という洗礼を受けてヒイヒイ言っていませんか?「死にたい…」ってなっていませんか?いかに今までが甘やかされた環境に置かれていたか痛感していませんか?

社会とはそういうものです。社会人という歯車が使い古され、故障したものは放置され、使えるやつは限界まで使い倒され、月に1回振り込まれるわずかな給料にしがみついて生きていくのが、社会人の人生というものです。絶望です。

目の前に何も明るいことが見えないかもしれません。安心してください。この先もずっと明るいことなんて見えません。人生はクソです。暗いことだらけです。かんぽ生命のCMで「人生は夢だらけ」なんて言ってますがあんなのうそですからね。くれぐれも騙されないでください。この世は罠だらけです。

続きを読む

【転職】大企業の社畜と社内ニート、どちらも辛い。うつ病になる前に逃げるべき【新入社員】

私は毎年見るのがつらくなるものがあります。

4月の新入社員の入社式です。

皆眼をきらきらさせているんですよね。航空会社の人とか紙飛行機飛ばしたりして。

大手IT会社とかは有名人を呼んで講演したり。とにかく派手にやるんですよね。

新入社員代表の人が、テレビインタビューに答えて目をきらきらさせながら「社会に貢献したい」とか言っちゃうあれ。

あれが毎回つらくなるんですよ。もう毎年毎年繰り返し。希望に目を輝かせながら、労働という生涯続く坩堝に吸い込まれていく若者たち。

彼らが半年もしない間に変わり果てるんですよ。もう見てられない。それ見たことか、と思ってしまいます。社会に、仕事に、夢を抱いている方がおかしいんですよ。

続きを読む

【新入社員】仕事が暇すぎて死にそうな正社員はさっさと転職すべき【社内ニート】

仕事って不思議ですよね。

多すぎても少なすぎても心身に異常をきたす。本当にややこしい存在だと思います。

新入社員で暇すぎる方、生きていますか?日中白目をむいてませんか?

「この世は地獄か…」と思っていませんか?毎日パソコンの前で半目になりながら眠気を殺しつつ、時計の針が動くのをひたすら待っていませんか?誰からも声をかけられず、孤独をかみしめながら「これも社会の試練だ…」と思いながら生きていませんか?

ハッキリ言ってヤバイです。新入社員で放置されているならこれからも放置される可能性があります。先のことを考えて動いた方がいいでしょう。

続きを読む

【地獄】新人の社内ニートは勝ち組でもなんでもない。さっさと転職したほうがいい

就活を終え、社会人デビューした新入社員のみなさま、おめでとうございます。

社会生活には慣れてきたでしょうか。

学生時代とは何もかもが違って驚くでしょう。

前までは同年代とばかり接していたのに、会社に入ればおっさんからおじいさんまでよりどりみどりです。世代が違うので、それぞれにブチギレポイントが違うので接し方に困りますよね。よくわかります。私も何回死にかけの団塊じいさんに理不尽な理由で怒られたかわかりません。本当によく切れる年寄りって手のつけようがありませんよね。少しは年上の余裕ってものを見せてほしいものです。

それはそうと、仕事覚えてますか?会社の一員としてなじんでいますか?先輩や上司から指導を受けていますか?

え?は?社内ニート?はあ?

続きを読む

【正社員】仕事が暇すぎてつらすぎて辞めたいときに考えるべきこと【社内ニート】

仕事が暇。

そんなことを言ったら、一部の社畜の人たちから怒号が飛んでくるかもしれません。

「何を言ってるんだ」

「俺たちは必死に働いているのにお前らときたら」

「この給料泥棒」

「働かないで金がもらえるだけありがたいと思え」

……そんな「正論」が飛んでくるかと思います。

たしかにそれは合っています。死ぬほど労働させられて残業代も出ないような超ブラック企業からしてみたら、「仕事をしていないのに給料がもらえる」環境というのは、夢のように映るかもしれません。

しかし、実際どうでしょうか?仕事が暇というのは、本当に、良い環境なのでしょうか?

続きを読む

【親が裕福じゃなくても】薬学部の学費を安くしたいなら国公立大学へ進学せよ【大丈夫】

薬学部は学費の高い学部です。

基本的に6年間通う学部ですので、自然と学費が高くなりがちです。

6年間通うということを前提において、入学前から学費についてよくご家族と相談しておくといいでしょう。私立と国公立大学では全く学費が異なります。

私立大学出身者は自らのことを「課金勢」と名乗るほどです。高いお金を出して薬剤師になるというのはなかなかに高いハードルなのです。

続きを読む

【社内ニート】五月病で会社に行きたくなさすぎる新入社員へ。うつ病になるくらいなら休職・転職しよう【仕事が暇すぎる】

春。それはさまざまなものが始まる季節です。

4月。桜の中で、新しい始まりを誓った新入社員…その眼には希望の色があり、こんな風に社会に貢献していきたい…という強い思いがあったはずです…自分はこういう仕事をしていきたい!こういう形で社会に役立ちたい!多少の困難があったとしても、これまでの自分の人生経験なら耐えられる!簡単に病んだりしない!なぜなら自分は強いから!

…そんな万能感を持って社会人になった人も多いかと思います。それを責めたりはしません。わたしもかつてはそうでしたから。製薬会社のMRとして入社したとき、内心ワクワクしていました。「自分ならやれる」という根拠のない自信を持っていました。今思えば本当に根拠がありませんでした。せいぜい、薬学部のきっつい6年間を乗り越えられたから大丈夫と思っていた程度でしょうか…学畜経験は十分に積んでいたので、社会人も同じノリで大丈夫だろうと勘違いしていたのです…

続きを読む

【学費】薬学部はお金がかかる。貧乏なら奨学金を借りるのも手だけど…【進学】

薬学部はお金がかかります。

一般に文系学部より理系学部のほうがお金がかかるのですが、薬学部はさらにかかります。

4年制ではなく6年制(薬剤師になれる方)を選択した場合はさらに学費がかかります。単純計算すると学費は1.5倍です。

国公立ならともかく、私立大学だと結構な金額です。最低でも1200万円かかります。果たして、そこまでのお金を投じて薬学部とは通うべき学部なんでしょうか?

進路選択する前に良く考えてみてください。

続きを読む

【進学】薬学部に向いている人・向いていない人【真面目にコツコツ勉強できるか】

薬学部はつらい学部です。

一部のできる人にとっては楽で楽しい学部かもしれませんが、わたしのようなイケてないグループの学生にとっては地獄の学部です。

何がつらいって勉強ばかりということです。本当に、半端な覚悟で進むと後悔します。人生を棒に振ってしまうはめになります。

薬学部を漠然とした思いで選ぶことはやめてください。自分が薬学部を通い続けられる人間かどうかをよく考えてから、それでも自分は続けられる!と決意できる人だけが、薬学部を受験してください。

続きを読む

【就職】薬剤師の仕事に英語力は必要か?製薬会社や病院なら特に重要かも【転職】

f:id:method-of-pharmacist:20160730122411j:plain

いまどき転職の際に当たり前に必要にされるスキルとして、「英語力」があります。

TOEICが何点、なんて当たり前ですし、TOEFLがどうとか、語学留学の経験があるとか、外国企業との共同プロジェクトを成功させた実績がある…とか、とにかくネタには事欠きません。

英語ができて損をすることは全くありません。

転職するうえで英語のスキルは「あるといい」レベルではなく、もはや「ないと困る」ものです。

当たり前のように英語を読み書きし、コミュニケーションに利用する時代が来ています。

英語が苦手な人には頭が痛い問題です。

さて、薬剤師が仕事をするうえで、英語力は求められるのでしょうか。

続きを読む